> > > スルガ銀行のカードローンで増額された話ってどういうこと?

スルガ銀行のカードローンで増額された話ってどういうこと?

今は住宅ローンを除いて、銀行からお金を借りるということをしていません。しかし、友人でやたらと銀行からお金を借りる人がいます。その人も自身が使っている銀行の話になるので他がどうとかはいいませんが、先日、その友人がスルガ銀行でお金を借りるのに借入極度額というのが増額できたと言っていました。

今はお金を借りずにすんでいますが、今後、もしお金を借りる事が出てくる時に多少なりとも知識があると便利かと思うので、少しずつですが勉強しています。その友人が言っていた借入極度額というのも知っておけたらと思います。スルガ銀行って、カードローンで増額できるんですか?

スルガ銀行ではカードローンで増額できる場合もあります

スルガ銀行のカードローンにはいろいろなコースがあり、元々の借入限度額が他のコースとさほど大きくない金額のものもあります。もちろん限度額の大きいコースもあります。元々の融資の限度額が少ないコースで最初に融資してもらった額が小さければ、のちのち増額を希望する事もあり得るとは思いますが、希望する額によっては限度額を増額するほどでもないように思います。

それよりも、のちのち増額したい事を想定するならば、最初からそれを見越したローンのコースを最初から選べばいいと思います。その友人がどういったカードローンのコースを利用していたのか分かりませんが、増額がそれなりにできたのでしたら、利用しているコースがある程度の金額が借り入れできるコースなのでしょう。それとも、カードローンのコースによっては、最初は限度額をさほど多めに設定できないものもあるので、そういうことも含めて限度額の増額が出来たのかもしれないですね。

ただ、基本的に増額出来る可能性はあると思っていいと思います。もちろん、増額に関してはもう一度審査をしないといけないですし、条件等も当然あるだろうから審査に通ればの話ですが…。

スルガ銀行みたいにいろいろなコースがあるのは嬉しいですが、どれにしようか迷ってしまうのも確かだと思います。結構悩んだりするかもしれません。コースで利用できる支店も違うみたいですし、ATMでやりとりすれば、それはあまり考えなくてもいいのかもしれないですが。

質問者さんは今はカードローンを使っていないとなっていますのでまだすぐにローンカードを作る必要はないとは思いますが、1枚あると便利は便利です。ただカードを作ってずっと使っていないと知らない内に金利やらいろいろな状況が変わっているかもしれないので、注意は必要かもしれません。

【参考ページ】
スルガ銀行カードローンの魅力をもっと知りたい方はこちらへ

審査で増額されたスルガ銀行カードローンの魅力

ゴン中山をCMに起用し話題となっているスルガ銀行は、静岡に本店を構える歴史ある銀行です。以前はかたいイメージがありましたが、カードローンは新しい試みや若者にも魅力的な内容になっていて、スルガ銀行の活気を感じますね。

スルガ銀行のカードローンはリザーブドプランカードとリザーブドプランプラスカードの2種類から選ぶことができ、他の銀行にはないユニークなサービスを提供しています。

まずリザーブドプランカードですが、申し込みが簡単でスピーディなのが魅力です。WEB上から申し込むことができ手続きもWEB上で完了します。そして審査結果がすぐにわかるので、即日融資が可能です。すぐにでもお金が必要な方にはオススメですよ。

金利は7.0%~14.9%、最大融資額は500万円に設定されています。ゆうちょ銀行やコンビニのATMを利用できるのはもちろん、専用アプリを使えばスマートフォンからお金を振り込んでもらうことができたり、Visa機能付きであれば、お店のレジやインターネットショッピングでも利用することができます。

また、主婦やアルバイトの方も利用することができ、万一のときも、残額は保険がカバーしてくれるので家族に迷惑をかけることもありません。
(⇒専業主婦の場合、カードローンを利用することはできるの?

リザーブドプランプラスカードの特徴は、自動車の購入や教育資金、リフォームや歯科治療の特定の目的のために特別金利で使える目的ローンとカードローンが一体になっていることです。金利は融資金額により年利なんと3.6%からとなっています。いざというときさっとキャッシングができ、自動車や教育資金が必要になったら、低金利でローンを組むことができる、まさにカードローンのハイブリッドと言えるでしょう。

なお、利用限度額を増額したい場合は、所定の審査のうえ適当と認められた場合は増額することができます。インターネット上から変更の手続きを行うことができ、増額された金額は利用限度額の欄に記載されます。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ