> > > 三井住友銀行はカードローンを作る時の在籍確認でバラしますか?

三井住友銀行はカードローンを作る時の在籍確認でバラしますか?

三井住友銀行のカードローンに申し込みたいですがどうしても不安です…誰か今回の悩みにお答え下さい。三井住友銀行に融資を申し込むと言っても、融資自体を闇金だとかそんな風に怪しんでいるわけではありません。三井住友銀行は日本有数の大きな銀行なのでそういった安全性だとかには不安も無いのですが…問題は、在籍確認です。在籍確認というのは、当然会社に仕事の確認の為に電話してくるというわけですよね?

その電話にて、カードローンを作る事を他の人に教えたりするのでしょうか…?私が電話に出れば良い話ですが、そこそこの規模の商社の為に、誰が電話に出るかなんて分かりません。なのに他の人が応対してカードローンの事を知られでもしたら…と思うと申し込みが出来ません。自分で言うのも何ですが、会社ではしっかりものとして通していますので…イメージを崩さずにカードローンを作りたいのですが、何とかなるでしょうか?

カードローンの在籍確認で積極的にバラす事はまず無いです

カードローンを使う前の悩みとして多いのが、今回みたいな「周りの人に融資を使う事をバラしたくない…」というものっすね。カードローンは自分の人生を豊かにするために使う物…という建前がきちんとあるんすけど、それでも一般的に借金というのはマイナスイメージっすからね。極端な話、ローンを組んで無理なく何かを購入するより、無理をして一括購入する方が体裁としては見栄えが良いっす。まあ苦労するのは自分だからデメリットの方が多くなりそうっすけどね。

というわけだから、カードローンの利用は内緒にしたいという人、どちらかと言えば知られないに越した事は無いという人が大半を占めているっす。まあ借金をしたなんて自慢げに話す事でも無いっすから、当然といえば当然っすけどね。で、こうした秘密にしたいという事情がありながらも在籍確認を敢行する金融業者は、こちらの都合をどう考えているのか気になるところっすよね?

幸い、三井住友銀行もそうなんすけど、カードローンの在籍確認でこれから作る事を本人以外に教える事はまず無いっす。電話はしてくるのにバレないのかと言うと、そもそも電話で「三井住友銀行の○○ですが…」というだけだと、そもそもカードローンなのか他の用事なのかわかんないっすよね?そして最近はプライバシーにより配慮して担当した人の個人名でかけてくるから、単なる私用だとも思われやすいっす。これはあらゆる金融業者に該当するっすね。

仮に個人名でかけてNGだったら、所属している会社名を言うことになるっすけど、その時もカードローン担当だとかは言わずに銀行名とかしか言わないから、後から聞かれた時に「口座開設でミスがあったから」みたいな風にでも言えば良いっすよ。カードローンでかけてきたなんて言わないから安心するっす。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社の選び方を教えて!

三井住友銀行のカードローンでは在籍確認を行う

三井住友銀行のカードローンでは、在籍確認を行う必要があります。これは利用者が安定した収入があるか確認をする為に行う作業です。また身元もある程度保証することができるために、より効率良く審査を行うために利用される手段です。これらはカードローンの利用開始を申し込むときの審査と、融資限度額の増額を申し込む際に確認が行われます。

在籍確認を行うことの重要性は、支払い能力の確認です。カードローンを利用するためには、支払い能力が無ければならないのです。そのためには一定の収入がある必要があります。そのため収入の有無の確認のために、仕事先に在籍をしているか確認の電話を入れ、確かめる必要があるのです。

在籍確認を行うためには、働いている必要があります。そのため専業主婦や学生の場合には、収入を得ていないために、審査に落とされてしまう場合があるのです。なので収入が無いと判断され、そして支払い能力が確認することができなくなってしまうために、審査に落とされます。

在籍確認で大切なことは、勤務先が必要、ということです。収入が無い場合には、融資を行ったとしても返済を行ってもらえる、という保証が無くなってしまいます。そのため貸し出しを行うことは難しくなってしまうのです。融資を行う側としては、どうしても安定した収入を得ていなければ、返済をしてもらえないので、貸し出しを行うことはできないのです。なので勤務先に実際に勤めているかの確認をする必要があるのです。

またカードローンの利用開始時に必要なことはもちろんのこと、融資限度額の増額を申し込むときの審査の場合においても、在籍確認を行う場合があります。これは利用開始時から期間が空いているために、再度仕事先に勤めているかの確認の連絡をする必要があるのです。これは利用開始時には勤めていたかもしれませんが、期間が空いているために仕事を辞めている可能性があるからです。そのような場合には、支払い能力が無くなってしまうために、確認をする必要があるのです。

【参考ページ】
カードローンの在籍確認に関するオススメ記事はこちら

新着記事
カテゴリー
ページトップへ