> > > 三井住友銀行カードローンで限度額変更に必要な手続きが知りたい

三井住友銀行カードローンで限度額変更に必要な手続きが知りたい

三井住友銀行のカードローンに興味を持っています。申し込みをしてみようと思いましたが、審査によって限度額は決まってしまいますよね。そのあとに、使いはじめてから限度額の変更はできるのでしょうか。できるとしたら、どういう手続きが必要か教えてほしいのです。

いつでも電話かローン契約機から限度額変更の申し込みができます

三井住友銀行のカードローンは、申し込みがしやすく、利用がしやすい上に、限度額(契約極度)の変更も簡単です。電話かローン契約機から申し込みができます。カードローンの契約極度額は最高800万円まで増額可能となっています。ただし審査がありますので必ず増額できるわけではありませんし、増額できるとしても希望通りとはならない場合もあります。

本来、カードローンの新規申込時に審査があって、そこで限度額も設定されるわけですから、その後に限度額が増額できるというのは、ちょっと不思議な気がします。最初の審査で「あなたの信用度から考えると限度額は50万円」といったように決められるわけですから。

この限度額を変更するための理由として、ごくまともに考えていくと「最初の審査のときとこちらの事情が変わった」といったように、前提になる条件が変化したときです。たとえばこれまでは年収400万円でしたが、転職して年収が600万円になった、といった場合です。

銀行のカードローンは適用されていませんが、サラ金などの貸金業には法律で、年収の3分の1を超えた貸し出しはできないことになっています。ただ、銀行系カードローンも、保証会社は貸金業であることが一般的ですから、保証会社から見れば、やっぱり「年収の3分の1」は一つの目安となってきます。

単純に考えれば、年収400万円の場合、最大で133万円。これが年収600万円になれば200万円が3分の1、つまり貸し出せる限界の目安になります。しかもこれは、その人がいろいろな銀行や貸金業、クレジットカードなどで借りられるトータルの金額です。もし、あなたが他社で借りている場合は、その分、差し引かれますので、3分の1まで必ず借りられるわけではありません。

とはいえ、年収400万円だったときに限度額100万円だったとしたら、年収600万円になれば200万までとはいわないものの、もっと限度額を引き上げてくれてもよさそうなものですよね。

また銀行から見れば、「最初は100万しか貸せないと思っていたけど、この人、200万まで貸せるよね」となったら、収益を拡大する意味でも200万円の限度額に変更したほうがいいはずです。

他行の場合では「利用から6か月以降でなければ増額の申し込みはできない」といった決まりを設けていることもあります。三井住友銀行のカードローンにはそうした決まりはありません。つまり、あなたの事情が変わったら、すぐ申し込んでもいいのです。

もっとも、カードローンを申し込んだのにほとんど利用していない、つまり実績のない人が増額だけを申し込むのもおかしな話ですので、こうした場合は年収にかかわらず、審査に通らない可能性もあります。(こちらもご参考にどうぞ→カードローンの審査基準ってどうなってるの?

いずれにせよ、それほど面倒な手続きはありませんので、必要を感じたら増額を申し込んでみてはいかがでしょうか。また三井住友銀行カードローンプラザに相談してみることをお勧めします。

三井住友銀行カードローン限度額変更について

カードローンを行っている業者は、大きく分けると、銀行と消費者金融に分かれます。消費者金融の場合、総量規制の対象になる為、年収の1/3を超えて借入する事ができませんが、銀行は総量規制の対象にならない為、年収の1/3以上の借入も可能となります。

ですが、審査を受けてすぐに銀行が設定している限度額の上限まで借入できるかといえばそうではありません。年収や様々な条件によって、まずは50万円以下の限度額から始まるのが一般的です。銀行の中でも人気が高い、三井住友銀行カードローンでも、審査を受けてすぐは、50万円程度から始まると考えておく必要があります。

そして、その後、必要に応じて、増枠の審査を受け、増枠を繰り返す事で、限度額を大きくしていく事になるのですが、銀行が最大としている限度額に到達する事は殆どありません。そんな三井住友銀行カードローン限度額変更は、利用者が増枠の審査を受け、それが通った場合となります。

ただ、借入や返済の状況によっては、三井住友銀行の判断で、限度額が引き下げられる事もあります。遅延せずに利用していれば、返済状況に問題がないと判断して貰えると考える人は少なくありません。ですが、完済しないまま毎月細かく借入と返済を繰り返している等、銀行が不安を感じた場合、限度額が下がる事があります。

その他、信用情報に書き込まれた様々な状況により、限度額というのは変わっていく可能性があります。この際、減額だけならばまだ良いのですが、借入状況などによっては、今後の借入ができなくなり、返済のみを要求される可能性も出てきます。

これらの限度額変更は、銀行の判断によるもので、その基準は明確でありません。もし、変更があり、減額などされた場合、自身の借入や返済の仕方を見直してみるという事も大切です。他の業者からの借入の額なども影響する事があるので、現在の状況を総合的に見て、何が問題か考えていく事が大切です。

【参考ページはこちら】
三井住友銀行カードローンよりも消費者金融の方がいい場合ってある?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ