> > > 三井住友銀行カードローンのデメリットってなんですか?

三井住友銀行カードローンのデメリットってなんですか?

現在給料を振込む口座として三井住友銀行を利用しています。母が病気になり入院費が必要なのでカードローンを利用しようと思うのですが、三井住友銀行のカードローンはどうですか?なにかデメリットなどありますか?一応借入先として第一候補に考えています。

口座があるなら利用しやすいと思います

カードローンの借入先で少し迷っているようですがすでに三井住友銀行に口座をお持ちであれば三井住友銀行のカードローンが一番利用しやすいのではないでしょうか。それに銀行系のカードローンは金利が低く、総量規制対象外でもあるので人気が高いです。気になる金利ですが三井住友カードローンは年間4.0%から14.5%です。通常銀行のカードローン金利は15%前後なので平均的な数字だと思います。また三井住友銀行のカードローンは最短でカード発行まで30分と宣伝しています。

しかし、これはあくまでも最短というだけで審査状況によっては翌日以降ということも十分考えられます。三井住友銀行は日本最大手の銀行の一つというだけあって利用できるATM数が圧倒的に多いです。三井住友銀行ATMはもちろん提携ATMやコンビニなど借入や返済に不便は感じないと思います。

質問者様は三井住友カードローンのデメリットに関して質問されていますが確かにデメリットはあります。まず借入の際に口座振り込みがないということです。借入の際にはATMかインターネットバンキングを利用することになります。インターネットバンキングを利用するためには必ず三井住友銀行の口座が必要になりますが、質問者様はすでにお持ちなので問題はないと思います。

一番気になることと言えばやはり返済方法でしょうか。返済方法はATMによる振込、指定口座への振り込み、口座引き落としの3つです。インターネットバンキングによる振込ができないので返済時の口座振り込みの際には手数料を支払うことになる場合もあるかもしれません。

総合的に見ると三井住友カードローンは口座を持っていないといろいろ不便ということです。その点質問者様は口座をお持ちなので早ければその日のうちに借入することも可能だと思います。ただし、やはり銀行のカードローンですので審査はそれなりに厳しいと思います。過去に返済が遅れたり、他社から多額の借入をしていたりすると信用情報をチェックしたときに不利になる可能性もあります。同じ銀行系カードローンでもネット銀行は審査が緩いのでぜひ申込候補に入れてみてください。

【参考ページはこちら】
三井住友銀行カードローンが多くの人に選ばれる理由

三井住友銀行カードローンにはデメリットがあるのか

急にお金が必要になって困ったことありませんか。突然の冠婚葬祭など、まとまったお金が必要になったりする事がありますよね。そんな時、カードローンを使うと便利です。カードローンって大丈夫なの?と不安になる人もいるかもしれません。選ぶなら、大手銀行のカードローンが安心ですね。三井住友銀行カードローンならCMを見たことがある人も多いかと思います。皆が知ってるという知名度は選ぶ際の大事な基準ですね。

まずは、利用する時に知っておきたい事です。カードローンを利用するのに、1番気になるのが金利ですね。三井住友銀行カードローンの金利は、年4.0%~14.5%ですので、返済時の負担も少なく押さえることができます。二万円借りたら、一週間でわずか55円程ですみます。(年利14.5%で)そして、気になるのが申し込みをしてから利用出来るまでの期間です。急な出費なのに審査で時間を取られるのは困ってしまいます。三井住友銀行カードローンなら、即日審査が終わり、すぐに利用することが出来ます。

三井住友銀行ATM・イーネットATM・ローソンATM・セブン銀行ATMでの利用が可能なので、わざわざお店の窓口に行ったりしなくて良いので、気軽ですね。ATM利用手数料、時間外手数料も無料なのは、やっぱり大手銀行だからでしょうか。とても便利に使用できそうな三井住友銀行カードローン、急な出費の為にも、是非持っておきたいですね。

では、申込方法です。インターネット、モバイル、郵送、電話申込や、窓口申込と色々な方法があります。インターネットバンキング(SMBCダイレクト)からなら、家にいながら申込完了です。多忙な人には、ありがたいですね。自分に合った申込方法を選ぶことが出来ます。申込が終われば前述のように、審査の完了を待つだけになります。三井住友銀行カードローン、上手に活用することでデメリットを何も感じずに、困ったときの大きな見方になってくれそうです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ