> > > 三菱東京ufjの審査通らない人が次に選ぶべきカードローンは

三菱東京ufjの審査通らない人が次に選ぶべきカードローンは

三菱東京ufj 銀行のカードローンを申し込む予定なんですが、万が一、審査に通らなかったときは、次にどんなカードローンに申し込めばいいでしょうか。どうしてもカードローンを利用したいのです。

銀行以外にも信用金庫、ろうきんなど探せば魅力的なところも

すごく多くの人が見て話題になったドラマ『半沢直樹』でも出て来て、あらためて日の目を見た言葉に「銀行は雨の日に傘を取り上げ、晴れの日に傘を差し出す」があります。これは、業績がよくてとくに借り入れが必要のないときに融資の営業がいっぱいきて、業績がピンチで融資が必要なときは、頼み込んでも貸してくれないばかりか、これまで貸していた分まですぐ返せと迫る、という皮肉な現象を表現したもので、昔から言われていることなのです。

この傾向は多少は現代もあるわけで、「誰もが融資したい人」は、融資の必要がない人なのです。高収入で無借金、安定性抜群の企業に勤めている人はカードローンは不要です。だけど、そういう人こそ、審査で最高点を取ってしまうわけですよね。

一方、私たちのように「どうしてもカードローンを利用したい!」と思っている人は、それほどずば抜けた高収入でもなく、安定性の高い仕事についてるわけでもありません。というわけで、審査では、この収入や安定性、そして現状がいつまで維持できるかという継続性を見ることになります。

マイナスになってしまうのは、年収の少なさであったり、正社員じゃないとか、社員としても企業規模が小さいといったケース。カードローンの場合、「だからこそ利用したい」と思うのはこうしたケースですよね。(こちらもご参考にどうぞ→カードローンを利用しやすい職業ってある?

銀行系のカードローンも基本は保証会社である貸金業者やクレジットカード会社の基準で保証可能な人なら、借りられるはずなのですが、銀行という看板がある以上、突破できない壁もあると思っていいでしょう。

もし、そこに引っかかってしまった場合は、銀行系カードローンはあきらめて、消費者金融、ノンバンクのカードローンを検討してみてください。

ただし、いきなりそこへ行く前に調べてほしいことがあります。みなさんの勤め先の関係などで、信用金庫、ろうきんといった金融機関との取引関係はありませんか? 地元の非営利の金融機関の中には、独自の審査基準で対応しているところもあるのです。
(⇒カードローンの審査基準ってどうなってるの?

たとえば、ろうきん系のカードローンを調べてみてください。労働組合や生協の組合員向けにスタートした金融機関なだけに、審査以前に申し込める条件に該当するかどうかが重要になってきます。つまり、銀行系カードローンとは違う観点で審査されると考えていいでしょう。

こうして丹念に調べていけば、選択肢は広がります。銀行系カードローンがダメでも、実はけっこう便利で使えるカードローンはあるものなのです。

【参考ページはこちら】
三菱東京UFJ銀行カードローンの審査は保険証だけで通れる?

申し込みをしたけど三菱東京ufjのカードローン審査通らない

給料日前のお財布がそこをつきかけた時に限り、急なお誘いが入り金欠であることを悟られたくないと言うこともあり、ついつい付き合いに応じてしまい、お金が足りなくなってしますことがあります。そんな時に役に立つのが、比較的審査に必要な時間が短いことで急な出費でも対応してくれる消費者金融機関ですが、やはり銀行などに比べると比較的金利が高めに設定されていますので、後で返済する段階では金利負担が大きくなってしまいます。

最近では大手都市銀行を始め多くの銀行で消費者金融機関より金利を低めに設定したカードローンを取り扱うようになり、懸案であった審査期間も消費者金融並みに短くし条件さえ揃えば最短で半日で審査結果がわかるようになりました。大手都市銀行の三菱東京ufj銀行でも個人向けの無担保で借りることが出来るカードローンを始めましたが、カードローンを申し込む際に三菱東京ufjに口座を持っている必要がないので、誰でも条件さえ満たせば借りることが出来ます。
(⇒三菱東京UFJ銀行の2つのカードローン、どっちが審査ゆるい?

基本的な条件としてはサラリーマンやOLといった月給をもらう正規雇用の会社員など、安定してて行き的な収入がある人ということですが、パートタイムやアルバイトで働いている人でも安定した収入があれば審査を受けることが出来ます。

しかし中には、実際に安定したて行き的な収入があっても三菱東京ufjのカードローンで審査通らない人がいますが、多くの場合他社で借り入れた際などで返済が遅れたなどと言ったトラブルがあり、与信情報にその記録が残っている場合や申し込み時点で既に総量規制で決められている、年収の1/3以上の金額を既に融資枠として持っている場合には、残念ながら審査に通らないと思って間違いないです。

以前に、消費者金融機関で借入枠を作った人は一度契約を解消することで審査を通過する可能性がありますが、過去に他者で借り入れたお金の返済を滞らせてしまい、情報機関にその記録が残ってしまっている場合には審査を通るのは非常に難しくなります。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ