> > > 銀行系カードローンは借り換えにくいと聞きましたが本当ですか?

銀行系カードローンは借り換えにくいと聞きましたが本当ですか?

3つの消費者金融のローンカードを持っていて、ほぼ限度額いっぱいまで使ってます。生活費というよりも、ギャンブルに使ってしまいました。ギャンブル中毒というほどではないですが、やりだすと止められないたちで、お金のある限り続けていました。友達にじっくり説教されましたし、今は反省してます。完全にやめたわけではないけど、月1万円までにしてます。友達がそうしていたので、まねしました。

3つの消費者金融のローンは、今は返済のみなのですが、これがなかなか減りません。金利分が多くいので、残高の減りは小さくなってしまいます。銀行系のカードローンでまとめて借り換えれば金利が小さくなると聞きますが、銀行系のカードローンは借り替えにくいとも聞きます。これは本当ですか?

消費者金融の銀行系カードローンは借り換えやすいものです

銀行のカードローンは、一般に消費者金融のカードローンよりも審査が厳しくなります。銀行のカードローンの金利は、消費者金融のカードローンの金利よりも低くなる傾向があるので、その分審査が厳しくなるのは止むを得ません。銀行のカードローンについては、たしかにそうです。

でも、銀行系のカードローンでは、少し事情が違います。銀行のカードローンと銀行系のカードローンは違うのです。優良消費者金融会社の中には、大手銀行グループの一員になっているものがあり、そういった消費者金融のカードローンは、銀行系のカードローンと呼ばれることがあります。銀行系のカードローンならば、借り替えにくいといったこともありません。

借り換えるのであれば、こういった消費者金融の銀行系カードローンがおすすめです。(こちらもご参考にどうぞ→総量規制が関係ない技能系カードローンってある?)特にこういった消費者金融では、そもそも複数の借入をまとめることが目的の、おまとめローンといったものがありますので、それに申込むのが良いです。おまとめローンでは、改正貸金業法の総量規制も例外となるので、その分、審査には通りやすくなります。

総量規制というのは、年収の3分の1を超える貸付を禁止するものですが、おまとめローンの場合は、借り手に一方的に有利な貸付とみなされて、この総量規制が対象外となるのです。借り手に一方的に有利というのはたしかです。全体の金利が下がり、借り手は、残高を減らしやすくなります。

まとめることで金利が下がるメカニズムは、わりと簡単なものです。カードローンの金利は、利用限度額が大きいほど低くなりますが、これが関係します。複数の金融機関から借入れている場合、比較的低い利用限度額で借入れているのが通例です。低い利用限度額なので、それぞれの金利は高くなります。まとめて借り換える場合は、まとめた金額以上の利用限度額が必要ですから、自然、利用限度額が大きくなり、金利は小さくなります。

ちなみに、カードローンの金利は、5%~18%といったように下限金利と上限金利が示されていますが、乱暴ないいかたをすれば、利用限度額が小さい場合は5%に近い金利で、利用限度額が大きいときは18%に近い金利ということです。一方、審査の通りやすさはというと、いうまでもありませんが、利用限度額が小さければ通りやすく、利用限度額が大きければ通りにくくなります。

【参考ページはこちら】
なるべく審査の甘い銀行系カードローンを教えて!

銀行系カードローンは借り換えにくいという認識は正しいのか

一般的に、借り換えというと、金融機関の融資を受けて複数の借金を返済し、借入先を一本化することを指します。これにより、複数の貸金業者に支払っている利子を減らすことができ、借金の返済はとても楽になります。借り換えは、多重債務を解消するために、とても有効な手段なのです。この借り換えは、消費者金融だけでなく、銀行系カードローンで融資を受けることでも実現できます。ただ、ときおり銀行系カードローンは借り換えにくいという認識を持たれることがあります。

なぜ、こういった認識をもたれるのかというと、銀行系カードローンの審査が消費者金融のキャッシングと比べて厳しいためです。消費者金融のキャッシングと違い、銀行系カードローンは低金利であるために審査基準が厳しく設定されています。具体的には、消費者金融が安定した収入を得ていることを、主な審査基準としているのに対して、銀行系カードローンでは、安定した収入に加えて年収や勤務先の属性、勤続年数といったことまでが、審査の対象となります。こうしたことが、銀行系カードローンは審査が厳しいとされる所以です。

ただ、このことと借り換えのしやすさは、全く別の問題です。むしろ、銀行系カードローンは借り換えに利用しやすい特徴を備えています。たとえば、先述のように審査が厳しい代わりに、銀行系カードローンは低金利で利用できるという特徴を持っています。この金利の低さを利用して借金の借り換えをおこなうと、月々の返済をより楽にすることができるのです。

また、銀行系カードローンは総量規制の対象にならないために、高額な借金の借り換えに利用しやすいという特徴も備えています。総量規制とは、借金の総額を年収の3分の1以下に規制するルールです。消費者金融のキャッシングはこのルールの対象になるので、既に大きな借金を抱えている場合は、借り換えをおこなうのは厳しくなります。

一方で、銀行系カードローンはこのルールの規制を受けません。銀行系カードローンなら、総量規制を気にせずに借り換えに利用することが可能です。こうしたことを総合すると、銀行系カードローンは、借り換えに利用するのにとても便利な金融サービスだといえるのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ