> > > 通りやすいと聞いていた三井住友銀行のカードローンに落ちたが?

通りやすいと聞いていた三井住友銀行のカードローンに落ちたが?

通りやすいと聞いていたので三井住友銀行のカードローンに申込みしましたが、落ちてしまいました。何が悪かったのでしょうか。審査が本当は難しいものだったのでは?

通りやすい審査であっても落ちる原因はいくらでもあるのです

三井住友銀行カードローンは契約極度額800万円、金利4.0%?14.5%。銀行系カードローンとして大型・低金利のスペックを最短30分の審査で発行するという人気が高いものになっています。比較的審査が用意であり、審査に通りやすいとの評価もあるようです。上限金利の14.5%は歴史あるメガバンクの中では最も低い水準を実現しているのも大きな魅力でしょう。

三井住友銀行カードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンスになっています。これは個人向け融資事業を積極的に展開することの意思が表れたこととして捉えることもできます。つまり三井住友銀行カードローンは保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンスが引き受けているのです。この会社はプロミスとして良く知られた有名大手の消費者金融業者ですから、審査に通りやすいとの評価にも頷けるのです。

まとめローンとしての利用も評判が高いようで、この事実も審査に通りやすいカードローンであることを意味していますが、これほど審査に通りやすいといってもすべての審査を通すというわけではありません。当然いくつか注意しなければならない点があるのです。過去に(特に5年以内に)延滞等から金融事故に至った、自己破産してしまったなどいうのでは、手の打ちようがないかも知れませんが。

現在のキャッシング利用状況をまず確認してみましょう。銀行系のカードローンは総量規制の範囲ではありませんから、キャッシングの上限は年収の3分の1に制限されていませんが、単純にキャッシング利用残高を増やすことになるカードローンの申し込みであれば審査は簡単にはならないでしょう。キャッシングの残高が総量規制に近いようであれば、借換えやまとめローンの利用を考えることも一つの方法になってくるはずです。

カードローンを取得できればなにはともあれ、一旦他社からのキャッシング状況を整理することはとても有効な手段になると思われます。まとめローンを利用することで完済の実績が付与することになるからです。個人金融は何よりも信用を積上げることが、利用限度額の審査に強い影響を与えると考えられるからです。そして他社からのキャッシングを整理することでさらに特定の金融機関に対するロイヤルティが証明されることになります。

他にも審査に通らない理由は様々に考えられます。保証会社との関係が良好でなければまず審査に通ることは難しいでしょう。提出する必要書類に不備があれば、どれだけ個人信用情報が良くても審査に通るはずがありません。インターネットを利用して申込みしているのであれば、ケアレスミスを検出することはなかなか難しいことになりがちです。その他、在籍確認がスムーズに行なわれたのかなどなど。

審査に通らなかった時、その原因を追及することはほぼ不可能です。しかもひとたびカードローンに申込みをすれば、申込み状況が機関に記録されてますので、しばらくはどこのカードローンに申込みをしても審査に通過することは難しいでしょう。このような状況になったのであれば、別の方法を考える方が良いかも知れません。三井住友銀行のカードローンの方針に則った方法が有効であるかも知れないですね。

三井住友銀行グループの方針としては個人向け消費者金融事業を、専門会社として分離して営業強化を図っています。ですから、保証会社を受託している消費者金融業者が発行しているカードローンの利用なら、まだ希望があるかも知れません。

三井住友銀行のカードローンに落ちた理由とは

カードローンは様々な銀行で取扱っていますが、三井住友銀行でも扱っています。三井住友銀行と言えば最大手銀行の一つでもあり、信頼度は高い分敷居も高く感じてしまうという方もいるのではないでしょうか。あまり金融業界について詳しくなかったり、お金のことはよく分からないという方にとっては、大手で有名な銀行の商品は安心感があって魅力的なものです。初めてカードローンに申し込むならここに、と決めている方もいるのではないでしょうか。しかし、申し込んだ方の中には審査に落ちたという経験をお持ちの方もいるでしょう。三井住友銀行のカードローンに落ちた理由がどこにあるのかはとても気になるのではないでしょうか。

まず、カードローンに申し込む時はどこの銀行であっても必ず審査があります。その審査では勤務先の在籍確認などを行ったり収入証明を提出するなどして、きちんと定収入があるかどうかということを調べることになります。収入が安定していれば、融資したお金を返済してもらえるということになります。これを返済能力というように呼ぶこともあります。返済能力があると判断されれば審査に通りますが、そうでない場合は残念ながら審査に通らず融資が受けられないという結果になってしまいます。

審査に落ちた場合、返済能力が無いと判断されたということになるのですが、大きな会社に務めていて、勤続年数も長く転職もしたことがないというような方でも稀に審査に落ちたという話を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。このように、一見して収入に何の問題もない場合、落ちた理由は自分ではよく分からないものです。そんな時は、審査に通らなかった理由を知りたくなるものですが、銀行に問い合わせても教えてくれることはありません。これはどの金融機関でも同様に理由を開示するということはありません。心当たりが無い場合は理由についてくよくよ考えるのはやめて、全くつながりのない金融機関に申し込んでみるなど前向きに考えるようにしましょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ