> > > 三菱東京ufj銀行のカードローン2枚のうちどちらを作るべき?

三菱東京ufj銀行のカードローン2枚のうちどちらを作るべき?

いつもいつも給与受け取りから引き落としまで使っている三菱東京UFJ銀行なのですが、この前ちょっと計算をミスしてクレジットカードの引き落としに失敗してしまい、急に使えなくなって凄く困った事がありました…後から入金してすぐに何とかなりましたが、それでも遅れてしまった事で信用も失ってしまったかもしれません…。

今後はこんな事が無いようにもっと金銭管理をしたいところですが、でも急な出費で足りなくなる事も考えたら、やっぱり融資としてお金を用意できるようにしておきたいです。そこでその使っている口座でもある三菱東京UFJ銀行にもカードローンがあるという事で作ろうとしたのですが…何で2枚もあるのでしょうか…?

てっきりカードローンと言えばその銀行につき一枚しかないのでそれを作ってさえいればOK…なんて思っていたのですが、これはちょっと意外です。というか、2枚もあったらどちらを作れば良いのか迷ってしまって作りにくいのですが…どちらを作れば良いのでしょうか?用途は急な出費の口座不足などです。よろしくお答え下さい。

この場合はマイカードプラスが良いかもしれません

三菱東京UFJ銀行には、確かにカードローンが二種類あります。まず片方はスタンダードとも言える融資専用カードの『バンクイック』、そしてキャッシュカードにカードローン機能を搭載するような形の『マイカードプラス』ですね。どちらもカードを使ってATMを操作して引き出すという意味では同じですし使い勝手が変わらないように見えますが、私個人の意見としては、質問者さんにはマイカードプラスをお勧めしたいところです。

マイカードプラスの特徴なのですが、三菱東京UFJ銀行の預金口座が必要という事はまずクリアしていますが、その機能の一つでもある残高不足時の自動融資ですね。この機能について説明するなら、ちょうど質問者さんが陥った残高不足の状態が参考になると思います。口座の引き落としの時に残高が不足した場合、自動で足りない分の融資を行ってくれるのです。これはマイカードプラスならではの機能ですので、バンクイックでは無くこちらを選ぶ理由としては十分ですね。もちろん普通のカードローンとしても使えます。

なお、バンクイックには残高不足対策の機能こそありませんが、通常用途の融資(買い物とか医療費とか)で使うという場合、限度額や金利にて大きくアドバンテージがあります。おそらく生活費のみという事でマイカードプラスをオススメしていますが、仮に大きな額の融資が必要になる可能性もあるのなら、バンクイックも選択肢に入るでしょう。

バンクイックを選ぶ場合は自動融資が無い分、足りない時は自分で操作したりしますので、その操作が面倒じゃ無いかどうかで最終的には決めるのも良いかもしれませんね。
(⇒バンクイックとマイカードプラス、どっちが審査ゆるい?

ufjカードローンを申し込んだら2枚目は作ってはいけません

銀行系のカードローンとしては異例なほど使い勝手のいいufjカードローンですが、銀行系の融資であることから審査は厳しめです。銀行系の審査をクリアするにはそれなりの方法がありますが、知らずに申し込んでしまうと結構低い限度額しか認められず、融資利率も高くなってしまいます。そのため、残高が不足して2枚目を他の信販会社等で申し込んでしまう人がいます。

信販会社の審査は銀行より甘いので、算定される融資限度額が高いことから2枚目であっても、それなりの限度額が出てきますが、利率はかなり高くなります。そのようなもったいないことをするよりはせっかく申し込んだufjカードローンを有効活用したいものです。(こちらもご参考に→三菱東京UFJ銀行カードローンが選ばれている理由

この商品は、銀行の口座を持たずに申込ができるようにコンビニATMでの返済ができるようになっています。非常に申込の際のハードルが低いので人気が高い一因になっていますが、口座を作ってそこから返済する方法に変更するだけで融資限度額は上がります。銀行は貸金回収が最優先で審査をしていますから、回収可能性の低いATM返済の顧客に対しては高い融資限度額を設定することはできないのです。

銀行のように貸金回収を気にする金融機関に対しては、申し込む側もそれなりのアピールをすることで融資限度額の増額が可能です。つまり、銀行口座をつくりそこにはある程度の金額の預金がいつもあるという状態を作っておけばいいのです。その方法として一番手軽な方法は、銀行口座を作りその口座を給与振込口座とすることです。あまり重視していない人も多いようですが、これだけで銀行の態度が急変します。

銀行は、貸金の回収ができれば融資限度額を上げますが、同時に優良顧客に対しては優遇措置を取ります。目に見える優遇措置としては、時間外手数料や振込手数料などのサービスや割引ですが、目に見えない優遇措置として貸し付けの際の審査も優遇されるのです。取引の多い顧客は大切にしようという銀行の性格なのです。

【参考ページはこちら】
三菱東京UFJ銀行カードローンの審査日数はどれくらい?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ