> > > 銀行系カードローンの一度に借りれる額に制限はあるのか知りたい

銀行系カードローンの一度に借りれる額に制限はあるのか知りたい

今度、銀行系カードローンを作ることになりました。資格を取るための通信教育のお金が必要なので希望金額は10万円くらいです。まだ借り入れられるお金がどのくらいになるのかわかりませんが、一度に借りれる額って何か制限あるんでしょうか。知りたいです。お願いします。

銀行によってさまざまですが多くは借入可能な額まで一度に貸付可

銀行系のカードローンは融資可能になる金額自体が大きいことがほとんどなので支払いが足りないなどの日常生活で良くある事態には、対応できることがほとんどです。では、必要なお金が50万円や100万円といったかなり大きな金額だったら、一度に貸し付けてくれるのでしょうか。

お金が必要なときというのは1万や2万の世界だけではありません。中には100万円単位のお金が今すぐに必要になるひとも少なからずいるのが現実です。そんなときに小口でしか借りることが出来ないのでは、咄嗟の出費にも安心という宣伝文句を使っている意味がありません。そして審査はそのひとの返済能力を考慮した結果に借り入れても構わない金額を決定するものです。

借入可能金額は収入や勤務している仕事でそれぞれ違いがあります。借入金額はひとそれぞれなので「○○万円までが一度に借りられる金額」と決めることはできないのです。

制限という意味でなら、借入可能金額より多くの金額を借りることは出来ません。また、そのカードローン自体に決まられている融資限度額以上の金額を借りることも勿論できません。

例えば、カードローンの融資金額が300万円である場合で借入可能金額が50万円だと設定されているとしたら、確実な返済実績を重ねることで借入金額を増やすことは可能なことですが、それが300万円になったときには増額はできないということになるので注意が必要です。

カードローンの手軽さで今では誰もがキャッシングを出来るようになりましたが、お金を借りれば、その後には返済が待っています。いくら借りることができるのか、それを一度に借りることができるのかということもお金に困っているときには重要なことかもしれませんが、いくら借りることができるかよりも、帰せていくことができる金額に重きを置くように心掛けるようにしましょう。借りる側も貸す側にとっても大切なのは、いくら借りることができるかではなく確実に返すことができるかという点なのです。

【参考ページはこちら】
銀行系カードローンにも危険性はあるの?

銀行系カードローンの一度に借りれる額とは

カードローンは非常に便利です。お金が急に必要になっても慌てることはありません。無人契約機で早ければ30分でカードを発行、即日融資を受けられるのです。ただ、それには条件をクリアする必要がありますが、定職があってブラックリストにのっていなければ通常は特に問題がなく作れるのです。

いわゆる消費者金融は上記のようにカードを作る必要がありますが、口座を持っている銀行でカードローンを組む方が比較的簡単です。残高がマイナスになったり支払いが滞ったりしない限り、いつものキャッシュカードを逆に入れるだけで簡単に借りられるのです。あたかも自分の預貯金をおろすように借りられるので、気軽に使ってしまいそうになりますが、あくまで借金ということを忘れないでください。借りていることを忘れて支払いが滞ったり、延滞が続くとブラックに載せられて、カードを作れなくなる可能性があります。お金は計画的に借りることです。

銀行系のカードローンは口座を持っていなければ即日発行が基本的にできないというデメリットがありますが、バックが銀行という信頼性、それに一般のカードローン会社よりも一度に借りられる額が大きいというメリットがあります。一般のカードローン会社では年収の3分の1までと決められていますが、銀行系はそれを超えてもよしとなっています。ただ、年収の数倍ものお金を借りることは、住宅ローンなどを除いてはまずあり得ません。それでは銀行系カードローンの一度に借りれる額はどれくらいなのでしょうか。

借りる側の立場や社会的地位、過去の実績など様々な要因が絡み合って判断されているのでいくらまでと断言はできませんが、銀行系カードローンの一度に借りれる額は一般的に300万円となっているようです。

中でもオリックス銀行カードローンは上限800万円、しかも金利が3%からと非常に低い数字となっています。また、三菱東京UFJ銀行カードローンやイオン銀行カードローンなどは上限500万円となっています。
(⇒三菱東京UFJ銀行カードローンで借り入れしたい方にオススメ

新着記事
カテゴリー
ページトップへ