> > > 難しそうですが信用組合ってコンビニでカードローンが使えます?

難しそうですが信用組合ってコンビニでカードローンが使えます?

質問する前からこういうのもアレかもしれませんが…信用組合系のカードローンって、コンビニで利用出来るのでしょうか?正直私は無理だと思っているのですが…。

私の姪が社会人になったという事で遊びに来て、その時にカードローンを作りたいと言っていたのです。私も銀行のカードローンを持っているのですが、こちらは全国的に有名なカードローンという事でコンビニでも引けるから、ほぼ24時間お金の心配をしなくて済みます。しかしマイナーなカードローンともなると対応ATMは当然減っていきますし、そうなると信用組合系のカードローンって、お世辞にもメジャーとは言いにくいですよね?だからコンビニで使えなくてカードローンとしてかなり不便なのでは?

だから姪に信用組合というのは止めた方がと言ったのですが、信用組合でもコンビニで使えるかもしれないと言ってくるのです。信用組合のカードローンでは無理ですよね?姪を説得するためにもお答え願います。

信用組合系でも今はコンビニATMに対応していますよ

信用組合というのは地元密着型だし、出張とか転勤、或いは結婚して他地方に移り住む場合などだとまあ確かに不便かもだけど…ずっと同じ地方に居るという場合、結構便利なものだよ?キミは信用組合のサービスを過小評価しているみたいだけど、案外銀行と大差無い使い方もできないわけじゃないってことさ。
(⇒銀行のカードローンを申込んだときに信用される方法を教えて!

実際に、信用組合のカードローンはかなり使い勝手も銀行カードローンに似ていて、対応ATMに関しても提携銀行や組合だけじゃなくて、コンビニATMに対応しているところも今はとても多いのさ。無論信用組合によっては対応しているATMが異なるだろうけど、コンビニ未対応だと不便になるというのは組合側も承知しているからね。だから、コンビニATMという便利な存在に対応するのは当然の流れなんだよね。

だから、キミが心配するような事にはなりにくいだろうね。この事を伝えてあげて欲しいけれど、同時に信用組合でもどこのカードローンにするかによって対応も違う、という事はしっかりと教えて欲しい。特別使いにくい信用組合なんて滅多に存在しないと思うのだけど、地方や支店、及びコンビニの配置などによっては多少の使いにくさも発生する事があるからね。作る前に、対応ATMは見るように言うべきだ。

信用組合だからといって真っ向から反対せずに、どうせなら一緒に使おうとしている所をチェックしてあげると良い。キミにとっても勉強になるはずだ。

【参考ページはこちら】
信用金庫のカードローン審査基準ってどうなってる?

信用組合のコンビニカードローンの利用について

信用組合のコンビニカードローンは信用組合が消費者金融と組んでサービスしていることが多い、手軽に利用できることをコンセプトにしたカードローンの一種です。信用組合のカードローンは信用組合の組合員向けに用意されることが多く、一般には利用しづらいものでしたが、消費者金融と手を組み、保証を依頼することや消費者金融のノウハウを得ることで誰でも手軽に利用できるカードローンを開発しています。

コンビニカードローンの特徴は手軽に利用できる点にあります。手軽という意味では申請が簡単であり、利用も簡単であるということです。申請が簡単という点については、申請時に気になる利用できる職業や月収の制限を外し、月収では安定しない、アルバイト・パートや個人事業主など幅広い職業の方に利用してもらえるように審査を変更しています。(こちらもご参考に→カードローン審査は自営業者でも通過できる?)月収での審査をせず、年収での審査となりますので借入希望額によっては確定申告書や市町村が発行する所得証明書が必要になることもあります。

審査については手軽に申し込めても審査はこれまでどうり厳密に行われます。審査の厳しさは変わりませんが、収入について職業が関係なくなったことで門戸が広がっています。また、借入状況等の審査についても、以前とは違い、消費者金融と金融機関が合同で管理運営している情報管理会社からのデータがオンラインで得られることもあり、審査に時間がかかるということも少なくなっています。審査結果は郵送物が到着してから当日、もしくは翌日には出ることが多く、利用までの時間も短縮されています。

コンビニカードローンはコンビニを利用するようにカードローンを手軽に利用して欲しいということから生まれたカードローンです。手軽に申し込め、職業に関係なく審査が行われることで利用できる方が多くなり、利用できる場所もコンビニの24時間対応ATMが利用できるのでとても多くなっています。便利で安全安心のカードローンとして人気が上がっています

新着記事
カテゴリー
ページトップへ