> > > ホントに厳しいの?JCBカードローンの審査に攻略法はある?

ホントに厳しいの?JCBカードローンの審査に攻略法はある?

JCBのクレジットカードを申し込もうと思っています。便利なカードローンも利用できると聞いたからです。ただ、審査が厳しいと聞きました。なにかいい方法はありますか? 確実に審査に通る攻略法とかないでしょうか?

安定した収入があることを証明するため就職したらカードを作る

JCBなどクレジットカードはどのような審査をしているかはよくわかりません。公表はしていません。たとえばJCBの一般カードの申し込み条件は、18歳以上であること。本人または配偶者に安定して継続的な収入があること。高校生を除く18歳以上で学生の人も対象となります。

この中でも、安定して継続的な収入が審査で問題になることは、他のカードローン、消費者金融などと同様です。安定性、継続性、さらに見込める収入を、みなさんが申し込んだ時点で判断します。

攻略法としてはまずこの収入部分があります。この点でもっとも素直な方法として、社会人になって就職したときがチャンスです。給与の振込先の口座をつくるとき、多くの場合は会社が取引している銀行で口座を開設するでしょう。その銀行ではクレジットカードも扱っている可能性が高く、そこにJCBを選ぶことができるのなら、そうした関係の中で申し込んでいくのが素直です。

なにしろ、会社にいることはわかりきっているのですし、給与振り込みもわかっている。会社の状況も取引先の銀行だからわかっているのですから、審査ではとてもストレートに評価されます。いわば「知らない相手ではない」ということ。

また、当初は年収も低いのでカードローンとしてのキャッシング枠は少ないかもしれません。ですが、これも利用していけば徐々に枠は大きくすることもできます。年収が上がれば当然、利用限度枠も拡大できると考えてください。

クレジットカードのカードローンとしての利用は、全体の利用額(ショッピング、キャッシング)の利用限度額の中での割り振りになっていきます。カードローンだけの判断ではありません。このため、極端なケースではキャッシング枠はゼロ、というカードもあり得るわけです。キャッシングの信用は判断せず、ショッピングでの1回払い、2回払い、ボーナス払い、リボ払いなどだけということです。

これはちょっと極端ですが、こうなるとATMから手軽に現金を受け取れるキャッシング機能が利用できず、せっかくのクレジットカードとして宝の持ち腐れになってしまいます。社会人として給与を得ているのなら、当然、キャッシング枠のついたクレジットカードでなければ不便でしょうがありません。

海外旅行時にとても便利な海外キャッシングは、カードローンとは違いますが、クレジットカードならではの機能です。これがあるだけで、海外旅行がかなり安心できます。

キャッシング枠はこのように取得後に増やすこともできるので、最初はハードルの低い条件でクレジットカードを作ることを第一に考えましょう。そのためには、安定した仕事についている間に、クレジットカードを作ることです。手っ取り早く言えば、安定性のある企業に就職することが、攻略法と言えます。

【参考ページ】
JCBカードローンの口コミに関する情報はこちら

JCBのカードローンの審査は果たして本当に厳しいのか

JCBは日本国内だけでも多くのシェア率を実現しているカード会社です。主にクレジットカードの発行による収益をメインに運営されています。そんな大手のカード会社のカードローンの印象としては、大手だから審査が厳しいというものや審査に融通が効かないというものです。
(⇒一番審査の甘いカードローン会社ってどこ?

果たして本当にJCBのカードローンの利用審査は厳しいのかというと、時と場合によります。(こちらもご参考にどうぞ→カードローンと審査基準についてもっと知りたい方はこちらもオススメ)まず、JCBのクレジットカードを今までに作った事があるかどうかが問題となってきます。一度JCBを利用しているということは、JCBにとっては大事な顧客ということになります。そんな顧客が自社のカードローンを利用したいと言っているのに、審査で落とすわけにはいきません。

しかし、今までに滞納や自己破産などをしている場合にはその対応は変わってきます。自社のカード関係において不渡りが起きているという時点で、自社にとっては損失となっているので損失を起こした顧客をこれ以上優遇する理由は見つかりません。

そういった理由からカードローンの審査を特別甘くするという見込みは無くなります。大切なのは今までにそういった信用に関わる事をしていないという事になります。これは決まった日に支払うという当たり前の事さえしていれば大丈夫であるので、それほど難しい事ではありません。

一度失った信用は中々取り戻せません。これは人間関係の話ではなく、お金の数字の話になるので同情の余地等は無いので、しっかりと信用を得られるように振舞う事が大切です。

こういった顧客であったかどうかという事を置いておいて、カードローンを利用しやすいかというと答えは消費者金融よりも厳しいというものです。大手であればあるほどに、利用者と会社との間に信頼関係が必要になってくるので、大手から安心して借りて、出来るだけ低い金利で済むようにしたい場合にはそれなりの職歴や年収が必要になります。出来るだけお金を借りなくてもいいようにすることが大切です。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ