> > > 銀行系カードローン通す方法を教えてください

銀行系カードローン通す方法を教えてください

経済的に困っていてカードローンを借りる方向で考えています。銀行系のカードローンが金利も低くていいなあと思っているのですが審査が厳しいと聞きました。銀行系カードローンに通る方法はありますか。審査の際に注意する点などがあったら教えてください。

基本的には申告された事柄に基づいて審査されます

確かに銀行系カードローンは消費者金融に比べると審査は厳しいです。とはいっても銀行の保証業務は消費者金融が行っていますので両社の差は金利以外はあまりないと思います。以前ですと消費者金融は暴力的な取り立てを行うなど危険と思われて敬遠されてきましたが現在ではとても安全で手軽になったので利用している人も多いと思います。質問者様の場合は銀行系カードローンをご希望なんですよね。審査に通るための注意事項ですか、、、結局、審査には重要なポイントがいくつかあってそこをクリアしないとなかなか借入は難しいと思います。

まず審査で重要なのが年収、勤務先、勤続年数、過去の借入歴やその他の借入です。現在は総量規制という法律がありますので年収は必ずチェックされます。年収が低いから借入できないということはありませんが年収が低いと借入額も少なくなってしまいます。勤務先に関しては在籍確認を行って確認を取ります。在籍確認では申込者がなんらかの理由で不在でも在籍していることが確認されれば在籍確認は完了ということになります。

審査の中で最も重要なのが過去の借入歴とその他の借入です。過去の借入歴というのは返済の遅れや債務整理、自己破産のことです。過去に返済が遅れたり、債務整理を行ったりしていると信用情報に記録されてしまいます。そしてその後ローンの審査などを受ける際に金融機関はその信用情報をチェックしてお金を貸すかどうか判断するのです。過去に借金を返さないという返済事故があるとまた同じことをするかもしれないと思われ審査に大きく影響します。

審査の際に注意することと言えばこの信用情報です。過去にクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりした経験がある人は信用情報を確認した方がいいかもしれません。たとえば返済を口座引き落としにした場合、気づかないうちに残高不足で支払いができず返済が遅れたことになって信用情報に記録されてしまっているかもしれません。審査に否決になった原因が分からない人の多くが自分の知らないところで信用情報に傷がついていたのです。信用情報は開示してもらうことができますので少しでも不安がある場合には確認してみましょう。そして問題があった場合には申し込みを延期するなどの対応をした方がいいかもしれません。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってる?詳しく教えて!

銀行系カードローン通す方法はあるのかどうか

限度額の範囲内であれば、いつでも何度でも、手軽にお金を借りる事ができて便利なのが、カードローンです。カードローンを行っている業者は、大きく分けると、銀行と消費者金融の2つに分かれる事になります。一般的に銀行系はメリットは多いけれど審査が厳しく、消費者金融は制限はあるけれど審査が甘いとされています。

消費者金融は総量規制の対象となる為、年収の1/3以上借入する事ができないのに対し、銀行は総量規制の対象にならない為、年収の1/3を超えての借入も可能となります。更に、銀行は消費者金融よりも金利が低く抑えられている、知名度が高くて安心などのメリットがあります。

現在は、消費者金融であっても一昔前のように、高額な利息や強引な取立てはなく、安心して利用出来るようになっています。ただ、様々な理由で銀行系カードローンにこだわりたいという人もいるでしょう。ですが、銀行の場合、年収や勤め先、勤続年数等、審査の基準が高めに設定されており、収入が少ない人など、審査落ちの可能性が高くなります。

収入など不安な中、銀行系カードローン通す方法というのも存在します。それは銀行の中でも審査が甘い銀行を選ぶ事です。銀行系は審査が厳しいと言われますが、それは銀行系の中のいくつかの銀行の審査が厳しいという事であって、銀行系の中でも審査が甘い銀行も存在します。
(⇒自分に合ったカードローン会社の選び方もご参考に

そして、審査が比較的甘い銀行であっても、銀行系カードローンのメリットは基本的に変わりません。極端に収入が低い場合は、無理せず消費者金融を選ぶ方が良い事もありますが、少し収入に不安があるという程度であれば、審査が甘い銀行を探して審査を受けるというのも良いでしょう。

審査が厳しいか甘いかという事は、カードローンを行っている銀行のサイト上では分からない事が殆どです。カードローンの審査が甘いか厳しいか知りたいと考えたら、口コミサイトなどで実際に審査を受けた人の感想から推測するのがお勧めです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ