> > > 取引のある銀行で銀行系カードローンを組むメリットとは?

取引のある銀行で銀行系カードローンを組むメリットとは?

生活がいっぱいいっぱいで多額の貯蓄がなく、急な出費用にカードローンを作ろうと考えています。ちなみに今まではカードローンは使った事がありませんが、今現在、住宅ローンを組んでいる銀行があります。

住宅ローンを組んでいる以上、他での審査が通らなくなるのではと心配です。大手の名前をよく聞く所でカードローンの申し込みをしようかとも考えていますが、逆に今住宅ローンを組んでいるところだと勝手がわかって申し込みやすいのではとも思います。ならば、同じ所で新たにお金を借りるのも、別の大手の所で借りるのも同じだからと、住宅ローンを組んでいる所も考えています。取引がある方がカードローンの審査も通りやすいとも聞いた事があります。実際、どうなのでしょうか。

取引がある銀行でのカードローンにはメリットがあります

では、一体どういうメリットがあるのかと言えば。いくつかあります。まずは、審査が通りやすいことが予想されます。それは、すでに住宅ローンを組んでいることで実情がわかっているからです。もちろん住宅ローンを組んでいるという段階で大きな借金があるわけですが、それ以外にないとすれば住宅ローンが大きなマイナス点になることはないでしょう。ただし延滞をしていないということは大事ですが、きちんと返済をしていれば、それは信用に繋がります。

また、住宅ローンを組んでいての場合だと、カードローンの金利が多少下がるサービスをポイントとしている所もあります。これはローンを組む上で少しでも金利が下がれば何よりうれしい事でしょう。金額にもよるでしょうが、金利で考えれば例えば1%でも違いますから。

それ以外でも手数料の部分がかからなかったりする場合もあります。これもまた多少なりとも費用が掛からない事になるので嬉しいことでしょう。カードローンを新たに組むことにより、何かしらポイントがつくシステムがある銀行もあることでしょう。元々持っているキャッシュカードにローン機能を追加する形を取れればカードの枚数が増えることなく利用することもできるでしょう。もちろん、その手続きが必要だったりはします。

また、多くの銀行が行っている事で、手続きは必要だったりしますが。自動融資ができる事が多いです。これは、公共料金やクレジットなどの引き落としが口座からなされる場合に、もし口座の残金が引き落とし額より少なかった場合、自動的に融資をする形で引き落としができるようにしてくれるシステムです。引き落とし分を勝手に融資されるわけですから、一見余計なお世話、借金が出来てしまったと思う人もいるかもしれません。しかし、引き落としができずに延滞などついたら返ってマイナスになってしまいます。カードローンを組んでいる人ならばわかると思いますが、ちょっとした延滞は信用を失いかねません。

もちろん、延滞などの事故情報が信用情報機関に記録として残るのは大体において3ヶ月以上延滞をした場合ですのでよほどの事がなければ記録に残ることはないですし、公共料金に関してはまた別の話にはなるでしょうが、それでもよく携帯そのものの支払いを分割払いにしていてそのまま延滞という事もよくある話です。クレジットでも忘れていてそのまま延滞が長くついてしまったという事もあり得ない話ではないのです。そうやって考えると自動融資はありがたいシステムと言っていいでしょう。

こうやって見るといくつものメリットが出てきます。もちろん、大手の他行、他社での借り入れもありだと思います。自分にとってどこがいいか、調べて決めると後で後悔しないで済むことでしょう。

【参考ページはこちら】
銀行系カードローンの評判ってどんな感じ?

銀行系カードローンは取引がある銀行がベスト

普通に生活をしていてい銀行口座を開設していない人はいないでしょう。給与振り込みやいろいろなローンを利用するために口座開設をしている人は多くいますが、このような人が銀行系カードローンを利用しようと思ったときには、まずは取引がある銀行に申し込みをするのが良いです。

そのメリットの一つが手続きの簡単さです。銀行口座をすでに開設していれば、そのときに本人証明書類を提出しているでしょうから、これが不要になる事もあります。最近では借りる金額が小さければ収入に関する書類の提出が不要な場合が多いですから、書類の提出なしにカードローン口座を開設できる場合もあります。

例えば、ネット銀行の口座を開設している場合には、特に何らかの書類の提出をしなくても、オンライン上で銀行系カードローンの契約を行うことができる場合もあります。手軽に利用したいのなら、取引がある銀行に申し込むメリットは非常に大きいのです。

給与振り込みに使っている銀行であれば、給与がどれくらいあるのかを銀行側が簡単に知ることができます。これによって信用力が高くなる可能性はあります。定期的に給与が振り込まれていれば安定収入があると判断されますから、信用力を高めたい人にとってはメリットは大きいでしょう。信用力が高まれば、借り入れることのできる金額を大きくできることになりますから、有利です。

他にも、金利が低くなることもあります。他のサービスの利用状況などによって、金利が引き下げられることがあるのです。例えば、住宅ローンを組んでいる人なら金利優遇があって、通常の金利から引き下げられることがあります。住宅ローンに限らず、他のローンを利用しているのなら、有利になることがあるのです。

金利が低くなれば、もちろんですが利息の支払金額は小さくなりますから、カードローンとしては有利だと考えられます。できるだけ利息を安くしたいと考える人にとってもメリットは大きいです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ