> > > 三井住友カードローンプロミスは通常のカードローンとは違う?

三井住友カードローンプロミスは通常のカードローンとは違う?

初めてカードローンの利用を考えるようになって、一番メジャーなプロミスを利用しようと思いました。プロミスは三井住友銀行ということを知ったのですがこれは三井住友銀行の通常のカードローンとは別なのでしょうか。

三井住友銀行カードローンとプロミスは別物です

よく勘違いをする人がいるようですが、三井住友銀行のカードローンとプロミスは別物です。プロミスは三井住友グループの傘下となっていますが、銀行のカードローンではなくれっきとした消費者金融です。一方で三井住友銀行のカードローンは銀行のカードローンで総量規制の対象外となっています。

両者の決定的な違いは金利です。プロミスが金利17.8%というのに対し、三井住友銀行のカードローン金利は14.6%です。借入額が多い場合には金利の差は返済総額に大きく影響します。これだけ見ると誰でも金利の低い銀行のカードローンの利用を希望しますが、銀行のカードローン審査は消費者金融に比べると厳しいです。過去に返済が遅れたり、すでに他社から借入がある場合は銀行の審査には通らないことが多いので同じ系列のプロミスを利用するというケースが多くあります。

なぜプロミスは三井住友グループになったのでしょうか。法律が制定され、借入額や金利が制限されるようになってからは消費者金融も思うように利益が上がらなくなりました。そこで大手消費者金融は大手都市銀行と提携することで生き残ることができたのです。一方で個人融資に力を入れるために消費者金融のノウハウを必要としていた銀行側にとっても消費者金融と手を組むことは大きなメリットとなりました。現在では大手都市銀行の保証業務のほとんどを消費者金融が請け負っています。ただし、三井住友銀行のカードローンを利用する際に保証会社がプロミスとなっていてもプロミスから直接借入するのとは違いますので安心してください。

金利の面ではもちろん銀行の方が条件はいいですが、消費者金融が悪いということはありません。プロミスをはじめとする消費者金融の多くが即日キャッシングを行っていますし、審査も通りやすくアルバイトやパートでも定期的な収入があれば借入できる可能性は高いです。また30日間無利息サービスという一定期間金利がゼロになるキャンペーンも随時行っていますのですぐに返済できる見込みがあるのなら大変お得だと思います。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査が心配…受かり方を教えて!

三井住友カードローンプロミスの関係を知ろう

カードローンを利用する場合は、まずは消費者金融のサービスを利用しようか、銀行のカードローンを選ぶべきか悩んでしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。銀行のカードローンでは三井住友カードローンが高い人気となっていますが、三井住友銀行のATMなどでは消費者金融であるプロミスのパンフレットが置いてあることもありますし、三井住友カードローンの保証会社がプロミスとなっていることもあり、両者がどのような関係なのかは気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

カードローンを利用する条件としては、満20歳以上であること、安定した収入が得られていることがあげられますが、そのほかにも保証会社の保証を受けられる方と明記されていることが多くなっています。そして三井住友カードローンプロミスとの関係ですが、まず三井住友銀行カードローンを利用する場合は、融資そのものは三井住友銀行が行っていますが、審査を行うのは保証会社であるプロミスが行うこととなっています。

プロミスは2004年に三井住友ファイナンシャルグループと業務提携、資本提携を行うことでその結びつきが強くなっています。そして、三井住友グループでの融資を希望しているなら、まずは三井住友銀行カードローンとプロミスの特徴をよく理解しておきましょ。三井住友銀行カードローンは最高800万円までの融資を受けることができ、300万円までの借り入れであれば収入を証明する書類も必要ありません。金利は年4.0%~14.5%となっており、こちらは銀行のサービスですので、総量規制の対象外です。対象となる年齢は満20歳以上、65歳以下の方となっています。

プロミスは消費者金融のサービスですので、こちらは総量規制の対象となっています。最高融資限度額は500万円まで、利息は4.5%から17.8%となっています。そして対象となる年齢は満20歳以上、69歳以下の方です。ポイントサービスへの申し込みで30日間の無利息サービスが利用できるのも特徴的です。
(⇒カードローンと利用年齢に関するオススメ記事はこちら

新着記事
カテゴリー
ページトップへ