> > > カードローンしたくが総量規制対象外とはどういう事でしょう

カードローンしたくが総量規制対象外とはどういう事でしょう

カードローンしたくっていうのは総量規制対象外っていうのはどういうことでしょう?カードローンだから総量規制関係あるんじゃないですか?ちょっと年収が少なくて借り入れ金額が低くなってしまいそうなので、総量規制がなければカードローンしたくの利用を検討してみたいんですが。

銀行カードローンは総量規制対象外です

カードローンで総量規制がかかってしまうものもあるのですけれど、それは貸金業が取り扱っているカードローンの事になるのですよ。貸金業というのは信販会社とか消費者金融とかですね。銀行ではないところです。銀行は貸金業ではなく銀行ですから、銀行法という法律があるのですが、総量規制は貸金業法の中で定められている決まりですから銀行には関係ないという事なのです。カードローンしたくは銀行のカードローンなので総量規制対象外ということですね。

カードローンしたくを利用するときに総量規制は関係ないということにはなりますが、年収の多い少ないに関わらずどこまでもお金を借りることが出来るという事ではないのですよ。基本的には年収に見合った借り入れをするという事になるのですから、年収が少ないということでしたら相応の限度額設定になってしまうという事は覚悟された方が良いかと思われるわね。ただ、総量規制が関係ないという事で信用さえ与えることが出来ればどんどン限度額を増額するという事は可能になるの。これは実績を積み重ねていくしかないのだから、きちんと利用、返済をしていくという事が大切ね。

【参考ページはこちら】
スルガ銀行カードローンの金利はどう?

年収を気にせずに利用できる総量規制対象外のカードローンしたく

近年、消費者金融のキャッシングとほぼ同様のカードローンのサービスを銀行でも取り扱いを始めるようになっています。カードローンは、ローン専用のカードを使用してATMやキャッシングディスペンサーからお金を引き出すかたちで融資を受けられるサービスです。カードローンの特徴は、あらかじめ認められている金額の範囲内であれば何度も繰り返してお金を借りられる点にあります。つまり、一度カードローンの利用手続きをしてしまえば、後は必要に応じて認められている金額の範囲内であれば、いつでもお金を借入れることができるのです。
(⇒自分に合ったカードローン会社の探し方を教えて!

カードローンの特徴としてはもうひとつ、消費者金融などのキャッシングよりも低い金利でお金を借入れられるといった利点があります。消費者金融のキャッシングの審査よりもカードローンの審査は厳し目と言われてはいますが、ある程度のまとまった金額を借入れたい場合には、返済時の利息のことを考えるとキャッシングよりもカードローンの方が幾分かお徳だといえるでしょう。

カードローンのサービスを提供しているのは主に銀行となりますが、ゆうちょ銀行でもカードローンしたくの取り扱いを行っています。(こちらもご参考に→銀行系カードローンは消費者金融と何が違う?)ただし、このカードローンしたくについてはゆうちょ銀行が独自にサービスを提供しているのではなく、本来はスルガ銀行が行っているカードローンのサービスをゆうちょ銀行が代理で営業しているという形になっています。

カードローンしたくでは、消費者金融のキャッシングとは違い、総量規制の対象とはなっていません。キャッシングの場合、総量規制の対象となっているため、消費者がお金を借入れられる金額にはどれくらいの年収があるかによって制限が付くことになります。それに対してカードローンしたくの場合、銀行のカードローンであるため総量規制対象外となっています。そのため、キャッシングでは年収の額による制限のせいで必要なだけの金額を借入れない人であっても、カードローンしたくでは審査の結果次第ではキャッシングよりも多額のお金を借入れることも不可能ではないのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ