> > > 三菱東京UFJ銀行の2つのカードローン、どっちが審査緩いの?

三菱東京UFJ銀行の2つのカードローン、どっちが審査緩いの?

三菱東京UFJ銀行に、2つのカードローンがありますよね?バンクイックとマイカードプラス、どっちが審査が緩くて借りやすいですか?三菱東京UFJ銀行には預金口座も作っていないし、近くに支店もない所に住んでいると借り難かったりしますか?

三菱東京UFJ銀行との取引きの深さで変わってきますね

「マイカードプラス」については、借り入れ方法から逆算していくと申し込むための条件がわかってきます。その借り入れ方法は、三菱UFJダイレクト(ネットバンキング)からの融資申し出か、三菱東京UFJ銀行の普通預金口座(返済用口座)のキャッシュカードを使ってATMから引き出すかです。つまり、三菱東京UFJ銀行と取引きをしていることが借り入れをするときに必要な環境になるので、審査の緩いキツイ関係なく、口座なしで利用することは不可能という事になります。

「バンクイック」は三菱東京UFJ銀行に口座を持たなくても、ATMから専用カードで借り入れと返済をするカードローンです。基本は借りるのも返すのもATMで、という事になっているため、質問者様の条件で考えれば借りるならこちら、「バンクイック」になるのでないでしょうか。

メガバンクや都市銀行の大きな特徴は、日本全国の主要都市に支店を置き、人口の集中している場所での営業をしていることです。そのため、地方部では利用頻度は高くなく、むしろ地方銀行や信用金庫の方が多くの顧客を集めているでしょう。メガバンクや都市銀行の口座を持っていることやカードローンなどの商品を利用することは、日本全国どこででも対応可能なのが最大のメリットと言えます。ご自分のライフスタイルに合わせて、銀行もカードローンも選びたいものですね。
(⇒自分に合ったカードローン会社の選び方を教えて!

【参考ページはこちら】
三菱東京UFJ銀行カードローンが選ばれている理由

三菱東京のカードローンの審査が緩いことの理由

三菱東京のカードローンは、他の物に比べ比較的審査が緩い傾向にあります。その理由は、銀行系であるために低金利で融資を行うことができるからです。そのため消費者金融の金融商品よりも、融資しやすい傾向にあるので、返済を行いやすく緩く見えてしまうのです。

カードローンの審査では、返済できる金額を決定することになります。収入に合わせ、融資を行うことができるか、またそれと共にどのくらいの金額ならば融資を行っても大丈夫か、という融資限度額を決定することになります。この場合において、低金利である、ということは、審査においてはかなりの有利なポイントとなるのです。

消費者金融のカードローンが比較的審査が厳しいとみられてしまう原因には、金利の高さがあります。金利が高ければ高いほど、返済しなければならない金額は増えてしまいます。金利が高いと利息も増えてしまうために、返済の合計金額は高くなってしまうのです。そのため金利が高いほど、より多くに支払い能力が必要であり、また収入が必要になってしまうのです。

このように消費者金融の場合には、金利が高いために融資限度額が低く設定されてしまう傾向にあるのです。なので審査を行う場合にも、慎重に収入に合わせて融資限度額を設定する必要があるのです。銀行系では金利が低いために、融資限度額を高く設定することができるのです。

三菱東京のカードローンの金利は低く設定されています。そのため融資を行った場合でも、金利が低いので利息も少なくなります。そのため利用している最中の経済的な負担は少なくなるのです。なので融資限度額を高く設定することができるのです。

またそれだけではなく、審査が通りやすいかどうかにも金利は重要になってきます。カードローンの利用したての頃は、あまり融資限度額が高くなく、少ない金額で利用しなければなりません。しかし借りる金額が少ないと金利が高くなるために、消費者金融では落とされてしまう場合があるのです。三菱東京では低金利であるために、借りる金額が少なくても審査に通りやすいのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ