> > > 銀行系カードローン種類を知りたいです!

銀行系カードローン種類を知りたいです!

カードローンを組むとなると、銀行系カードローンが一番お得だと聞きました。26歳にして、初めてカードローンを調べているんですが。会社の種類ではなく、カードローンには、色々な種類があるって聞いてます。どんなものですか?

使用用途に応じたローンがあるんです!

カードローンと一言で言ってしまうと、フリーローンを思い浮かべる人が多いと思います。お金の使い道について、詳細を問わず、借りることができるものですね。簡単な使用用途は聞かれるものの、具体的な領収書の提出や明細書の提出などが要求されません。フリーローンは別名、多目的ローンとも呼ばれます。新しく転居される時などに借りることが多いものかもしれません。

フリーローンや多目的ローンで全てまかなえばいいじゃないか、と思うかもしれませんが、使用目的がはっきりしていると、金利が安いローンがあります。よく聞くのが、住宅ローンや自動車ローンといったものです。自動車ローンを例にとりますと、一言で自動車購入にかかるお金に関してだけのローンだけでなく、車検や冬タイヤなどにかかる購入費用についてもローンが組めたりと、ローン会社や銀行によって用意しているプランが違ってきます。教育ローンというのも、よく聞くローン名称ですが、こちらもカードローン種類のひとつですね。

住宅ローン、自動車ローン、教育ローン。他に個人事業者向けのビジネスローンというのもあります。無担保融資についてだけ、銀行系の特色をあげると、金利が低く、限度額も多めで、返済期間も長めに設定できます。借りたくなる好条件がそろっていますが、審査が厳しく、答えが返ってくるのに、時間がかかります。これだけの好条件ですので、当然といえば当然かもしれませんが、銀行系のローンというのは、種類にかかわらず、審査が厳しく、審査書類も多く提出することになり、審査結果が返ってくるのに、時間がかかるものです。そう考えて、適切なローンを選ばれたらいかがでしょうか。
(⇒銀行系カードローンは消費者金融とどんなところが違う?

たくさんある銀行系カードローン種類を開設

カードローンは、大きく分けると貸金業者のカードローンと銀行系カードローンに分けられます。貸金業者とは、具体的には消費者金融やクレジットカード会社を指します。このように二つに分ける理由は、法律による規制が異なるからです。

銀行は銀行法という法律によっていろいろな規制がなされていますが、貸金業者は貸金業法という法律によっていろいろな規制がなされています。銀行は設立するのは非常に大変ですが、カードローンに対する規制はあまり厳しくありません。貸付金額に対する規制もありませんから、貸す側としても借りる側としてもメリットは大きいです。

銀行が提供しているカードローンを銀行系カードローンと呼びますが、これにもいくつかの種類があります。銀行系カードローン種類を考えるときには、まず銀行の規模を考えるのが良いです。かつては銀行と言えば都市銀行地銀、第二地銀に分けることが多かったのですが、現在はメガバンクとそれ以外に分けて考えるのが良いです。
(⇒まずは自分に合ったカードローン会社を探すことから

メガバンクとは、全国規模で営業をしている銀行のことで、日本では3つがあります。そのため、3メガバンクと呼ばれることもあります。メガバンクは、それぞれを意識して経営を行っていますから、競争の結果としてだいたい同じようなサービスを提供しています。特徴としては、借入金額が大きく、金利を低くしやすいという傾向がありますから、銀行系カードローン種類の中ではもっとも有利だと考えられます。

メガバンク以外の銀行をさらに分けるとすれば、店舗を持つ銀行とネット銀行の二つになります。ネット銀行はインターネットの普及とともに登場した銀行で、最近ではカードローンにも積極的に参入しています。(こちらもご参考に→楽天銀行のカードローンを利用したい方にオススメ記事)インターネットで様々な手続きを行うことができますから、インターネットの操作に慣れている人なら、ネット銀行を利用した方が便利な場合が多いです。すでにネット銀行に口座を開設している人には適していると言えるでしょう。

【参考ページはこちら】
カードローンを利用する時は審査基準にもしっかり注目!

新着記事
カテゴリー
ページトップへ