> > > 銀行系カードローンで返済額が払えない場合、どうなりますか?

銀行系カードローンで返済額が払えない場合、どうなりますか?

大学を出てすぐに就職した企業がいわゆるブラックな会社で、3年頑張ってみたものの、「このままじゃ死んでしまう」と思って自己退職しました。すぐに転職先を探し始めたのですが、なかなかいいところが見つからず、失業保険の給付まであと2ヶ月、貯金で生活をすることになりそうなんです。銀行系カードローンを1社から借りているのですが、最低返済額が払えない場合はどうしたらいいでしょうか?生活を切り詰めて、なんとか払うつもりではいますが、もし払えなくなったときにどうなるのかを予め知っておきたいので、ご回答よろしくお願いします。

まずは電話で相談を!本格的に返せないなら保証会社の出番かも…

一般論というか原則論で話をすると、お勤め先の情報に変化があったときはカードローンの提供会社に変更の届け出をすることが、規約上の義務になっています。なので、原則で言えば、退職したことを伝えなければいけません。それによって仮に限度額が0になったとしても、契約解消・即時全額返済とはなりませんから、安心していいですよ。再就職によって、限度額を再度つけてもらうことも不可能ではないんです。

一番やってはいけないのが「放置」です。期限内の返済に向けて資金調達のことばかり考えてしまいがちになりますが、銀行のサポートデスクへ相談するのも手段の一つなんです。最低返済額は払えないが、利息だけ入金で何とかならないかという相談や、遅くてもいつまでには返済できるかをお詫びの気持ちと共に伝えることで誠意を汲み取ってもらえることもあります。放置していると銀行の債権ではなくなり、保証会社との取引きへ移行してしまうことにもなりかねません。そうなるとカードローンの規約での返済ではなく、保証会社から即時全額弁済(立て替えた分をすぐに払え)という督促になってしまう可能性もでてきます。

失業給付まで2ヶ月とのことですが、もしハローワークが斡旋する「職業訓練」を受講することができれば、失業給付をすぐに受けられるようになります。そういった国・地方自治体の制度もありますから、まずは就職活動や失業手当の給付を早める方法を模索しながら、返済にどうしても支障が出るとわかったときには真摯な態度で相談をすることをお勧めします。念のために繰り返しますが、将来の為にも「放置だけは絶対にしてはいけませんよ!」

【参考ページはこちら】
銀行系カードローンの魅力が知りたい方にオススメ記事

銀行系カードローンを払えない状態になるとメリットはなくなります

カードローンの中では銀行系カードローンが人気を集めています。その理由はいくつかあって、まず銀行だから安心感があるということが一つです。そのほかにも、全体的には金利が低いことも理由として挙げられますし、他にもいろいろなメリットがあるのですが、払えない状態になってしまうと、これらのメリットは全て失われると考えておいたほうが良いです。それどころかデメリットにも変わり得ます。

銀行系カードローンは銀行が貸し付けを行うサービスです。銀行が独自にいろいろなサービスを提供していると考える人もいるようですが、実はそうではありません。信販会社や消費者金融が債務保証を行うことによって運営されていると言うことは知っておきましょう。債務保証とは、銀行が貸し付けを行って、そして貸し付けた資金を回収できなくなったときに、代わりに返済をすることを指します。

ですから、実質的には貸付を行う事によるリスクは債務保証会社が負っているのです。言い換えれば、信販会社や消費者金融が、銀行を窓口として貸し付けを行っていると考えられます。毎月きちんと支払っているのなら全く問題はないのですが、返済が遅れると債務保証会社に債権が譲渡されます。つまり、債務保証会社から借金をしていることになるのです。

このような仕組みになっていますから、払えない状態になれば銀行から借り入れをしているメリットは何もなくなると考えておくべきでしょう。メリットがなくなるだけではなくて、デメリットにもなります。

信販会社や消費者金融から借りるときには総量規制が課せられて、年収の3分の1までしか借りることはできません。しかし、銀行には総量規制は課せられませんから、年収とは関係なくたくさん借りることができる場合もあります。たくさん借りれば利息の支払金額も大きくなってしまいますから、銀行系カードローンで借りて払えない状態になると、他の金融機関から借りて払えないようになったときよりも大変なのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ