> > > 利用限度額は銀行系カードローンも消費者金融も変わらない?

利用限度額は銀行系カードローンも消費者金融も変わらない?

ちょっと利用限度額についての質問をしてもいいでしょうか。今は利用限度額、だいたい最大で1000万円くらいのものがあるかと思います。平均すると500万円前後が多いでしょうが、これは銀行系カードローンだけのものなのでしょうか。あまり消費者金融ではこの利用限度額が高いものを見たことがないのですが…。銀行系カードローンも消費者金融も、利用限度額は変わらないのでしょうか。それとも消費者金融は抑えられる理由があるということでしょか。

利用限度額は銀行系カードローンのほうが高い理由はある

利用限度額については銀行系カードローンのほうが高く、あまり消費者金融ではそれほど高いものが見かけられないというのはその通りです。(こちらもご参考に→銀行系カードローンの魅力って何?)これにはちゃんとした理由があります、それが法律の壁です。今言われている送料規制のせいで消費者金融はどうしてもたくさんの貸出をすることができないのです。

フリーローンについては総量規制があるために、貸出をするときにはどうしても消費者金融は年収の3分の1以上の借り入れをすることが出来ないことになっています。一方の銀行系カードローンはそういう制約はありません。これが大きな理由で年収の3分の1つまり年収1000万円の人でも300万円くらいまでしか貸出ができないのです。

だから消費者金融は300万円くらいの利用限度額が多く、それが関係ない銀行系カードローンだと500万円が多いのです。これはフリーローンについてはもう仕方ないのですけれども、不動産担保ローンなどであればまた話は変わってきます。不動産担保があれば、総量規制などの対象外になりますから、消費者金融でも利用限度額は数千万円まで貸出をするところもあります。

あくまで無担保無保証人のフリーローンについては銀行系カードローンのほうが消費者金融よりも利用限度額が高いのです。その理由は総量規制という法律が関係している、ということになります。総量規制の関係がない銀行系カードローンは年収の半分くらいまで貸出をしてくれると言われているので500万円くらいの業者が多いのだと予想されます。

銀行系カードローンの利用限度額を増やすためには

銀行系カードローンの利用限度額を増やすためには、利用開始し続けてから半年ほどの期間が必要です。増額の審査を行うためには、ある程度の期間が必要になるために、利用し続けなければならないのです。そして増額の審査に通ったのならば、利用限度額を増額させることができるのです。

銀行系カードローンでの増額の審査に通るためには、銀行からの信用が大切になります。それには支払い期日をしっかりと守ることが大切になります。支払い期日を破ったり、支払いを怠っている場合には、銀行からの信用が無くなってしまうのです。そうなってしまうと、銀行に増額の申し込みを行ったとしても、信用が無くなってしまうために増額の審査に通らなくなってしまうのです。

このため利用限度額を増額させるためには、支払い期日を守ることです。利用開始時に増額を視野に入れているのならば、無理の無い利用計画を立てるようにしましょう。大切なことは自分の力量以上の金額を利用しないことです。コツコツと支払い期日を守ることで、信用を上げることができるのです。

銀行系カードローンで増額を行うために大切なことは、この信用です。銀行系であるのならば、総量規制の対象とはなりません。そのため銀行が定めている限度額まで上昇させることができるのです。そのため増額をする際に大切になることは、収入ではなく、返済をし続ける能力を利用中に証明することなのです。

増額では収入よりも支払い続ける信用が大切になります。そのため増額を行いたいのならば、利用開始時からしっかりと支払いをし続けなければならないのです。この場合に必要になることは、利用開始時からカードローンを利用することです。審査を通し、融資を開始し始めてから、利用しないでそのままの状態で放置をしてしまったのならば、信用が無くなってしまうからです。借入と返済を行っていないならば、どのくらいの金額に対して支払いの能力があるかを確認することができないからです。

【参考ページはこちら】
カードローン利用者が急増したって聞いたけど、どうして?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ