> > > UFJカードローンの融資額を見直してみたいけど

UFJカードローンの融資額を見直してみたいけど

三菱東京UFJカードローンを利用しています。会社の仲間の付き合いでゴルフに行くようになってから、ゴルフ用品やゴルフコンペへの参加費、ゴルフ旅行など何かとお金を使うようになって、実は妻にも内緒でカードローンに申し込みをしてしまいました。今回は高額なゴルフ用品を買うことになって、融資額の見直しを考えています。どんな手続きをすれば良いのでしょうか?

利用限度額の変更は窓口のみで行います

利用限度額を引き上げたいとお考えでしたら、東京三菱UFJ銀行の窓口にいらしてください。他の方法での受け付けは行っていません。限度額引き上げの申し込みの際には、本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポート等)と、お届け印・通帳・キャッシュカードのいずれかをお持ち下さい。また、身体認証のある場合のスーパーICカード・ICキャッシュカードでは、本人確認書類とキャッシュカードが必要です。尚、限度額引き下げの場合は、インターネット手続きも利用できます。窓口、あるいはインターネットでの手続きが完了し、審査に通れば変更後の限度額が適用されます。

ただし、限度額を増やす場合には、これまでの利用の中で期日に遅れることなく借金を返済しているかどうかが問われます。もし返済に遅れることがあったとすれば、増額の審査は厳しいでしょう。また、収入の変動があったり、勤務先が変わっていたりする場合も限度額増額が出来ない場合もあります。増額を希望するなら、返済の遅れや収入状況の変化は避けるべきです。

【参考ページ】
カードローンの増額をしたい方にオススメの記事はこちら

銀行カードローンを見直してUFJカードローンにする

昔から借金の定番と言えば銀行からの融資であり、今の時代における借金の王道とは、銀行のカードローンだと言っても差し支えはないでしょう。それには二つの根拠があります。一つは銀行最大の特徴である信頼感と安心感です。とにかく数ある金融機関の中でも、銀行ほど信用できるものは他にはありません。大手都市銀行でも地方銀行でも、そのカードローンは抜群に信頼感が高いのです。

そしてもう一つは、比較的低めに設定された金利です。金利が低いと言うことは、ユーザーにとっては最重要事項と言えます。確かに最近では企業努力によって、キャッシング会社の商品でも意外に低金利のものも目立つようになってきてはいます。しかし、それでも広く貸金業界全体を見回してみれば、やはり銀行は堅実かつ安定的に低金利の商品を提供しています。それには疑いの余地はありません。

ところで、そんな銀行のカードローンにも、各行の企業努力が見られるようになってきています。昔に比べて銀行カードローンにも、その銀行の特色やセールス・ポイントが色濃く反映されるようになってきたのです。それはつまり、銀行カードローンも、結構バラエティに富んできたということです。ですからユーザーは賢く商品選びをすべきですし、定期的に自分のカードの見直しをしたほうが得策と言えます。
(⇒自分に合ったカードローンってどうやって探せばいいの?

そんな中、三菱東京UFJ銀行のUFJカードローン「バンクイック」ならば、何とインターネットで最短30分で審査結果が出てくるのです。銀行でありながらスピーディーであるということは、急いでいる人には大変便利です。また、利率は4.6%から14.6%であり、最大で500万円の借入が可能ですので、借り換えローンやおまとめローンとしての活用も十分に可能です。

ですから、今のカードローンを見直したい人にとっては、UFJカードローンこそは有力な選択肢の一つで間違いないでしょう。もちろん、これから初めて銀行のカードローンを利用する人にとっても、これは魅力的な商品であることは間違いありません。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ