> > > クレジット持っているのに三井住友カードローンは審査通らない?

クレジット持っているのに三井住友カードローンは審査通らない?

クレジットカードの利用は順調に経過しており、延滞などの事故はまだありません。それなのに三井住友銀行のカードローンの審査に通りませんでした。これはどういうことなのでしょうか。

不要なクレジットカードは審査に影響します。まず整理して下さい

三井住友銀行カードローンの口コミ・評判は上々です。例えば土曜日の申込みであっても迅速な対応が受けられた。とか低所得であっても親身に相談に乗ってくれた。あるいは利用希望額を上回る結果を得たという内容まで見られます。このような評価は、三井住友銀行が消費者金融との業務提携によって業界に積極的に乗り出していることが背景にあります。

銀行系のカードローンは当然銀行が発売しているのですが、保証会社に消費者金融業者などとの保証契約を締結することで、審査基準が銀行によるものではなく、消費者金融業者の基準になります。消費者金融は個人向け無担保・無保証人の金融が専門分野であることから、カードローンの審査に柔軟性がもたらされることになりました。この結果、消費者金融系カードローンに近い審査基準を持った銀行系カードローンが出来上がったのです。

三井住友銀行カードローンの場合も保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が受託しています。このSMBCコンシューマーファイナンス株式会社は、プロミスというブランドでよく知られた有名大手の消費者金融業者なのです。プロミスは口コミサイトなどでも上位評価の常連になっており、顧客満足度が極めて高い消費者金融です。このような保証会社との提携が三井住友銀行カードローンの評判に寄与しているわけです。

そのような三井住友銀行カードローンであっても審査に通らないケースは当然あります。過去のキャッシング利用で延滞などの経歴があるとか、ブラックリストに載るようなことをしたなどであれば論外です。金融事故と呼ばれる状況でなくても、現在のキャッシング利用で延滞などをしていると問題があります。また現在のキャッシング利用残高が多いと審査は難しいことになるでしょう。

銀行は貸金業ではありませんので、貸金業法の総量規制の対象外です。ですからカードローンの枠は年収の3分の1に制限されないことになりますが、銀行はだからといって無制限にキャッシングを認めるのではないのです。銀行には銀行としての基準がありますから、保証会社が消費者金融業者であっても銀行としての制限を超えたキャッシング契約には無理があるのです。

主にこれらの理由からカードローンの審査に通らないということになりますが、意外と多い理由がまだあります。申込みが多様な方法になり、インターネット利用の申込みが増えてきたことに起因することかも知れません。申込みの際の入力ミスが元で審査に問題が生じてしまう場合です。申込み内容と信用情報との照合が不手際になってしまうとまずカードローンの審査には通らないのです。

そしてクレジットカードの問題も潜んでいます。クレジットカードはショッピングの利用が中心でキャッシングの利用は付帯機能の一つに過ぎませんが、クレジットカードの利用可能枠は負債として総額計算の対象になります。つまりまったく使用していないクレジットカードであってもそれぞれ50万円の利用可能枠を持ったカードを4枚所有すると負債総額は200万円あると看做されるのです。

手元に保有しているクレジットカードの枚数と利用可能枠をまずチェックしてみて下さい。そして不要なクレジットカードを解約してから、しばらく間をあけてから再度申込みをされるときっと違った結果になると思われます。

三井住友カードローンの審査通らない理由を考える

カードローンも銀行のカードローンは利用限度額が大きく、しかも低金利ということで人気となっています。そして、利用するにはまずは申し込み手続きを行い、その後審査を受け、融資が可能かどうかの判断を待つことになります。各銀行ではそれぞれ個性あるカードローンが用意されていますが、三井住友カードローンも人気の高いサービスのひとつです。満20歳から65歳以下の安定した収入がある方が申し込みを行える条件となっていますが、その条件にあてはまれば、誰もが融資を受けられるというわけではありません。銀行は審査もきちんと行われており、状況によっては厳しく審査される場合もありますので、中には審査通らないという方も出てきます。

三井住友カードローンは最高融資限度額が800万円まで用意されており、銀行ならではの低金利です。審査も迅速で最短30分で審査結果を得ることができ、即日からも融資を受けることができる便利なサービスです。そして、審査通らない場合は、その理由も考えておきましょう。まず年齢の上限が65歳までとなっていますので、それよりも高齢の方の場合は安定した収入を得ている場合でも利用することはできません。

そして、三井住友カードローンは300万円までの融資であれば収入を証明できる書類は必要ありませんが、300万円を超える借入の場合は収入証明書が必要となります。そして、この場合も年収に比べて、融資を受けたい金額が高い場合は融資を見送られる可能性もあります。さらに、審査が通らない原因としては、書類の不備によるところもありますので、提出前にはもう一度よく確認し、間違いや記入漏れがないか確認しておきましょう。

さらに三井住友カードローンは、現在、ほかの業者に借入がある場合であっても利用することができますが、あまりに借入が多かったり、その返済が順調でない場合は融資が行われない場合もあります。さらに現在の借入に問題がなくても過去に金融トラブルがあった場合は厳しく審査される場合もあります。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ