> > > 三井住友カードローンはサラ金(消費者金融)なのですか

三井住友カードローンはサラ金(消費者金融)なのですか

昔から三井住友銀行を利用していて、最近カードローンのお知らせが届くようになったのですが、三井住友銀行のカードローンもサラ金(消費者金融)のようなものだと思っていいのですか?困ったことがあった時の為に、契約しておいてもいいかなとは思っているのですけど、サラ金にはあまり良いイメージがありません…。

サラ金(消費者金融)と銀行は違います

よく混同されている方が多いのですが、サラ金…最近では消費者金融と呼びますが、消費者金融と銀行系のカードローンは契約者にお金を貸す(融資をする)という共通点こそあれど、根っこの部分は全くの別物です。消費者金融は賃金業で、銀行は御存知の通り、賃金以外のサービスも提供しております。

また、融資自体にも多数の違いがあります。その最たるものが、「総量規制が適用されているか、適用されていないか」です。総量規制とは年収の1/3以上の融資を不可能にする決まりで、対象は消費者金融のみ。つまり、銀行ならば年収の1/3以上の融資が受けられてしまうのです。

それ以外にも銀行の方が金利が低かったり、単純に企業としての安定性に優れている等の違いが御座いますね。しかしその反面、銀行は消費者金融と比べて、多少審査が厳しくなっています。少額の融資を複数回に分けて受けるのであれば、消費者金融の方が結果的にはお得になるかもしれません。結局の所、どちらも一長一短。じっくりと吟味し、自分に合ったサービスを選んで下さいね。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社の探し方

三井住友カードローンはサラ金ではありません

カードローンやキャッシングといった金融商品がとても身近な存在になってきました。大手金融機関がテレビやインターネットなど、高い訴求力を発揮し、宣伝活動をしているお蔭ですが、実際に活用している人も年々増加しているようです。

利用者が増えている要因はその手軽さです。中小企業の経営者から、主婦や学生などの安定した収入のない方まで幅広く活用することができます。しかも驚くほど早く審査が完了し、融資を得ることができるのです。(こちらもご参考にどうぞ→カードローンの審査基準に関するオススメ記事

カードローンやキャッシングに対してネガティブなイメージを持たれている方は少なくありません。しかし、ローンという存在には違和感を感じている人は少ないようです。自動車や住宅など、高額商品の購入時にはローンを活用する人が大多数です。高額の融資を長期間にわたって返済するのですからリスクは決して低くありません。一方カードローンやキャッシングは定額の融資が短期間の返済期間で使用することができるのです。リスクをなるべく抑えたい方には最もお勧めできる金融商品の一つなのです。

ネガティブなイメージの代表としてもう一つあげることができます。それは闇金やサラ金、そして多重債務といった不当金利請求への恐れです。しかし実際はカードローンやキャッシングを提供している金融機関は名だたる一部上場企業ばかりです。コンプライアンスが厳しく求められる時代ですので、不当金利請求は絶対に行われません。全て法定金利内での融資となりますので、そういった意味でもリスクを抑えることができるのです。

三井住友カードローンは上記のような安心で安全なカードローンを提供している金融機関の一つです。三井住友のブランドは世界中で信用されているものです。窓口のみならずコールセンターなどでも融資に関する相談を丁寧に行っていますので、カードローンに対して不安を持たれている方は先ずは相談してみましょう。三井住友カードローンは決してサラ金ではありません。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ