> > > カードローンの増額審査は三菱銀行でもやってくれますかね?

カードローンの増額審査は三菱銀行でもやってくれますかね?

この前、お金が必要になったんで三菱銀行でカードローンの申し込みをしました。審査に通るか心配だったけど無事に審査も通れて安心してました。でもよく見たら希望の金額より全然低い金額だったんです。これじゃあ意味ありません。増額って三菱銀行でもやってくれますか?

設定された融資額がカードローンの限度額に達していないなら可能

「生活費が足りない」「咄嗟の事態にお金が必要になった」など、私たちの生活にお金は欠かせません。家に住むのも家賃でお金は要るものだし慎ましく生活していても食費や光熱費など、最低限出ていくお金は必ず毎月あるもの。

銀行や消費者金融などで話題のカードローンは私たちが度々陥りがちな「お金に関する困った事態」を手助けしてくれる代物です。中でも三菱東京UFJ銀行のカードローンであるバンクイックなら審査が早く融資額も大きいので、どんな出費にも役立ってくれます。

三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は数ある銀行系カードローンの中でも特に融資額の大きなキャッシングプランです。インターネットでの審査時間が早く、ランチをしている間に完了してしまうという特徴を持つことでも有名です。

融資可能な金額は最大で500万円。金利も4,6%から高くても14,6%なので銀行の中でも低金利であると言われており、この低さは消費者金融のカードローンには無い特徴であると言っても過言ではありません。

この融資可能金額の500万円という数字ですが、申し込みをしたひとが全てこれだけの大きなお金を借りることが出来るわけではないのをご存じですか?収入などの返済能力は、個人差があります。例えば公務員とアルバイトでは月々の収入が違うので返済能力も全く変わります。それなのに同じ額のお金を銀行は貸してくれるでしょうか。答えはノーです。

このように誰もが同じ金額を借りることが出来るわけでは無く、そのひとひとりひとりに応じた借入金額を設定するためにも「審査」というものが行われています。つまり、審査に通過したひとに設定されている借入金額は銀行側が「貸しても問題なく返せていけるでしょう」と判断した金額です。

なので銀行にとっての何か特別な顧客でも無い限り、いきなり借入可能金額が500万円に設定されるひとはまずいないと考えて良いので、自身の借入金額が500万円に達して無い限り借入可能金額の増額は可能な話です。

しかし、借入金額を増やすことはそれだけ月々の返済額の負担も大きくなることを忘れてはいけません。かならず返して行ける額でカードローンと上手に付き合っていくことが大切です。

【参考ページ】
三菱東京UFJ銀行カードローンの増額についてもっと知りたい方はこちらへ

三菱銀行カードローン増額審査で大切なこと

三菱銀行カードローン増額審査において大切なことは、銀行との信頼関係です。これにはカードローンを利用している期間と、支払い期日をしっかりと守り続けていることが大切になります。増額を行う場合には、カードローンの利用開始時の審査とは違い、収入や勤続年数などがあまり重視されなくなり、その代わりに利用している期間と返済をしっかり行っているか、という能力が重視されるのです。

増額を行う時に大切なことは、カードローンを利用している期間です。カードローンを利用開始をしてからすぐでは、増額の審査を行うことはできません。利用開始してからある程度の期間が必要なのです。またカードローンを利用している期間が長ければ長いほど、その期間中利用し続けているために、銀行に対しての返済の能力を証明することになるために、審査に通りやすくなるのです。
(⇒カードローンの審査基準ってどうなってるの?

しかし注意をしなければならないことは、単に利用開始してからの期間が長いだけでは、審査に通ることは難しくなってしまいます。カードローンを利用はしているけれども、借り入れをまったく行っていない場合には、支払い能力がどれほどあるのか、ということが分からなくなってしまうのです。またそのような場合においては、増額を行ったとしても、カードローンで借入を行ってくれるという保証がどこにもないのです。そのため銀行側としては、そのような人に対し、融資限度額を引き上げたとしてもメリットが無いために、増額の審査に通ることができないのです。

支払い期日を守ることは、増額の審査では最も大切なこととなります。これは支払い能力に直結する問題です。支払い期日を破る場合には、増額を行っていない場合の融資限度額においても、支払うことを銀行に示してしまうことになってしまうのです。そのため現在の融資限度額でもやりくりを行うことができないのに、増額を行ったとしても支払いを行ってくれる保証が全くないために、支払い記事地を守らない人には増額を行うことは難しくなってしまうのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ