> > > 三井住友銀行カードローンは借り換えで作れますか?

三井住友銀行カードローンは借り換えで作れますか?

三井住友銀行カードローンは普通に使えるカードローンという感じで人気ですが…借り換え目的としても作って使えるのでしょうか?

私が今持っているカードローンは二枚で、両方とも金利が高く限度額は二つとも10万です。それで双方の残債が合わせて8万ほど…このまま返済しても良いですが、かといってそれでは結構利息がかさむ…という微妙な残りです。だから三井住友銀行カードローンの低金利融資に借り換えてお得にして、それで他のカードローンはいっそ解約してしまおうと考えたのですが…今の状況で何だか審査が厳しそうな三井住友銀行カードローンは貸してくれるのでしょうか?

そもそも、三井住友銀行カードローンが借り換えに使えるかどうかは分かっていません。それも含めてご助言をお願いします。

借り換えににも使えますが過剰な期待は禁物です

カードローンの借り換えは、用途自由と書かれていて、尚且つ借り換え禁止の旨が書いてない限りは大丈夫ですよ。どんな形でもお金を借りて、そして返済できるなら金融業者の利益になります。その利益の為に使ってくれるなら御の字…というとちょっと大げさかもしれませんが、返せるなら問題は無いです。それは三井住友銀行でも同じです。

でも、借り換え目的であっても審査はもちろんしているし、その審査で今どれくらい借りているかはチェックされます。そのチェックの際に借入が多いともちろん審査は不利になりますし、不利という事は審査落ちや借り換えに必要な額まで届かない、なんて事もあります。最も、今回は残り8万借りられれば良いのですから、これくらいの金額を融資してもらえないとなるとどこも厳しいと思います。

だから、三井住友銀行のカードローンで借り換えは出来ますし、多分元が低金利な銀行カードローンなので借り換えて損になるとは思えません。しかし、審査はきちんとしていますし、その審査結果は残債があるせいで楽観はできません。むしろ、厳しいとも言える状態です。諦めろとは言いませんが、ダメだったら割り切って返済する覚悟も一応持っておくのをオススメします。

仮にカードローン審査に通過して、三井住友銀行からの融資を使って他の融資を完済した場合、三井住友銀行カードローンの利用実績になりますので、その後遅れずに返せれば限度額が増えやすくなります。完済後を楽しみにして、しっかりと借り換えと返済に勤しむのも良いでしょう。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準に関するオススメ記事

三井住友銀行カードローンに借り換えることのメリット

三井住友銀行カードローンに借り換えることのメリットは、返済期日を一定にし、その後の返済スケジュールの見通しを立てやすくすることと、合計金額を増やし、金利を低くさせることで返済への負担を軽減することです。このどちらにおいても、借り過ぎてしまった場合の返済においては重要になります。計画的な返済スケジュールを立てるためにも、また返済の合計金額を減らすためにも、借り換えを行うことが有効なのです。

複数の金融機関からのカードローンを利用していると、返済記事地がまちまちになってしまいます。そのため、返済をしようとしても、計画が上手く立てられなくなってしまい、どんどん利用額を増やしてしまう原因になってしまいます。これを防ぐためには、一本化することで返済期日をひとつにすることが有効です。ばらばらになっている返済期日を一本化にすることで、安定し返済を行うことができるのです。これは複数のカードローンを利用している場合には特に重要になります。

三井住友銀行カードローンに借り換え、一本化にすることの最大のメリットは、金利が低くなることです。金融商品というのは、借り入れ金額が大きければ大きいほど、金利が低くなります。ばらばらであるカードローンは、それぞれの借入金額が少ないために、金利が高く設定されてします。このそれぞれの金利が高いカードローンを一本化することで、合計金額は変わりませんが金利を低くすることができるのです。

金利が低くなると、利息が少なくなります。そのため一本化する前位に比べ、返済合計額が少なくなるのです。これが三井住友銀行カードローンに借り換える何よりのメリットなのです。また通常では総量規制により、年収の三分の一を超える金額を融資することはできません。しかし、融資を行われる側に一方的にメリットのある場合には、この総量規制の対象外になります。そのため三井住友銀行カードローンに借り換えることで、一方的に金利が安くなる場合には、この総量規制の対象外になるために、有効なのです。
(⇒三井住友銀行カードローンが選ばれている理由とは

新着記事
カテゴリー
ページトップへ