> > > どうすればいい?三井住友銀行のカードローンで限度額を変えたい

どうすればいい?三井住友銀行のカードローンで限度額を変えたい

三井住友銀行のカードローンを申し込もうと思っていましたが、これは審査によって限度額が決まるわけですよね。申し込みで希望額を入れても、審査によって下げられてしまうことがあると聞きました。もし最初はその限度額ではじめたとしても、いずれ限度額を変えることはできますよね?

随時、限度額の変更を申し込めますが審査はあります

三井住友銀行のカードローンは審査が早い、手軽に利用できると人気の高い銀行系カードローンです。それだけに、申し込みされている人も多いと思います。とても便利な点として利用をはじめてからいつでも、限度額の増額の申し込みができる点です。カードローンによっては「利用から6か月は変更の申し込みはできません」としているところもありますので、いつでもネットや電話で申し込めるのはいい点でしょう。ただし、これも審査がありますので、必ずしも希望通りに増額できるわけではありません。やはり、なにかしら増額できる理由が必要になるでしょう。

たとえば申込時に、収入や仕事の安定性は問題なかったが、他のローンがあり、限度額を減らされた場合。他のローンを解約して増額を申し込めば、増額の可能性は高まります。また、申込時と年収が変わり、所得の証明書類を出してでも増額したい場合もあると思います。これも、条件が変わっていますから、増額のチャンスはあると考えていいのです。

このような条件が変わらないままで増額を申し込んでもすんなり通るかといえば、そこはかなり難しいでしょう。ただし、この場合でも、ある程度の利用を続けて、ちゃんと返済しながら上手に利用を続けていることを証明すれば、審査でも考慮されていくと思います。
(⇒カードローンの審査基準ってどうなってるの?

やはり長年のお得意様に対してはそれなりに便宜を図るというのが商売の基本ですから、信用が積み上がっている(ちゃんと借りて返している実績がある)人には、それなりに限度額の拡大が可能でしょう。そのほか、最初の限度額があまりにも低く、突発的に限度額を超えて借りたい場合なども相談してみる価値はあります。

最初の審査が間違っていた、というケースは少ないでしょうが、たまたま申し込みに記載した事項から信用度が低いと判断されてしまった人もゼロではないはずだからです。こういう場合、一般的に「増額できないなら他社から借りるよ」となってしまうので、それは銀行としては利益の機会を逸することにつながるのですから、リスクの範囲内なら増額に対応してくれる場合があるのです。

とはいえ、くれぐれも借りすぎだけには注意してください。限度額が大きくなると、気まで大きくなって、不要なものまでカードローンで安易に対応しかねません。あとで返済するときに大変に苦労することになると思いますので、この点はしっかり考えておきましょう。

【参考ページはこちら】
三井住友銀行カードローンプロミスは通常のカードローンと違う?

三井住友銀行カードローンの限度額について

テレビのCMなどで見掛けることの多い三井住友銀行のカードローンですが、その宣伝文句では、好条件を期待させる魅力的な文章が並べられています。では、このカードローンを利用することのメリットはどのようなところにあるのでしょうか?宣伝を見ると、契約極度額が最高で800万円までとされています。とはいえ、申し込みを行なうすべての人が800万までの融資を認められるというわけではありません。申込時の審査によって、どの程度の限度額が設定されるのかが決定することになります。

実際の審査の際には、当人の個人情報などを申告することになりますが、その中では、住所、氏名、電話番号などの情報に加えて、年収や勤務先や勤続年数、住居の居住形態や居住年数、家族構成や配偶者の有無、他社からの借り入れ残高などの情報が含まれることになります。そして、申し込み時に希望する融資額によっては、収入を証明する書類の提出を求められることがあります。このようにして申告した情報をもとに審査が行なわれることになりますが、無事に審査に通過する場合は、審査によって得られた当人の信用情報に基づいて、融資限度額が設定されることになります。

なお、この三井住友銀行のカードローンは、一般に銀行系と呼ばれるものとなるため、貸金業者の場合のように総量規制の適用を受けることがありません。この総量規制とは、貸金業者、すなわち消費者金融やクレジット会社や信販会社などを含みますが、そうした貸金業者からの借り入れの合計が、当人の年収の3分の1までに制限されるというものです。

しかし、銀行系のカードローンの場合は、このような制限を受けることがありませんので、貸金業者から借り入れる場合よりも融資枠が多めに設定される傾向があります。それで、まだ貸金業者からの融資を受けていない方であれば、まず銀行系に申し込んでみることをお勧めいたします。それでもし、審査に通過できなかったとしても、その銀行の系列のグループ企業である消費者金融からの融資を紹介してもらうことも可能です。それで、申し込みの手順として、まず三井住友銀行のカードローンを申し込んでみることをお勧めいたします。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ