> > > 三菱東京UFJカードローンなら申込書のダウンロード可能?

三菱東京UFJカードローンなら申込書のダウンロード可能?

大手建設会社の正社員の男性です。年齢は47歳です。実は株のカラ取引で損をしてしまい、その穴埋めのためにお金が必要なんです。そこで三菱東京UFJ カードローンでお金を借りようと思っています。

とにかくすぐにお金を用意しなければならないので、すごく焦っています。で、三菱東京UFJ カードローンなら申込書をダウンロードして申し込むので融資が早いと聞いたのですが本当なのでしょうか?

三菱東京UFJ カードローンは融資早い!

銀行のカードローンと言うと、審査が厳しくて時間がかかり、まず銀行に来店して窓口で申込書等をもらってからそれに記入して提出した後に審査が始まって、いよいよ審査に通っても専用カードが手元に届くまでには1週間も2週間も、長いと1カ月くらい待たされて、ようやくお金を借りられると考えられますよね。
(⇒審査がゆるいカードローン会社を教えて!

確かに消費者金融のカードローンに申し込む場合と比べると、銀行カードローンではそのように時間がかかってしまう点は否めないと思われます。また、「お金を借りたい…」と思う場合には、とにかく急いでお金が欲しいといったケースが多いものです。

それなのに1週間も2週間も、1カ月も待たされてしまうのではあまり実用的とは言えませんよね。でも、三菱東京UFJ カードローンなら、最短で申し込んだその日からお金を借りることも可能なんです!

そして、その理由としては、まず審査が早い事、申込書を三菱東京UFJ カードローンの公式HPからダウンロードして「テレビ窓口」で申し込んでカードを受け取れるからなんです。そのためにはインターネットから申し込む必要があります。まずインターネットから申し込みを行い、その際にカードの受け取りを「テレビ窓口」でのカード受け取りにします。

次にインターネットで申し込むと仮審査の結果が電話かメールで届きます。そして、融資可能となったら、ダウンロードした申込書と本人確認ができる運転免許証か健康保険証のコピーに加えて、収入を証明できる書類のコピーを郵送かFAXで三菱東京UFJ カードローンに送ります。

この場合、FAXが早いと思いますよ。その後に手続き完了の連絡が三菱東京UFJ カードローンから入れば、同銀行のATMコーナーにある「テレビ窓口」でカードを受け取れば、その場で銀行のATMや提携先のコンビニATMですぐにお金を借りられます。

ここまで最短で40分で利用可能となり、平日の午後3時以降でも土日・祝日の利用も可能なのです。どうですか…銀行カードローンなのにすごく審査や融資が早いでしょう!だから三菱東京UFJ カードローンなら即日融資だって十分に可能なんです。

【参考ページはこちら】
三菱東京UFJ銀行カードローンはどの種類も審査は同じ?

三菱東京UFJ銀行のサイトからカードローンの申込書をダウンロードする

三菱東京UFJ銀行のカードローンに申し込む場合、基本的にはメールオーダーという申し込み方になります。メールというのは、インターネットで利用されるメールのことではなく郵便のことであり、郵便によって注文をするのでメールオーダーということになります。メールオーダーの流れとしては、まず、三菱東京UFJ銀行に申込書の請求を行い、申込書が郵送されたらそれに必要事項を記載して、郵便で送り返すということになります。

しかし、この方法だと、銀行から申込書を送ってもらわないと申し込みを行えないので、その分、時間がかかってしまいます。なので、時間を短縮出来るように他の方法も用意されています。それは、契約希望者が申込書をダウンロードして、それを郵送するというものです。この方法であれば、客は申し込みを行いたいと思った日に、書類を送ることが出来ます。では、この方法は具体的にどのような流れで行うのでしょうか。

まず、申込書のファイルを三菱東京UFJ銀行のホームページからダウンロードすることになります。ブラウザでアクセスし、ファイルへのリンクをクリックすることでダウンロードが始まります。このファイルはPDFという形式のものですが、もしPDFを開くソフトが既にインストールされている場合は、リンクをクリックしてしばらくすると、そのソフトによってPDFファイルが開きます。開いたら、ソフトを通じて印刷を行いましょう。なので、勿論、プリンターが必要ということになります。

PDFを開くソフトがインストールされていない場合は、それをパソコンにインストールする必要があります。PDF形式のファイルを開くことが出来るソフトは、無料のものがたくさんあるので、好きなものを選びましょう。中には海外製のソフトがあり、そういったものは日本語での設定が出来ない場合があるので、日本語が使えるソフトを選んだ方がいいでしょう。PDFを印刷したら、それに必要事項を書いて、身分証明書を同封して送りましょう。
(⇒実際に三菱東京UFJ銀行カードローンで借りた人はいる?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ