> > > 三菱東京UFJカードローンが払えなくなったら何したらいい?

三菱東京UFJカードローンが払えなくなったら何したらいい?

三菱東京UFJ銀行のカードローンを使っているので毎月の給料をせっせと返済にあてているサラリーマンです。借りたお金がもう少しで完済出来そうな段階に来ているので何だか気を抜いてしまい、今月は返済にあてられるお金が足りなくなってしまいました。いろいろなひとに相談し、工面できることにはなりましたが、返済日には間に合いそうにありません。どうしたら良いでしょうか?

用意する目処がたっても自己判断せず銀行側に相談しましょう

金利が低めなので返済の計画が立てやすく融資という面に関して安全なイメージの銀行系カードローン。近年の銀行のカードローンはそれまでデメリットだった審査の厳しさが無くなり、比較的基準は低くなったので万人にも使いやすいカードローンになったと言えますね。
(⇒三菱東京UFJ銀行カードローンが選ばれているのはどうして?

特に銀行系カードローンといえば三菱東京UFJ銀行のバンクイックが有名ですね。誰でも借りることが出来る額ではありませんが、最大融資額がかなりの大口であることでも注目を集めていますが、一番はやはり申し込みからローンカードを受け取るまでの時間が特に短いこと。急ぎの用事があるひとには頼もしく嬉しいシステムです。

しかし、どんなに使いやすく頼もしいカードローンも、使い方を誤ったりルールを守らないような使い方をすれば一瞬で自身を苦しめてしまうものと変貌してしまいます。

カードローンを使ううえで重要なルールは、ズバリ返済日を必ず守ること。そして金利を支払うことです。お金を借りたり貸したりするシステムというものは借り手が金利を払う代わりに貸し主には決められた期日までならお金を全額返すのを待ってもらえるという構造で成り立っています。なので例えば10万円を借りたとしても、すぐに全額返済するのではなく金利を支払うことにはなりますが、それを何カ月か掛けて支払うということが出来るのです。

この説明でも分かるように借り手は少しずつ返すという約束の下でお金を借りることが出来ているわけなので毎月の返済の期日を守るというのは、借り手側が必ず守らなければならない最低限のルールということになります。それは銀行との契約でも変わりません。

しかし、それを分かっていてもさまざまなやむを得ない事情で返済日にお金を用意できなくなってしまうケースもないとは言えません。また、お金があっても病気などで支払いに行くことが困難になってしまうということもあるでしょう。そういう場合には、必ず借りている銀行に連絡を入れるようにして下さい。返済を待ってほしいという旨の連絡をすれば問題なく対応してくれるものです。また、連絡をすることで、自身にきちんと支払いの意思があるということが銀行側にも伝わります。

支払うのが遅くなってしまうと分かった時点で、連絡をして相談してみましょう。銀行はお金に関するエキスパートなので快く相談に乗ってくれることでしょう。間違っても、返済日は過ぎたとしても支払えるから連絡はしないでも大丈夫という判断はしないようにして下さい。

また、返済が遅れるとその分の遅延金が発生します。それにより返済総額は増えてしまうので注意しましょう。

三菱東京UFJカードローンの返済で約定日に払えなくなったら

金融機関からお金を借りるということは、期日までに利息を付けて返済しなければならないということを意味しています。もちろん、消費貸借契約などに、それに関する細かな内容が明記されているはずです。お金を借りる以上は、ユーザーはそれらの約束事をきちんと守らなければなりません。特にお金の返済においては、約定日に決められた金額を支払うということは非常に重要なことです。

三菱東京UFJカードローンにおいては、返済方法は自動支払いによる返済かATMによる返済のうち好きな方を選べます。一般的に、三菱東京UFJ銀行の自分名義の普通預金口座から自動支払いで返済すれば、手軽で便利です。実際、その方法で返済しているユーザーは大勢います。ちなみに、自動支払いでの返済には別途手続きは必要です。

ところが、稀にユーザーの事情によって約定日に預金残高が不足してしまったりして、お金を返せなくなってしまうことがあります。こんな時、ユーザーの単なる勘違いや手違いによって、たまたま約定日に自動引き落としができなくなっただけならば、大した問題にはなりません。銀行に素直に謝罪をして、速やかに支払えば殆どそれで済むことです。

しかし、そうではなく、約定日を知っているのにお金が無くてどうしても返済ができないとなると話は別です。そのように約定日に払えなくなったら、絶対にそのまま放置してはいけません。約束通りに返済できないと分かった時点で、速やかにカードローンのコールセンターに電話すべきです。その電話も、約定日当日に慌てて掛けるのではなくて、前日以上に可能な限り早く掛けなければなりません。

とにかく、返済の遅延は大問題です。その大問題の被害を少しでも軽減するためには、そのような事前の電話相談や連絡が必須です。実際、同じ遅延問題でも、事前の電話が有るのと無いのとでは、銀行に対する心証も大きく違ってきます。遅延で銀行に迷惑をかけてしまうからには、ユーザーとしては誠意をもって対応することが肝心です。事前電話こそは、その誠意の代表的なアクションなのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ