> > > 三井住友カードローンを利用した時の信用情報はどこに残る?

三井住友カードローンを利用した時の信用情報はどこに残る?

カードローンとかの利用状態は、信用情報と呼ばれているのですよね?この信用情報は他の融資審査でも見られているらしいのですが、どこに残されているのでしょうか?

私は今現在三井住友カードローンを利用しており、今度はパソコンをローン購入しようと思っています。ローンでは融資審査と同様のものがあると言われていますので、三井住友カードローンの利用状況も見られているというわけなんですよね?でも見られているという事はその情報がどこかに残っているという事なのですが、どこに残っているのかが分かりません。これも一応個人情報という事で、その所在が分からないっていうのはどうしても不安なんですよね…。

私みたいな一顧客が知るべき事でもないかもしれません。でも顧客にだって情報管理の義務もあるはずですから、この情報の在処について教えて下さいませんか?ダメならすみませんでした。

銀行系の信用情報機関に残されています

この信用情報に関わる保管されている場所っていうのは、金融業者以外はタブーってわけでも無いっすよ。必要に応じて自分自身の情報なら引き出す事もできるっすし、例えば遺族の借金状況を調べるとかなら、本人以外でも見る事が出来るっす。問題はそれが残されているところの正体って事っすよね?

これは、信用情報機関と呼ばれているところっす。ここには銀行系、消費者金融系、信販系の三つに分かれていると言われてまして、三井住友カードローンなら当然銀行系、そしてパソコンのローンはおそらく信販系になっているはずっす。パソコンのローンを組む場合の申込書類とかを見てみると分かるっすけど、大抵は大手の信販会社の名前っす。名前を見てすぐに分かるようになれるくらい、有名なところが多いんすよ。

だから今回の場合は三井住友カードローンの利用履歴をローンを組む先の信販会社が見れるかどうかっすけど、一応三井住友カードローンの利用状況に問題が無ければ見られないようにはなっているっす。でも、三井住友はクレジットカードの扱いもあったりして、それだと信販系にも繋がっているという可能性があるっす。それを考えた場合、どんな融資でも企業毎の繋がりも考えたら、関係性があるくらいに思っておいた方が健全っすね。

大げさに考えすぎかもしれないっすけど、楽観するよりも使いすぎ防止にも繋がるから、融資は全部関係していて無駄使いはしない方が良い、くらいに思ってもらえればと思うっす。

三井住友カードローンの審査に他社で利用している信用情報が使われる?

給料日を目前に控える時期になると決まって財布の中がさみしく、急な出費がある際にはお金が足りなくなってしまい困ってしまう人もいますが、そばにお金を借りることが出来る人がいないような場合には、やはり消費者金融機関のように短期間でお金を貸してくれるところを頼らざるしかありませんでした。しかし最近では銀行でも無担保で個人を対象に貸してくれるカードローンを発行し、審査期間も驚くほど短く処理してくれるようになってきました。

大手銀行の一つ三井住友銀行でも無担保で貸付をするカードローンの取り扱いを始め、多くの人が実際に利用するようになりました。三井住友カードローンですが、申し込みは銀行への来店は勿論忙しい人でも利用することが出来るように電話やインターネット上からでも申し込みをすることが出来るようになっています。

20歳以上で安定した収入を持っている人であれば申し込みが出来るのが三井住友カードローンなので、本人確認の為に健康保険証や運転免許証の写しを用意しておく必要があります。この個人情報に基づき申込者の信用情報を参照して、過去に返済が滞ったことがないかなどと言った瀋陽情報に問題がなければ審査を通過し無事に三井住友カードローンを利用することが出来るようになります。
(⇒カードローンと利用年齢に関するオススメ記事はこちら

しかし過去に他社からの借り入れがあり、問題なく返済を行なっていればいいのですが万一返済が遅れてしまい催促を受けていたり、借金が返せなくなり自己破産をしているような場合にはたとえ免責を受けていても、一定期間その情報が残りますのでその間は新たなカードローンを申し込むことが出来ません。
このように与信審査での信用情報は非常に大切になりますので、万一今問題がない場合でも将来融資限度枠の増額や新たなカードを作成する時の為にも、信用情報に傷を付ける事が無いようにしっかりと返済期限を守って借りたお金を返済して行くと言うことは、とても重要になってきます。

【参考ページはこちら】
カードローン会社は自分に合ったものを選んで

新着記事
カテゴリー
ページトップへ