> > > 三井住友カードローン増額をするのに、半年待つ必要ある?

三井住友カードローン増額をするのに、半年待つ必要ある?

三井住友銀行カードローンで増額を検討していますが、今、まだ1回しか返済していない状況です。三井住友銀行カードローンを増額するのに、半年待つ必要はありますか?

基本的には半年待たないといけませんが…

三井住友銀行で借金をしていて、増額したいということですね。ただ、現在、1回しか返済していないという状況では、基本的には難しく、半年待たなければいけません。(こちらもご参考にどうぞ→三井住友銀行カードローンで増額するための条件とは

そもそも、どうして半年待ちなのか、という話ですが、ちょっと想像してみてください。あなたは、よく知らない人から、10万貸してほしいと言われ、電話番号と住所を教えてもらったら、お金を貸しますか?多くの人は、よく知らない人相手に、お金は貸しません。金融会社は、利息を取って、より多くの個人や会社に融資をして、リスクを分散します。

それでも、相手が信用できる人であれば貸すけれども、信用できない人であれば貸さない、というスタンスは理解できるはずです。お金を貸して、まだろくに返していないのに、また貸して、と言ってくる人を、あなたは信用しますか、という話です。普通は、信用しないですし、そんな簡単に次を借りようとする人に、追加融資はしたくないでしょう。

ただ、例外があります。それは、既に他社で借入があって、三井住友銀行で借りたお金を、そのおまとめに利用しているケースです。たとえば、他社借入で、150万の借金と60万の借金があり、合計210万の借入があるとします。三井住友銀行で、これをまとめたいと考えたとします。

あなたが最初にもらった三井住友銀行の枠が50万の場合、どちらも完済できませんが、もし、あなたが三井住友銀行で借りたお金で、60万の消費者金融の借金のうち、50万を返済したとします。そうすると、三井住友銀行は、この人はまとめたい、利率を下げて完済したいんだな、と考えて、追加融資をしてくれる場合があります。これ以外のケースでは、半年待つのは、当然だと考えておいたほうが良いでしょう。

三井住友銀行のカードローンの増額のお願いは半年は返済実績を重ねてから

最近は低金利で融資限度枠も大きい三井住友銀行のカードローンが人気ですが、契約した当初は思ったより融資限度枠が低いと感じるでしょう。きちんとした審査で融資限度枠を算定していますが、契約当初は算定した融資限度枠より低めに設定するのがカードローンの通例です。なぜなら返済実績がゼロの方に大きな融資限度枠を設定して、万が一貸し倒れる事が有れば会社にとっても大損害なので、顧客の信用度を見極める為に低めの限度額を設定するのです。

本来なら1年短くても半年は返済実績を重ねる必要が有ります。そのほかの審査項目で融資限度枠を増やしても問題ない場合は、最低半年金融遅延を起こさずにきちんと返済を重ねていれば、カードローン会社の方から増額のお誘いの電話がかかってきます。そこで増額する旨を伝えると融資限度枠は増額されます。

ただしいくら返済実績を重ねても増額のお誘いの電話がかかってこない場合は、概ね審査基準の収入が足りないので融資限度枠が増えないのです。どうしても融資限度枠を増やしたい場合、初めに提出した契約書類の時よりも収入が増えた事を証明する必要が有ります。最低でも年収にして20万円から30万円は増えないと、可処分所得としては少ないので、再審査に落ちる場合が有ります。

確実に融資限度枠を増やすには年収で50万円から60万円増えていれば、問題なく融資限度枠を増やす事が出来ます。再審査に落ちる事はただ落ちるだけでなく、融資限度額の減額や一定期間の融資凍結を行う会社も有るので、よほど自信が無いとお勧めできません。

自分では判断が付かない時は、店舗の窓口やフリーダイアル等で事前に相談してから決めるのが安全です。正式に再審査を受けてしまったら審査に通れば良いですが、落ちた時はかなりのリスクになります。緊急の時に融資をしてもらえないかもしれないので、再審査を受ける前に窓口やフリーダイアルで相談して、増額できる可能性が高い時に再審査をお願いすれば安心出来ます。

【参考ページはこちら】
三井住友銀行カードローンの限度額変更の手続きが知りたい!

新着記事
カテゴリー
ページトップへ