> > > 審査が甘い銀行系カードローンってありませんか?

審査が甘い銀行系カードローンってありませんか?

給料が大幅ダウンしてから生活が苦しく嫌になります。思い切ってカードローンを利用したいのですが銀行の方が金利が低いので銀行のカードローンを希望しています。私は派遣社員なのでそこまで年収も高くありません。審査が甘い銀行系のカードローンってありますか?

ネット銀行がいいと思います

カードローンを使い始めたいという人の多くは銀行のカードローンを選びます。やはり銀行は信用もありますし、安全というイメージがあるからだと思います。でも、だからといって消費者金融は危険と考えるのは間違いです。現在では大手消費者金融は銀行のカードローン業務を管理していますので提携関係にあります。ですので消費者金融が危険ということはありません。ただ、質問者様の指摘しているとおり、銀行系のカードローンの方が金利は低いです。一般的に15%前後です。一方で消費者金融は17.8%というのが多いので借入額が100万円以上になるとやはり利息が多くなってしまいますね。その他にも銀行のカードローンは総量規制対象外ですので借入額が制限されないというメリットはありますが、あくまでも年収をもとに借入額を算出しているので年収が低ければ借入金額も低めになるのは仕方ないでしょうね。

しかし、銀行のカードローンは審査が厳しいというネックがあります。いくら条件のいいカードローンでも結局審査に通らなければ借入できないので意味がありませんよね。銀行の中でも審査がゆるいと言われているのがネット銀行です。ネット銀行といわれてもぴんとこない人もいるかもしれませんが住信SBI銀行、じぶん銀行、楽天銀行、セブン銀行などはすべてネット銀行です。ネット銀行は実店舗を持ちませんが提携ATMなどを利用して普通にお金を預金したり、出金したりできます。ただやはりネット銀行はメガバンクに比べて知名度が低いため審査を緩くしてお客を集めたいという戦略があるようです。

中でもおすすめなのは楽天銀行です。楽天銀行と言えば楽天イーグルズや楽天市場が有名です。楽天銀行の金利は14.6%、最大で500万円まで借入できます。さらに200万円まで収入証明が不要です。随時キャンペーンを展開していて、入会時に楽天市場で利用できるポイントの進呈などもあるようです。審査も緩いという評判なのでぜひ一度質問者様も検討してみてください。

【参考ページはこちら】
簡単なはず?楽天銀行カードローンの審査に落ちた理由

審査が甘い銀行系カードローンの選び方とは

銀行系カードローンは借入限度額を大きく設定できたり、あるいは金利を低くできたりするために、借り入れとしては有利です。しかし、審査が厳しいというデメリットがあります。ですから、申し込みをしても審査には通らず、お金を借りることができない場合もあるのです。

しかし、全ての銀行が同じ審査を行っているわけではありません。それぞれが独自に審査を行いますし、保証会社も同じではありませんから、審査の基準は異なっています。銀行系カードローンは審査が少し厳し傾向はありますが、その中でも審査が甘い銀行系カードローンを探す事もできます。

では、具体的にはどのような銀行を選べば審査が甘いのでしょうか。まず、銀行の規模には一定の傾向があります。規模が大きい銀行ほど審査は厳しい傾向がありますから、メガバンクと呼ばれる規模の大きい都市銀行は厳しいと考えておきましょう。規模が小さい銀行として、地方銀行があります。銀行ではありませんが、信用金庫など、銀行以外の預金取扱金融機関も審査が甘い傾向はあります。

最近になって新しタイプの銀行として登場したのがネット銀行です。ネット銀行は、従来型の銀行のように店舗を持たずに、インターネット上でサービスを提供しています。店舗を持たない分だけコストを削減することができますから、利用者としては有利に利用する事ができます。例えば手数料が安いなどのメリットはあります。カードローンについて言えば、審査はメガバンクに比べると甘いです。

このように、銀行系カードローンの審査には一定の傾向がありますが、すでに取引を行っている銀行であれば審査は甘くなる傾向があります。というのも、すでに取引があればこちらの資産状況や収入についてある程度証明することができるために、信用力が高くなるのです。また、すでに取引を行っている銀行であれば、他の金融商品と同時に利用することによって金利優遇などのサービスを受けられることもあります。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ