> > > 三菱東京UFJ銀行のカードローン審査はゆるい?

三菱東京UFJ銀行のカードローン審査はゆるい?

バンクイックは三菱東京UFJ銀行のカードローンですよね?銀行のカードローンだから審査は厳しいのかなと思いながら検索してみたら、評判だと審査はゆるいような感じですよね。なんか銀行は審査しなくて保証会社のアコムに任せっぱなしとか。バンクイックってそんなに審査がゆるいんですか?

個人の信用情報や保証会社であるアコムとの取引きがカギですね

バンクイックに関してはそんな記事も数年前に流れてましたね。消費者金融など貸金業者にとって厳しい転換期が2006年以降にありました。その影響で大手消費者金融の多くは自社だけでの経営を諦め、銀行の傘下に入るか提携するかの道を選んでいます。アコムも三菱東京UFJ銀行のグループ会社になっていますね。

一方で、銀行のカードローンが勢いをつけ始めました。消費者金融で借りれない専業主婦などは銀行のカードローンが利用できるなど、カードローン業界のシェアも大きく変わりました。しかし、銀行のカードローンには必ずと言っていいほど「保証会社」がつけられています。バンクイックでいうところのアコムがその例です。(こちらもご参考にどうぞ→三菱東京UFJ銀行カードローンってアコムのこと?

個人向け融資のノウハウは、銀行よりも消費者金融会社の方が詳しく、審査や契約までのスピード感も同じでしょう。それだけ個人向け融資については消費者金融に学ぶべきところが銀行にも多々あったと言えますし、まだ続いているのかもしれません。バンクイックの審査を実際に内部で見ていない以上、銀行と保証会社の両方で行なわれているのか、噂どおりなのかは知ることができません。ただ、メガバンクたる三菱東京UFJ銀行が数年前から進歩せずにいるとも考えられないでしょう。

バンクイックは審査が甘いと「甘く見る」のではなく、銀行とアコムの両方から厳しい目で審査されていると「自分で厳しめに考えておく」ことが、審査を甘くする秘訣でしょう。信用情報にキズをつけない、保証会社のアコムがかかわる取引きには細心の注意を払って心象を悪くしないなど、やるべきこと・対処すべきことは沢山ありますよ。
(⇒三菱東京UFJ銀行カードローンとアコムは違う?

審査で三菱東京UFJ銀行カードローンゆるい理由

審査で三菱東京UFJ銀行カードローンゆるい理由は、銀行系カードローンであるために、金利が低いからです。銀行系のカードローンは、消費者金融のカードローンに比べ、金利が低く設定されているのです。そのため比較的誰でも審査が通りやすいために、利用しやすいのです。

カードローンの審査において一番大切なことは、支払い能力です。これは収入や職業、勤続年数に左右されます。これらの項目において、銀行によりチェックを行われ、相応しい金額の融資限度額を設定されるのです。これらは、カードローンを利用した場合において、この融資限度額内ならば利用し続けても生活に支障が無い、という範囲で設定されるのです。なので、支払うことが無理だと判定される金額は融資されないのです。
(⇒カードローンを利用しやすい職業って決まってるの?

これが最低金額でも融資することが難しい、と判断されてしまった場合には、審査から落とされてしまうのです。学生や専業主婦の場合には、収入がまったくない状態になってしまいます。これは収入が無いと支払いすることができなくなる、ということになってしまうからです。収入に見合った融資限度額に設定されるために、収入が無い場合には融資限度額もゼロになってしまうのです。

銀行系でも消費者金融でも、審査で重要なのは支払い能力であり、そしてこの支払い能力は収入により比例します。しかし、融資限度額を設定することにおいて、まだ大切なことがあるのです。それは金利です。金利が高ければ高いほど、より高い支払い能力が要求されます。ここに銀行系と消費者金融において差が生まれてくるのです。

銀行系と消費者金融では、銀行系の方が金利が低く設定されています。そのため同じ金額を融資した場合においても、消費者金融の方が銀行系よりも金利が高いために、より多くの支払い能力が要求されてしまうのです。三菱東京UFJ銀行のカードローンの審査がゆるいのは、同じ収入においても、銀行の方が金利が低いために、消費者金融ほどの支払い能力を要求されないからなのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ