> > > 消費者金融と銀行系カードローンのそれぞれの良さを教えて欲しい

消費者金融と銀行系カードローンのそれぞれの良さを教えて欲しい

毎月の生活費がいつもギリギリで大変です。アルバイトをして生活しているのですが、出費が多い月が続いていて正直やっていけません。カードローンを申し込みたいのですが銀行と消費者金融、どちらを選ぼうか迷います。それぞれの良さって何ですか?

銀行は金利の低さ消費者金融は審査完了の早さが特徴のカードローン

カードローンの手軽さは店頭や窓口、インターネットの宣伝やテレビのCMなどでも知られているとおりで審査の完了までの時間がランチをしている間に済んでしまうというスピーディーさであったり、コンビニのATMでも借入と返済が出来るという面であったりで、以前よりも持ちやすいカードというイメージになりました。

そんなイメージのカードローンですが、案外その特徴やいろいろあるカードローンの違いなどをはっきりと把握してないひとも多いと思います。明確にさせておけばいざというときにどんなローンカードを選んだら良いのか分かるようになります。

カードローンには大きく分けて二種類あります。銀行系カードローンか消費者金融系カードローンのふたつです。銀行系カードローンは、その名の通り銀行や信用金庫などの金融機関で扱っている融資事業でカードでお金を借りることの出来るシステムのひとつです。銀行で扱っているカードローンなので融資金額が大きいことが特徴となっています。また金利の低さも返済計画を立てるうえで選ばれる要素です。

一方の消費者金融系カードローンは、こちらもその名前の通り貸金業者などがやっている消費者金融が扱っているキャッシングシステムです。お金を借りることが出来るということ自体は銀行と変わりはありませんね。借入可能額は大手の有名会社か小規模の会社かで多少のばらつきがありますが多くの場合は比較的に小口の借入額が設定されています。金利は高めですが、キャッシングが可能になるまでの早さには定評があります。また審査が通りやすいことも消費者金融系カードローンの特徴です。

それぞれの良さは、銀行系カードローンなら金利が低いこと、消費者金融系なら審査が早く完了し借入がすぐに出来ることです。また、それぞれの良さは一方のデメリットでもあります。銀行系カードローンは審査完了が遅いという面があり、消費者金融系カードローンには金利が高めであるという面があるのです。しかし、自分の状況に合った使い方をすれば例えデメリットがあってもそれぞれの良さを生かすことが出来ます。

急ぎの用事ではないのなら審査の時間が掛かるという銀行系カードローンでも問題なく利用でき、金利の低さを生かして返済計画を立てるという借り方が出来ます。

今すぐ欲しいという場合は消費者金融系カードローンを選ぶことになります。その場合の金利の高さは一括返済や一括完済などの返済方法を選ぶことで総額を抑えることが出来ます。一定期間は金利が発生しないというプランを用意している会社もあるので、そういうところを利用するということもひとつの方法です。

銀行系と消費者金融系、どちらのカードローンでも借りたら返すという決まりがあります。返済計画がきちんと立てることが出来るのか、確実に返すことが出来る金額かどうか、きちんと判断することがカードローンを使うときの重要点だということを忘れないようにしてください。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社ってどうやって探す?

銀行系カードローンと消費者金融のカードローンの違い

銀行系カードローンと消費者金融のカードローンの違いは、金利の安さと融資限度額にあります。これらは銀行系である場合には、低金利であり、さらに融資限度額が高い傾向にあるのです。そのため利用する場合には、銀行系カードローンの利用をすることがおすすめなのです。

銀行系カードローンの審査は、消費者金融よりも審査が緩いと言われています。実際にはそのようなことはありません。それぞれの銀行には独自の審査の基準があり、審査が通る場合にはしっかりとその基準を満たしている必要があるのです。なので、消費者金融で審査が通った場合でも、銀行の場合には審査が通らない、ということたくさんあります。

しかし、銀行系の方が審査が通りやすい、という場合の方が多いのです。その理由としては、低金利であるために、借入を行いやすい、という理由があります。カードローンを利用するためには、支払いをしっかりと行うことができるか能力を判定しなければなりません。そしてその支払い能力は、融資を行う金額によって変わってくるのです。

しかもこの融資の限度額は、金利によって大きく左右されてしまうことになるのです。これは金利が高ければ高いほど、それほど多くの支払い能力が必要になり、審査においては厳しくなってしまうのです。消費者金融の審査が、銀行系よりも厳しいと言われるゆえんは、金利が高いために審査の基準も高くなってしまうからです。そのため金利が高いほど、より多くの金額を支払わなければならないために、審査が厳しくなってしまうのです。

銀行では消費者金融よりも低金利に設定されています。そのおかげでそれほど高い支払い能力を必要とすることは無いので、審査は比較的緩くなることになります。

銀行系カードローンが優れているのは、このように金利が低いことと、金利が低いことにより審査が通りやすいというところです。そのため比較的利用しやすいカードローンは銀行系なのです。(こちらもご参考に→銀行系カードローンの魅力を教えて!

新着記事
カテゴリー
ページトップへ