> > > 三井住友のカードローン、一番早く借りるなら窓口ですか

三井住友のカードローン、一番早く借りるなら窓口ですか

出来るだけ早くカードローンを利用したいのですが、三井住友銀行のカードローンの場合、窓口にいくことで一番早くローンカードがもらえて利用できるようになるでしょうか?それとも自動契約機のほうが早いでしょうか?今すぐお金がないと困るレベルではないのですが、なるだけ早くお金を借りたいので、一番契約まで時間がかからない方法が知りたいのです。

今は夜勤ですので、平日の朝~昼くらいまでなら時間をとることが出来るので営業時間内に窓口に行くことも可能です。大抵ああいうのは窓口が一番早いかなと思っているんですが、実際はどうなのでしょうか。もし他にもっとスムーズで早く済みそうな方法があれば教えてくれないでしょうか?

インターネットで申し込み→自動契約機で契約が早いかも

窓口でもカードローンの申し込みは出来るのですが、審査を待つ時間というのがどうしてもありますし、窓口が混んでいてそもそも自分の順番が来るまでに時間がかかってしまう…といったケースも考えられます。個人的には申し込み自体はインターネット、もしくは携帯電話などのモバイルサイトで行うのがおすすめです。理由として、審査にかかる時間は最短30分ととっても短く、その日の朝に申し込んでも昼までには結果が出るなんてことも可能だからです。

もちろん自動契約機でも最短30分で審査結果が出るのですが、万が一可決しなかった場合わざわざ足を運ぶのがもったいないかな…?という個人的な気持ちがあります。もちろんそんなの関係ない!という場合は身分証明証など契約に必要なものを持って自動契約機で申し込むのも十分アリだと思います。

インターネットで申し込んだ場合、審査に通ればカード発行になります。契約手続き及びカード発行は郵送もしくは自動契約機から選ぶことになりますので、ここで自動契約機を選びましょう。身分証明証などの必要書類は忘れずに持って行ってくださいね。自動契約機であればその場でカード発行してもらえますので、早ければ朝に申し込んで30分後に審査結果が出て、その足で自動契約機にいく…なんてことも可能です。

カードを発行してもらえばすぐに利用することが出来ますので、早くてその日の昼に、遅れてもその日中~次の日には利用できるのではないかと思います。個人的にはこの方法が一番早くてスムーズではないかと思いますよ。

三井住友銀行カードローンを窓口で申し込むと

三井住友銀行は、日本の3大メガバンクの一つである三井住友フィナンシャルグループの傘下にある大手都市銀行です。同じくみずほフィナンシャルグループ傘下のみずほ銀行、三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の三菱東京UFJ銀行と並んで、日本を代表する都市銀行です。かつては、貸金業者が主に提供していたカードローンサービスは、その利便性の高さから急激に普及を続けました。その中で、多重債務者が急増し、厳しい督促に困窮した債務者が自殺する事件が多発した時期があります。そのことが大きな社会問題として取り上げられ、政府は貸金業法の改正や総量規制の政策を取り、消費者金融業者のカードローン利用者を、銀行カードローンへと移行させるような仕組みづくりをしました。

その結果、三井住友銀行をはじめ一般金融機関でも、キャッシング用のカードを商品として売り出すところが増えてきました。三井住友銀行のカードローンの特徴は、融資極度額800万円という高額な利用が出来ること、金利年4.0%~14.5%と低金利を設定していること、銀行口座の有無にかかわらず利用が出来ること、また最も顕著な特徴は、最短30分で審査結果が出ることではないでしょうか。

急に資金が必要になった時に、インターネット、電話、また店舗に設置されているローン契約機などを利用して申込みをすることが出来ます。もちろん、銀行窓口でも受け付けており、極度額300万円以下ならば収入証明書の提出も不要ですので、借入れ申込みからキャッシング用のカード発行までの手続きがより迅速に行えるのではないでしょうか。

また、三井住友銀行の住宅ローンをご利用中の方で、返済履歴に延滞がない方を対象に、カードローンの新規申し込み時及び契約極度額の変更申込み時において、設定金利を引き下げるサービスをしています。どの金融機関でキャッシング用のカードを作ろうか迷われている方は、このようなメリットも見逃さないようにしましょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ