> > > 住信sbiネット銀行カードローンってどうですか?

住信sbiネット銀行カードローンってどうですか?

カードローンを利用したいのですが借入先で迷っています。金利のことを考えると銀行のカードローンが希望です。中でもネット銀行は大手銀行より審査が緩いと聞きました。今は住信sbi銀行のカードローンがいいかなと思っているのですがどうでしょうか?

金利も低くていいと思いますよ

住信SBI銀行と言えば最近人気が高まっているネット銀行の中でもとくに人気のある銀行だと思います。金利が低いことで定評もあります。確かに消費者金融よりも金利の低い銀行の方がお得ですし、さらに審査の緩いネット銀行は狙い目だと思います。住信SBI銀行のカードローンは2種類あります。プレミアムコースとスタンダードコースです。

プレミアムコースではその名の通り一定に水準以上の人を対象にしています。スタンダードコースは通常のカードローンですが利用条件としては安定した収入があること、保証会社の保証が受けられること、住信SBI銀行の口座を持っていることなどが挙げられています。スタンダードコースの金利は14.6%で最大で100万円まで借入するができます。収入証明などは不要でとても手軽に借入できるようです。

住信SBI銀行のカードローンの特徴ですがまずは2か月分の金利が実質ゼロになるというキャッシュバックキャンペーンです。こちらは新規利用者に限られ、ネットローン契約をした月の翌々月までに初回借入をしなければなりませんが条件を満たせば大変お得なカードローンと言えます。また住信SBI銀行で住宅ローンを契約しているお客様に対しては金利が通常より0・5%引き下げるなどのサービスも行っています。

借入方法ですがWEBサイト、モバイルサイト、全国のATMで借入が可能です。返済については借入額に応じた返済額を毎月支払うことになりますが、自分の都合に合わせた臨時返済もできますので早期完済も実現可能です。また取引明細も自宅に郵送されることはなく、全てインターネットで確認することができます。郵送物が自宅に届いて家族にばれるんじゃないかと不安を感じる必要もありません。

カードローンの使途は自由。ちょっとお金が足りないというときに枠内で自由に出し入れできます。カードローンはいろいろな種類がありますが、住信SBI銀行のネットローンはかなりおすすめだと思います。審査に関しても厳しすぎるという話は聞かないのできちんと収入があって、過去の借入にトラブルがなければ借入できる可能性は高いと思いますよ。

【参考ページはこちら】
住友信託銀行でカードローンを利用する方法を教えて!

最大2ヶ月利息ゼロ、住信sbiネット銀行カードローンは頼れる切り札

住信sbiネット銀行カードローンは生活をする上で必要な様々な用途のお金をちょっと用立てたい、そんなときに大変便利なカードローンです。住信sbiネット銀行カードローンはネット銀行である強みを生かして、申し込みはネット上から24時間365日、簡単にできてしまいます。普段忙しくてなかなか店舗まで足を運べないサラリーマンの方や子育て中の主婦の方には大変便利です。住信sbiネット銀行の口座をお持ちでない方は、同時に口座開設もできてしまいます。こちらの銀行は他行と比較しても預金金利は高いですし、他行への振込手数料が月3回まで無料と、色々とお得なサービスも充実していますので開設して損はありません。

申し込みに必要な書類を揃え無事審査が通れば、借り入れの申し込みはwebサイト、モバイルサイトからもできてしまいます。もちろんコンビニなどのATMから直接の借り入れも可能で、しかも引出手数料は何度でも無料と、幅広い選択肢が用意されています。いつでもどこでも借りられるので急な出費にもしっかりと対応できますね。

資金の使い道は原則自由で、しかも月々の明細は郵送されることなくweb上確認が可能です。これなら誰にも借り入れのことを知られることもなく、プライバシーもしっかりと守られます。これは本当に助かります。

利用限度額はなんと最大で700万円もあります。これなら余裕を持って借入れすることができます。さらに限度額が高い人ほど金利も安くなります。しかも、はじめて借りる場合は最大で2ヶ月、実質利息0円なので、これは上手に活用したいですね。その他にもSBI証券に口座を持っていればさらに金利が引き下げられたりと、金利を優遇するサービスが充実していますので、計画的に借り入れればかなりお得に利用することができます。

他社からの借換えも可能ですので、複数の借入れを住信sbiネット銀行カードローンひとまとめにすれば一元的に管理することができ、計画的な返済をサポートしてくれます。手数料無料や低金利など、利用者に嬉しいサービス満載の住信sbiネット銀行カードローン、日々の暮らしのパートナーとしても、いざというときの切り札としても、1枚持っていて損はないカードですね。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ