> > > いつも使っている信金のカードローン審査でも在籍確認はあるの?

いつも使っている信金のカードローン審査でも在籍確認はあるの?

成人してから32歳になった今も、信用金庫の口座をメインに活用しています。信金よりも大体みんなは地銀などを優先して使っているようですが、私は親が使っていたという流れもあってそのまま信用金庫を使い、実際に信金の窓口の人たちともある程度懇意になった感じで快適に利用できています。

そして32歳になった今、結婚も目前となったので初めてカードローンを作ろうと思います。話の流れから大体想像はついていると思いますが、ずっと使っていた信金のカードローンです。信用金庫にはカードローンが無いとたまに勘違いしている人も居ますが、ただ単にお金を預けたり住宅ローンを組むだけが信金ではありません。カードローンだってもちろん用意してくれていますし、金利もお手頃です。

随分顔なじみになっているし、何より口座などの利用履歴がすでに信金内に残っているので、カードローンの時に在籍確認が無くなったりしますでしょうか?在籍確認というのは身元証明みたいなものでもあると思っているので、すでにそこまで確認するほど知らない仲でも無いと思うのですが…。

おそらく電話はあると考えた方が無難でしょう

信用金庫にお金を預けていて、給与受け取りや引き落としなども信金口座を活用しているというのなら、かなりのお得意様として信金からの信頼もあるでしょう。信用金庫は地元の長期ユーザーを大事にする傾向がありますので、そういう意味だと質問者さんはまさに優良顧客だと思います。融資に関しても、積極的に行いたいと考えている事でしょう。

しかし、それで手順が簡略化されるかと言えば、さすがにそれは難しいかもしれません。特に信金の場合は在籍確認もかなり重要では?と思える点がありますので、電話はあると考えた方が無難ですね。

信用金庫というのは、原則としてその信金の営業範囲内に利用者が住んでいる事が条件にもなっています。つまり、仮に仕事先が営業範囲外にあった場合は利用出来ないという可能性も0というわけでは無く、つまり信金にとって在籍確認というのは本人確認と仕事の有無、そして営業区域に本当に事業所があるかの確認も含まれていると考えれば、念のためという意味合いも込めて無いとも言い切れません。

信用金庫だけでなく銀行や消費者金融は申し込み時には必ず『在籍確認を行う場合があります』と書かれており、それは即ちあると考えた方が良いとも言えるレベルになっています。長年愛用していると言っても、やはり大事な手間というのは欠かせないのです。
(⇒在籍確認がないカードローンってあるの?

銀行や信金などのカードローン。在籍確認の審査は気にする必要ありません

会社に入り、ある程度仕事にも慣れてくると、今度は家庭を持ちたいと考えるのは自然です。今お付き合いしている恋人、またはこれから出会う人、どちらかは人によりますが、できれば20代の間に結婚して、家庭を持ちたいと考えるものです。

結婚するとなると、まず気になるのが、結婚式の費用です。そして、結婚した後の、当分の費用です。結婚式には、通常数百万円のお金がかかります。結婚後も、もし転居を伴うのであれば、通常は引越し費用もトータルで50万円程度はかかるでしょう。家電製品や家具の購入等も含めると、かなりの金額になります。したがって、結婚してから、生活が落ち着くまので間に、もちろん人にもよりますが、一般的には300万円程度は最低でもかかると考えて良いでしょう。

20代会社員で300万円という現金をすぐに用意できる人は、そんなに多くはありません。仮に300万円の貯金は持っていたとしても、これを結婚のために全額使うことはできません。親の協力も多少はあるでしょうし、ご祝儀もあるでしょうが、なかなか20代の結婚というのは資金的に大変なんですね。

そこで便利なのがカードローンです。結婚の前後にかかる大きなお金を、カードローンで借りて、これを結婚後に少しずつ返済していくことが可能です。一度にかかるはずのお金を、数年に小分けしてかかるお金に変えてしまう、ということです。しかも、最近では30日間無利息などといった業者も出てきていますので、これを利用します。例えば結婚式の直前にカードローンから100万円借りて、結婚式の直後に、ご祝儀から100万円返すのです。そうすると実質無利息となります。

カードローンには、銀行や信金、消費者金融など多くの種類があります。いずれの場合も、審査を通過する必要があります。その人がお金を貸すに値する信用のある人なのかどうか、を審査するのです。その一環に、在籍確認があります。勤務先に電話がかかってきて、その人が実際に働いているかどうかを確認するものです。個人名で電話がかかってきますので、気にする必要はありません。
結婚費用に悩んでいる人は、一度カードローンの詳細を確認してみたらよいでしょう。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社を探す方法を教えて!

新着記事
カテゴリー
ページトップへ