> > > 銀行系カードローンにも危険性はあるのですか

銀行系カードローンにも危険性はあるのですか

個人事業主ですがこのところ経営が悪化を続けているため、銀行からの融資を受けようと思っているのですが、銀行系カードローンにも危険性はあるのですか?何年か前に消費者金融から融資を受けていましたが、銀行系カードローンとなると全く無知なもので…。危険性があるなら、それを詳細に教えて頂けますか?

銀行系のデメリットは、契約や増額の際の審査です

銀行系カードローンは一般的な消費者金融以上の低金利と、借入限度額が大きなメリットです。また、銀行は総量規制対象外の為、年収の3分の1以上の融資が可能です。多額の融資が必要な個人事業主の方には、うってつけなサービスですね。貸付条件も消費者金融と同じで、多くは無担保且つ保証人無し。

審査も数年前まではとにかく時間の掛かる印象がありましたが、年々スピーディーになってきており、即日審査・即日融資も珍しくありません。そして銀行からの融資には個人、個人事業主向けのプランだけでなく、住宅ローンやカーローン、リフォームローンといった、使途に合わせたプランも存在しています。ただお金を引き出すだけの消費者金融とは異なり、ご自身に最適なプランを選択できるのです。

銀行系カードローンにデメリットがあるとすれば、それは契約や増額の際の審査でしょうか。借入限度額が莫大であるが故に、提出書類で今後の展望を提示する必要があるのですが、情報を閲覧できる一般の会社と、それが不可能な個人事業主とでは、後者の方が圧倒的に不利です。提出書類には今後の展望を分かりやすく説明し、「融資するに足る個人事業主だ」と思わせられるよう、推敲を繰り返しましょう。

【参考ページはこちら】
他のローン審査と比べた時の銀行系カードローンの審査ってどう?

銀行系カードローンの危険性を知っておこう

銀行系カードローンは金利が低くて借り入れ金額を大きくできると言うことから、借りる側としてはメリットは大きいと考えられます。(こちらもご参考に→銀行系カードローンの魅力についてもっと知りたい!)消費者金融が過去に社会的な問題としてクローズアップされたことがありますから、消費者金融は危険で、銀行から借りるのは安全だと考えている人も多いようです。しかし、実は危険性はそれほど変わらないという点に注意しておかなければなりません。

普通に借り入れをして、そして普通に返済をしているのなら何も問題はありません。しかし、返済が遅れてしまうと消費者金融と全く同じになってしまいます。なぜかというと消費者金融が債務保証をしているケースが多いからです。

銀行はカードローンのサービスを提供するときに、独自に全てのサービスを提供しているのではなくて、債務保証会社の保証を受ける事によってサービスを提供している事が多いです。債務保証とは、もしも返済ができなくなったときに、債務者に代わって返済をする会社を指します。ですから、銀行系カードローンで借り入れをしたとしても、返済ができなくなるとその債権は消費者金融に移り、結果として消費者金融へ返済しなければならなくなります。

これだけならまだ良いのですが、銀行の場合には消費者金融などの貸金業者と違って、総量規制の対象とはなりません。これが危険性を高める原因となります。借り入れている金額が大きければ、もちろんですが利息の金額も大きくなり、利払いの負担が大きくなってしまうのです。これが危険なポイントの一つです。

もう一つは遅延金利です。銀行系カードローンは金利が低いという傾向はありますが、これはきちんと返済を続けていた場合に限ります。返済が遅れると遅延金利が適用されます。遅延金利は、通常の金利よりも高く設定されていますから、返済が遅れると高金利になると考えておくべきでしょう。このように、銀行系カードローンにも危険性はあります。ただ、きちんと返済をすることができれば危険性は低いと考えられるのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ