> > > 三井住友銀行カードローンと総量規制の関係って?

三井住友銀行カードローンと総量規制の関係って?

三井住友銀行カードローンについて教えてください。総量規制っていうのがカードローンを使う時に必要になるって聞いたんですけど、どういうものですか?三井住友銀行カードローンを使う時にどう影響してくるんですか?

総量規制は銀行カードローンは無関係!

カードローンを利用するときに総量規制が影響するっていうのは半分正解で半分間違いっていうところかしら。基本的には年収の3分の1までしか借りれないっていう総量規制はかかるって思っていても良いのだけれど、総量規制は銀行は関係ないものなのよ。銀行は総量規制が定められている貸金業法を順守しなければいけないっていうことじゃなくて、銀行法を順守しなければいけないところなの。総量規制を守らなければいけない、総量規制に対応しなければいけないのは貸金業だけなのよね。

三井住友銀行カードローンはその名の通り銀行のカードローンだから総量規制を気にすることはないわ。でも、総量規制のことは1つの目安になるっていう考え方はあるわね。初めて申し込むとき、自分がいくら借りれるのかっていうのは当然審査を受けなきゃわからないものなんだけれど、最初ってどうしても借りれる金額は少なめになってしまうのよね。

だから、総量規制が関係なくて融資可能金額の上限金額ギリギリまで借りることが出来るとは言っても、最初から数百万円っていう限度額になる可能性ってそんなに高くないのが実情っていうこと。じゃあいくら借りれるのか、っていったときに、目安として総量規制の金額を頭に入れておいて、その金額よりは少なくなるな、っていうことを考えておけば目安になるわ。

総量規制対象外の三井住友銀行カードローン

担保や保証人を必要とせずにお金を借入れる手段には、消費者金融やクレジットカードを使用してのキャッシングや銀行のカードローンを利用するといった方法があります。キャッシングやカードローンは、利用に際しての手続きがとても簡単なことから多くの人たちに利用されています。キャッシングにしろカードローンにしろ、どちらも専用のカードやクレジットカードを使用してATMなどからお金を引き出すかたちで融資を受けることになるため、このふたつのサービスの違いについて特に意識をしたことのあるという人は少ないのではないでしょうか。

キャッシングとカードローンの大きな違いとして、そのサービスを規制している法律の違いがあります。キャッシングのサービスを提供しているのは消費者金融・クレジット会社・信販会社となりますが、これらの業者は貸金業と呼ばれるカテゴリに分類されています。貸金業者の業務を規制しているのは貸金業法と呼ばれる法律ですが、この貸金業法には貸金業者が消費者に対して融資を行ってもいい金額の上限が設けられています。

この上限を定めたルールのことを総量規制といいます。総量規制では消費者の年収に応じた融資可能な額の上限が定められており、その上限は消費者の年収の3分の1までとなっています。消費者金融をはじめとする貸金業者からの借入額の合計がこの金額に達してしまった場合、それ以上の融資を受けることはできないのです。

それに対して三井住友銀行カードローンなどの銀行のカードローンの場合、このサービスを規制している法律は銀行法となっています。銀行法には貸金業法のように総量規制がないため、年収によって融資を受けられる金額に制限がかけられることはありません。また、三井住友銀行カードローンのような銀行のカードローンでは、キャッシングよりもより多額のお金の融資を比較的低金利で借りることができます。しかし、その分だけキャッシングよりも審査が厳しく行われています。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ