> > > スルガという銀行で扱っているカードローンの年利はいくら?

スルガという銀行で扱っているカードローンの年利はいくら?

お金を借りたいのでいろいろなカードローンの年利を調べています。やっぱり銀行のカードローンが良くてスルガという銀行のカードローンが気になっています。スルガのカードローンの年利はいくらなんですか?

リザーブドプランの金利は最高が約15%で銀行ならではの数字

スルガ銀行のカードローンといえば、有名な元サッカー選手がCMを勤めていることで、その存在を知っているというひとも多いと思います。スルガ銀行のキャッシングの種類はたくさんあるので、目的や必要金額、返済状況を考えての金利設定などで選ぶことができます。

新築を建てる予定や増築予定がある場合には住宅ローンが、子供の学費を工面したい場合には教育ローンなどがありますが、それ以外にも家庭の中でお金が掛かってしまうのは食費や光熱費などですよね。節約したりして何とかやりくりしているという主婦も多いはずですが、ついはめをはずして買い物をしてしまったり外食の多い食生活をしていれば、あっという間にお金は無くなってしまいます。スルガ銀行のカードローンは、そんな状況下で使うことができるカードローンなのです。
(⇒スルガ銀行のカードローンの魅力って何?

スルガ銀行のカードローンは申し込みのとき銀行の窓口に出向く必要がありません。インターネットなどで申し込みが完了するので、そのとき書類を用意することもないので手軽に申し込めます。最高融資額が500万円という金額なのもいざというとき頼りになります。

しかし、借り入れる側にとって重要なのは融資金額はもちろんですが、その借り入れたことができたお金をどうやって返していくかであると言えます。そのときに重要になってくるのが金利(年利)です。金利が高ければ返済総額は大きいものになり、金利が低ければ逆に総額は小さくて済みます。スルガ銀行のカードローンの金利は7,0%から14,9%。消費者金融などより断然低い金利です。これらのカードローンを含めた銀行系カードローンが選ばれているのは、このような金利の低さにあると言えましょう。(こちらもご参考にどうぞ→銀行系カードローン審査に通る方法を教えて!

またスルガ銀行のカードローンなら月々の返済金額も3000円から返していくことができるので家計を圧迫せずに暮らしていけます。専業主婦の借入もできるという点もうれしいところであるでしょう。

スルガ銀行のカードローンは低金利でキャッシングできるので返済計画も立てやすいプランです。しかし返済が遅れたりすれば遅延金が発生してしまうので、こつこつと確実に返せる計画を立てましょう。

スルガ銀行の銀行員専用カードローンの年利について

スルガ銀行は、静岡県沼津市通横町23番地に本店を構える地方銀行です。静岡県・神奈川県を主な営業エリアとしますが、五大都市圏にも実店舗を開設し、幅広い営業活動を行っています。

当行の由来は、1887年(明治20年)に遡り、現在の静岡県沼津市青野(当時は静岡県駿東郡青野村)に貯蓄組合「共同社」として設立されたのが始まりです。その後1895年(明治28年)10月19日に前身である根方銀行が設立し、名称変更を経て現在のスルガ銀行となりました。発足当初は、日本最小の銀行として設立(資本金1万円)しましたが、地元経済の発展と、地域の皆様のニーズに応える金融商品の提供を心がけ、個性的な営業戦略が功を奏し、多くのお客様にご利用いただく金融機関になりました。

スルガ銀行の提供しているカードローンは、他行に比べてラインナップが豊富なことが特徴です。中でも目を引く商品が、銀行員専用の「リザーブドプラン/バンカーズライン」です。この商品は、銀行にお勤めの方がお勤め先のカードローンでは利用しにくい..そんな気持ちにお応えして開発されたプランです。さすが個性的な金融商品を作りだすスルガ銀行ならではのカードローンです。

また、こちらの商品の特徴は、ネット利用で来店せずに契約が出来ること、当行普通預金口座が無くても利用できること、visa機能を付加することが出来ること、ご利用明細をご自宅に送付しない選択が出来ること等ですが、加えてご利用者に万が一のことがあっても団体信用生命保険加入(保険料は銀行負担)で残高返済が出来ることもメリットの大きな特徴だと言えるでしょう。

「リザーブドプラン/バンカーズライン」のご利用極度額は、10万円~500万円です。資金使途を問いませんので、ご希望の用途にご利用いただくことが出来ます。利息は固定金利で年利7.0%~12.0%、 ご利用実績等に応じて左記の範囲内で適用利率を見直すことがありますが、現時点では他行同等商品に比較して上限金利が低い店が魅力的だと思います。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社ってどうやって見つければいいの?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ