> > > 年収240万で銀行系カードローンを作るのは問題ありませんか?

年収240万で銀行系カードローンを作るのは問題ありませんか?

銀行系カードローンと年収について。今、働いていて年収は240万ほどです。しかし、独り暮らしということもあり、また養う家族もいないので貯金などをせずに使いたいだけ使って来てしまいました。それがいけなかったのか先日、結構な病気を経験し、少々お金が必要です。カードローンを申し込みたいのですが私のような年収でも大丈夫でしょうか。

総量規制対象外の銀行系カードローンなら年収が少なくても可能

自分に生活を支えなければならないという家族がまだいなかったりすると、その生活はとても自由なものです。マンションやアパートで独り暮らしをしているのならが、毎月の収入の中から家賃と光熱費などの最低限の生活費を確保すれば、あとは外食やストレス発散のための娯楽、もしくは趣味などにお金が消えていく、なんてひとも中にはいるでしょう。もちろん、そうしながらも貯金が出来るぞというひともいる一方で、毎月の貯蓄のためのお金はゼロというひともいます。

毎日の生活がそれで無事に回れていて、問題なく過ごせているうちは良いと思います。しかし、一生、何事もなくトラブルもなく無事に人生を送っていけるという保証はどこにもありません。自身の健康に気を付けていても病気になってしまうことはありますし、予期せぬ事故に遭ってしまうことだってあります。

そんなときの治療費や入院費は、高額なものになってしまうことは普通にあることです。保険などで工面できれば良いですが、保険適用外になってしまったらその高額な治療費は自身や家族が工面しなければならないのです。

そんなピンチを救ってくれるのはカードローンです。カードローンには銀行系と消費者金融系がありますが、一番安心な返済計画を立てられるのが低金利の銀行系カードローンです。

大手都市銀行や地方信用金庫の融資業務としての商品である銀行系カードローンは消費者金融のキャッシングとは違い、前年度の収入の3分の1以上の借り入れは出来ないという「総量規制」という決まりの対象ではありません。もちろん銀行法の範囲内の貸付という形にはなりますが、例え少ない年収でも消費者金融よりは借入額の問題で審査を弾かれてしまうという可能性は少なくなると言えます。
(⇒銀行系カードローンの魅力ってどんなところ?

自身の年収でカードローンが作れるのか不安なときはお目当てのカードローンを扱っている銀行の窓口に一度、相談してみるのが良いでしょう。カードローンが作れるのか心配なあまり、いろいろなカードローンに申し込みをしてしまうひとがいますが、その行動は審査に少なからず影響を与えますので、やらないようにしましょう。

【参考ページはこちら】
カードローンで年収の3倍以上借り入れできる?

年収240万でも借りれる銀行系カードローン

お祝い事が重なったり、大切な食事会や飲み会など、普段生活していると、予定外の出費はつきものです。もしくは、ご自分のキャリアアップや資格取得などでまとまったお金が必要なのにお金がないから諦めるしかない、と言った経験をお持ちの方も多いでしょう。お金のせいで何かを諦めたり、失ったりしてしまうのは勿体ありません。でもカードローンはなんだか不安、という方は多いと思います。カードローンと言うと、金利が高かったり、面倒な申し込みが気になってしまうでしょうし、ある程度の収入がある人しか利用できない、と諦める方もいるでしょう。

そんな方におすすめしたいのが銀行系カードローンです。銀行系カードローンは、銀行ならではの低金利で利用しやすいですし、何より銀行からの借り入れですので安心感があります。しかも最近は、ネット申し込みや電話申し込みもできるので、来店も不要というカードローンも数多くありますので、日中お仕事をしている方でも、ご自分の都合のいい時間に申込みできるのです。

しかも、使用用途は事業性のないものであれば自由ですし、パートやアルバイトでも申し込めるものが多いのが特徴です。もちろん、毎月返済する能力がある人に限りますので、安定した収入のある方に限ります。ですが、安定した収入があれば、年収の少ない人でも利用できるのが銀行系カードローンの魅力でしょう。年収240万円くらいでも、安定した収入が見込める方であれば申し込めるカードローンはたくさんあります。(こちらもご参考にどうぞ→カードローンの審査基準は年収なの?

また、返済も、利用金額によりますが、3000円くらいからの返済が可能な場合もありますからかなり余裕をもって利用することができるでしょう。借り入れはATMでいつでも必要な分だけできますから、わざわざ銀行まで行く必要はありません。ただし、ご注意いただきたいのはカードローンは借金であるという事です。
ご自分の返済能力をしっかり考慮したうえで、上手に利用していきましょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ