> > > 三菱に親権者がいてもカードローンは契約できる?

三菱に親権者がいてもカードローンは契約できる?

例えばの話なんですけれども、結構職業って厳しい制約がありますよね。消費者金融とかの仕事をするなら借金をしていてはいけないとか、銀行に入るなら逆に銀行系カードローンなどを使っていてはいけないなど、色々と制約があります。

で、三菱のグループの中に自分の親権者がいたりする場合というのはやっぱり三菱のグループでカードローンを使えないということがあったりするんでしょうか。なにか記憶を消したり操作したりできるから出来ないんじゃないかと聞いたんですが実際はどうなのでしょう?

コンピューター管理なので親権者がいても使用は可能

東京三菱のように大手の銀行であれば、銀行系カードローンを使っている子供がいるとか親がいるっていう人もいるでしょう。基本的には親権者がいてもいなくても、あまり関係がありません。なぜなら最近の消費者金融も銀行系カードローンもコンピューター管理をされているので、簡単に記録を消したりすることが出来ないようになっているからです。

ですから親権者が三菱のグループにいても三菱でカードローンを使うことは出来る、ということです。ただし親権者について知って置かなければならないことがあるとすれば、それは未成年で学生の場合でしょう。大学生の場合は20歳を超えていたとしても、三菱のカードローンを借りるためには実は親権者の同意がいるとされているのです。
(⇒学生のためのカードローンにメリットはある?

つまりカードローンとして有名な三菱系のものは学生だったら簡単に借り入れをすることが出来ない、というわけです。もちろんちゃんとアルバイトをしていたとしてもそれは同じことで、親権者の同意を持ってこないといけません。さしずめ、消費者金融を使おうとしている専業主婦と同じようなものだと思っていいでしょう。ですので学生は簡単に銀行系カードローンを使えると思わないほうがいいでしょう。

親権者にまつわることはこのような事実くらいで、特に三菱グループに働いている人がいても、カードローンを三菱系で使ったとして何も問題はないということです。そこまで大きな制約は銀行系カードローンや消費者金融の業界ではありませんから。

【参考ページはこちら】
学生カードローンを使ってるのってどんな学生?

三菱東京UFJ銀行のカードローンと親権者について

三菱東京UFJ銀行は、東京都千代田区丸の内に本社を構える日本の大手都市銀行の一つです。前身である三菱銀行株式会社は、1919年(大正8年)8月に創業された歴史のある金融機関だと言えます。現在は、日本の3大メガバンクの一つである三菱UFJフィナンシャル・グループの傘下にあり、国内店舗数766、海外拠点77の日本の代表的な銀行として周知されています。

カードローンの需要は、増加の一途をたどっています。個人が資金調達する手段として利便性が高いことが大きな要因でしょう。
三菱UFJ銀行でも、お客様のニーズに応えてカードローンの企画・開発、販売を行っています。テレビCMでは俳優の阿部寛さんを起用し、商品の魅力を分かりやすく紹介しています。

提供しているカードローンは、「バンクイック」、「マイカード プラス」の2タイプがあります。それぞれ特徴がありますので、お客様のご利用しやすいタイプをお選び頂くことが出来ます。
(⇒三菱東京UFJ銀行のカードローンが選ばれている理由

「バンクイック」の特徴は、急な出費にも迅速に対応すること、ご利用極度額が500万円と高額なことなどです。金利は年4.6%~14.6%、銀行口座の有無にかかわらずご利用いただくことが出来ます。

また「マイカードプラス」は、キャッシュカードにローン機能を付加するタイプの商品です。ご利用限度額は30万円と小口になりますが、お引き落とし日に残高不足でも自動融資機能が働きますので引き落としが出来ないなどの不安を払しょく出来ます。キャッシング専用のカードを作る必要が無いので、「いざという時の安心を担保するために」という目的の方に適した商品だと言えます。

「マイカードプラス」のメリットは、「来店不要」、」所得証明・身分証明書類が不要」、「入会金・年会費が不要」、「新規カード発行が不要」の4点です。基本的には年齢制限などがありますが、20歳以上の方であれば学生の方でも親権者の同意は必要ありません。アルバイトなどで安定した収入を見込め、審査会社の審査基準に通ればご利用頂くことが出来ます。(こちらもご参考に→カードローンの審査基準に関するオススメ記事

新着記事
カテゴリー
ページトップへ