> > > 銀行系カードローンの審査甘いとは本当なの?

銀行系カードローンの審査甘いとは本当なの?

日雇いフリーターで働いている37歳の男性です。先月は仕事の依頼が少なかったので今月の家賃の支払いに支障が出そうなんです。だからどこかでお金を借りる必要があるのです…。そこでフリーター仲間から銀行系カードローンの審査は甘いと聞いたので、銀行系カードローンに申し込もうと思います。が、銀行系カードローンの審査甘いとは本当の話なのでしょうか?

銀行系カードローンは甘いとは言い切れない

そうですねえ~…、銀行系カードローンの審査は甘いとは本当の話なのか?についての答えですよね…。まず一般論から先に言えば、銀行カードローンの審査が一番厳しめで、次に銀行系カードローンの審査が緩めで、一番審査が甘めとなるのは専業消費者金融や街金融の審査となりますね。

しかしながら、審査が厳しいとか甘いとかは、カードローンの審査を体験した個々人の相対的な感想や意見でしかないのです。なぜなら、どの金融機関も審査基準について明確な基準を公表していないし、審査が厳しいか甘いかの確たる基準も存在していないからなのです。

また、銀行カードローン審査も銀行系カードローン審査も、また専業消費者金融のカードローン審査においても、審査対象となる項目には大差がないのです。たとえば具体的に言えば、満20歳以上の成人であるとの年齢制限、継続した一定の安定収入の有無、過去に金融事故を起こして金融ブラックかどうか、加えて現在の借り入れ状況といった点は、どの金融機関でもまず重視する審査項目となっているのです。

その上で、年収・勤め先・職業・居住形態等の個人属性に関する審査を融資の可否において、どの程度加味するのかに審査の違いが出てくると考えてよいのです。以上のように、カードローン審査での審査項目に関しては、どの金融機関も大差なく同じと言ってよいのです。

その一方で、審査が厳しめ、甘めの違いは、それら審査項目に対して、どれくらい柔軟な姿勢で対応してくれるによって分かれると考えられます。たとえば、銀行カードローンの審査では、収入の安定度が高い正社員や公務員が有利と見做される一方で収入がやや不安定なアルバイトやパートといった働き方では不利になる場合があります。(こちらもご参考にどうぞ→カードローンを利用しやすい職業について教えて!

が、銀行系カードローンの審査では、一定の安定収入があると見做されれば、正社員であろうがパートであろうが、日雇いアルバイトであろうが自営業者であろうが、働き方それ自体は審査に影響しないのです。

加えて、銀行カードローンでは審査に通らなかった借り入れ件数であっても銀行系カードローンの審査なら通してくれるといった場合も少なくないのです。実際に口コミ情報をみると、「銀行カードローン審査では落とされたが銀行系カードローンの審査には通った」といった体験談は少なくないのです。
(⇒カードローン審査に落ちる基準のようなものはある?

銀行系カードローンの審査は、銀行カードローンの審査に比べて甘めで、審査に対して柔軟な姿勢で対応してくれると言ってよいかもしれません。以上のように、金融機関の審査に対する評価は、利用した方の各人の相対的な評価、あるいか感想に過ぎないのです。

そのことから「銀行系カードローンの審査が甘いとは本当の話か?」との質問に答えると、人によってYESであり、また人によってはNOであると言うことになるのです。ただし、銀行系カードローンの審査は厳しいかと問われれば、NOと言えるでしょうね。なぜなら、銀行系カードローンの審査では特別な申し込み制限や審査基準のハードルを高くしているといったことはないからなのです。

【参考ページはこちら】
カードローン審査に落ちたら他社でもダメってホント?

甘いと言われる銀行系カードローンの申込方法と高い限度額とは両立しません

最近の銀行系カードローンは信販会社に負けない利便性の高さをウリにしているケースが多いです。(こちらもご参考に→銀行系カードローンの魅力を教えて!)これは実際に利用を開始してからの話だけではなく、申込の段階でも結構敷居が低くなっています。特に通常は申込をする銀行の預金口座を必要とするのに対し、最近ではコンビニなどのATMから毎月の返済もできるようにしているケースがあります。わざわざ普通預金口座を作る必要もなく、一般的に信販会社より有利な銀行系カードローンを使えるので人気が上昇しています。

このように申込方法などが甘いと言われる銀行系カードローンで、甘い申込方法を取ることと、このカードローンで期待されている高い融資限度額とは両立しません。甘い申込方法を採用することで間口こそ広く思われがちですが、実際にはそのような申込をする顧客は歓迎していないのが銀行側の本音です。銀行側の本音を理解しないと間近った申込方法を取ってしまい、せっかくのメリットを受けられなくなってしまいます。
(⇒一般的に甘いとされている銀行系カードローンの審査

銀行の審査で一番重視されるのは貸金の回収です。コンビニATMからしか回収が期待できないということは、契約者の返済能力がわからないことを意味しています。もちろん審査の段階で貸付可能額の検討をしたうえで契約するのですが、契約後の日時が経つにつれて状況は変わります。しっかりとした返済能力が継続していることをアピールすることが銀行で高額の融資限度額を獲得するコツなのです。

もっとも、アピール方法は難しくありません。その銀行に口座を開設して給与振込口座にしてしまえばいいのです。こうすると毎月定期的にある程度の資金が入金されますから貸金の回収は確実です。コンビニATMからの返済をする顧客とどちらが信用できるかは明白でしょう。

銀行は、一見間口を広げているように見せつつも、根本的な融資姿勢は変えていません。顧客を集めるために積極的な広告手段を取っていますか、信用できない顧客は不利な扱いを受けるのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ