> > > 三井住友カードローンとプロミスの違いを教えて下さい

三井住友カードローンとプロミスの違いを教えて下さい

早急に融資を受けたいのですが、三井住友銀行かプロミスかで迷っています。三井住友銀行は長年利用している銀行ですし、審査の上でも多少は有利になるかもしれません。プロミスは消費者金融の中でも金利が低く、銀行よりも審査が緩いという判断からです。それ以外で違いがあるなら教えて下さい。一体どちらがいいのでしょうか?

総量規制という大きな違いが御座います

三井住友銀行の三井住友銀行カードローンとプロミスとでは、総量規制の対象外か、対象かという決定的な違いが1つあります。まず、三井住友銀行は言うまでもなく銀行ですよね?一方、プロミスは消費者金融です。総量規制とは、年収の1/3以上の融資を禁じる決まりで、適用されるのは消費者金融のみ。つまり、プロミスは消費者金融ですので総量規制の対象。銀行は消費者金融ではありませんので、総量規制の対象外という訳です。

例えばプロミスと契約した場合、年収が300万円ならば、100万円以上の融資は受けられません。しかし三井住友銀行カードローンならば、100万円以上の融資が受けられます。しかし銀行系のカードローンは消費者金融よりも審査が厳しいのが一般的ですし、個人事業主でもない限り、100万円という融資額は些か中途半端なように思えます。

では、年収の1/3以下の融資ならば必ずしも消費者金融が良いのかと言うと、そうでもありません。銀行の金利の低さや、企業としての安定性などは捨てがたい魅力。結局のところ、ケース・バイ・ケース。一長一短なので、最終的にはご自身で判断するより他はないのです。

【参考ページはこちら】
プロミスから三井住友銀行カードローンの借り入れはできる?

三井住友カードローンとプロミスの関係について

三井住友カードローンとプロミスは系列グループが同じです。プロミスは三井住友銀行の系列グループとして資本も受け入れ、社内規程も金融機関並に変更したと言われています。プロミスのカードローンやキャッシング・サービスは利用できるATMが多いこともあり、人気があります。三井住友銀行ではプロミスのカードローンを代理販売しており、三井住友銀行の安心感と便利なサービスが一体化していると好評です。
(⇒自分に合ったカードローン会社の探し方を教えて!

三井住友銀行が提供するカードローンで気を付けておきたいのは法的な貸出機制があることです。総収入の3分の1を超える現金を貸してはならないという法律は消費者金融向けに適用されますが、三井住友銀行が代理でサービスしているカードローンのようにプロミスの保証が付いている場合は法律の制限を受けます。三井住友銀行の融資を受けたことがある方が間違いやすいのがこのポイントです。

貸出機制を忘れており、審査が通らずあせったと言う方が少なくありません。三井住友銀行が行う融資の場合は担保や保証人をつけることで融資が受けられることが多いと言われていますが、カードローンは無担保無保証人が基本なこともあり、法律での制限は妥当な判断とされています。三井住友銀行が独自に行うカードローンもありますが、法的な制限に準拠した審査が行われることが多く、金融機関といえども法的制限を事実上受けていると考えてよいようです。

法的な制限はありますが、プロミスが保証会社となることで三井住友銀行のローンに幅ができています。例えば、個人事業主向けのカードローンが好評ですが、事業用にも使えるカードローンですが、三井住友銀行のこれまでの融資では実現しなかったローンであり、プロミスが保証会社となることで自由に使える資金が増えたと大変好評です。また、アルバイト・パートなどカードローンが通りづらかった方々へもプロミスのノウハウを得たことによって年収での審査が可能となっており、これまで以上に幅広い方に利用しやすいカードローンとなっています。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ