> > > 三井住友銀行カードローンの限度額アップはどれくらいで有利に?

三井住友銀行カードローンの限度額アップはどれくらいで有利に?

三井住友銀行カードローンの金利はお得だと聞かされていたので、今回申込みをしたところ無事カードを発行してもらうことができました。今後、限度額アップを目指したいと思うのですが、どれくらい有利になるのでしょうか。

限度額が上がれば利率は低く設定してもらえ、その分得になります

三井住友銀行カードローンは契約極度額800万円、年利の設定が4.5%?14.5%という超大型・低金利の銀行系カードローンの代表選手です。しかし単に超大型・低金利のカードローンなら他にもあるでしょう。三井住友銀行カードローンは柔軟な審査で積極的にカードを発行してくれることでよく知られています。

カードローンを利用してキャッシングすることは、いざと言う時に大きな助けになります。それ以外の場合でも日常的なショッピングの際などに時間的価値を手にすることが可能になるのです。このようなキャッシングの利便を手に入れるにコツは、最初のカードローンを小さくすることにあります。まず利用限度額を低くして申込むことでカードの審査が通りやすくなりますので、必然的にカードローンを手にすることができるのです。

ひとたびキャッシングカードを手に入れたのなら、後は定期的な利用が可能になります。利用限度額の範囲内であれば何度でもキャッシングすることが可能になっているのです。例えば毎月5万円のショッピングでカードローンを利用して、翌月には一括して返済するというようなケースであれば、毎月利用限度額の残高が満額に戻ることになりますので、いつも利用限度額を繰り返し利用可能だということです。

このような利用を定期的に繰り返していると、利用実績が記録されて蓄積されます。この利用実績はそのまま増額審査の際の個人信用を証明する資料としての効果を持つのです。つまり定期的な利用と完済を繰り返すことで極めて良好なクレジットヒストリーが形成されることになります。さらにできれば、不要なカードローンをどんどん整理して解約していきましょう。

ここまでして限度額アップを目指すことには、それに対する充分なメリットがあるからに他なりません。カードローンの利用限度額に応じて金利を設定しますが、通常、小さな利用限度額に対しては高めの金利が設定されます。そして大きな利用限度額になるほど設定される金利は低くしてもらえる傾向にあるのです。利用限度額に設定された金利は、キャッシング額に関わらず適用されるのです。

つまり、利用限度額が50万円、金利の設定が14.5%のカードローンの場合、5万円のキャッシングをすると支払利息は5万円に14.5%の金利を掛けて計算されます。この金利は1万円のキャッシングであっても同じ金利であり、50万円のキャッシングでも同じ金利が適用されることを意味します。カードローンの金利設定はキャッシング毎に決定されるのではなく、カードローン毎に決定されているのです。

ですから例えば最初にカードローンに申込みした時に利用限度額30万円を希望したとすると、金利の設定は最大金利14.5%が設定されることがほとんどのようです。最初は利用実績もありませんからこれは仕方ありません。適用される金利は14.5%になります。ですから利用限度額30万円をキャッシングして30日後の利息は3,575円になりますね。

それに対して増額の審査に通って限度額が100万円を超えたなら、最大4.5%の金利引き下げの効果が見込めることになります。金利が10%になっていれば30万円のキャッシングで30日後の利息は2,465円なのです。これは確かに小さなメリットとは言えませんね。

三井住友銀行カードローンの限度額アップには審査があります

三井住友銀行は、日本の三大メガバンクである三井住友フィナンシャルグループの傘下にある大手都市銀行です。この銀行は、東京都千代田区丸の内に本社を置き、日本国内に439ヵ所の拠点(出張所、代理店を除く)、海外にも出張所・駐在員事務所を除いて16ヵ所の拠点を持っています。信頼性と利便性を兼ね備えた銀行として、多くの利用者を持つ金融機関の一つです。

近年では、個人がお金を借りる手段に、キャッシングやカードローンを利用する人が増えてきました。キャッシング用のカードが1枚あれば、必要な時に金融機関のATMやコンビニATMを利用して、契約時に設定された限度額以内の金額ならば、何度でも借り入れと返済を繰り返すことが出来ます。

三井住友銀行でも、お客様のニーズに応え、カードローンの提供をしています。三井住友銀行カードローンは、テレビCMなどでも広告されていますので多くの方に周知されています。極度額は800万円、金利は4.0%~14.5%、カード発行まで最短で30分、また三井住友銀行口座が無くても利用できるのが大きな特徴になっています。また、極度額が300万円以内の融資であれば、審査に必要な収入証明書類の提出も不要であり、申込みはインターネット、電話、三井住友銀行のカードローン契約機を利用して行える来店不要型のカードローンです。

かつて多重債務者の自殺が多発し、大きな社会問題となった時期がありましたが、政府が対策として採った総量規制によって、消費者金融会社などの貸金業者では年収の3分の1を超える融資をすることが出来なくなりました。ただし、銀行は総量規制の対象になっていませんので、他社で借入が出来ない方も利用することが可能です。カードローンの金利は、利用額が高額になるほど金利が低くなる特徴があります。初回審査によって決定した極度額をアップしたい場合は、限度額アップの申込みをすることが出来ますが、その際には、再度、初回申込みと同等の審査がされますので、必ず審査に通るとは限りません。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ