> > > いまだに銀行系カードローンの審査が通らないので困っている

いまだに銀行系カードローンの審査が通らないので困っている

銀行系カードローンの審査についてですが、ずっと通らないという状況が続いていて困っている。もしかしてブラックリストになっていたりするのでしょうか?

銀行系カードローンの審査はあまり甘くない

実際に銀行系カードローンの審査で複数の通過を経験しているものだけど、やはり、カードローンの中では厳しい部類に入るだろうね。特に、カードローン件数について銀行カードローンについては厳しくなっているようだ。なので、もしすでに借金をされているのであれば、借金くらいは減らしておいたほうがいいかもしれない。そのような情報についても今では銀行側で把握されていたりする。

ちなみに、どうして銀行は借入限度額が高いのに審査で渋ることが多いのかというと、全体で限度額の設定をしているから。借金全体を全体としているのだが、借金が微妙に限度額を超えていると、それだけで銀行系カードローンの審査が通らないようなケースもある。ちなみに、不定のところからお金を借りているような状態を嫌ってもいるので、それらについては返済をしてからがベスト。

例えば、サラリーマン金融とか街金とかが該当する。これらの場所でカードローンなどをしていると、個人情報信用機関などの登録でも「サラ金利用あり」のように曖昧しか登録されないので、銀行では厳しい対応をされることが多かったりする。逆に、カードローンを銀行などでまとめてしまうようなケースでは、銀行系カードローンの審査が通らなかった人であっても通るようになったりする。つまり、ローン返済か借換カードローンをするのが近道ということだ。
(⇒銀行系カードローンって借り換えしにくいの?

【参考ページ】
カードローン審査に通らない人にはこちらの記事がオススメ

銀行系カードローンの審査が通らないときには別の方法を検討しましょう

カードローンに対して、やや警戒心を持っている方も少なくないですが、利用方法をしっかり抑えればとても助かるサービスです。ローンには2種類あり、目的ローンとフリーローンに分けられます。目的ローンとは、自動車ローンや教育ローンなどの資金使途が限定されるローンをいい、フリーローンとは、資金使途が限定されていないもののことを指します。カードローンは、フリーローンの一種に分類されます。

そして、そのカードローンにも、銀行系とその他のカードローンというように種類があります。これらの何が違うのかといいますと、金利と審査です。銀行系カードローンは、審査がやや厳しいのですが、金利が低く設定されています。審査に通るのなら、金利の面から銀行系カードローンを選べるのですが、その審査に通らないと、カードローンを受ける資格がないと判断され、申し込みはできません。このように銀行系カードローンの審査が通らない場合は、他の賃金業者や消費者金融を検討してみましょう。銀行系よりも審査に通りやすく、早いです。
(⇒カードローンの審査基準ってどうなってるの?

では、その銀行系カードローンの審査の基準ですが、おおまかに挙げると以下のようなものです。まず、申込用紙に不備がないかどうかです。そして、過去に延滞や債務といった問題のある取引がないかどうかも審査されます。これは、例えば携帯料金の引き落としが滞ってしまっていたとしても審査を通るのは難しいかもしれません。そして、安定した収入があるかどうか。審査は年々厳しくなっており、フリーターやまだ定職についてない人は、審査基準を満たせず、場合によっては通らないケースが多いです。

また、勤続年数も重要になってきます。勤続年数の短い方や転職を繰り返している方には審査がおりない場合があります。また、3社以上に既に借り入れをしていたり、同じ時期に複数の会社に申し込んでいる場合も、審査に通らない条件になります。このような問題と自分の状況を照らしあわせて、自分に合った金融機関を探しましょう。(こちらもご参考に→自分に合ったカードローン会社を探す方法

新着記事
カテゴリー
ページトップへ