> > > 銀行系カードローンでは借入情報をどのように調べるのですか?

銀行系カードローンでは借入情報をどのように調べるのですか?

20代のOLです。実はこの間、某銀行系カードローンに申し込んで審査を受けたときに、他の銀行系カードローンで借りていた過去の履歴について聞かれて、ちょっとビックリしたんですよお~…。

だって「どうして過去に借りていたことが分かったんだろうか…??」って思ったからなんです。銀行系カードローンでは、どのようにして個人の借入情報を知ることができるのでしょうか?教えて下さい!!

信用情報機関に与信をかけて借入情報を入手

銀行系カードローンに限らず、ノンバンク系カードローンでも信販系カードローンでも、審査で必ず借手の借入情報を調べるのです。審査で借入情報をきちんと調べることは、とても重要なのです。(こちらもご参考にどうぞ→カードローンの審査基準ってどうなってる?

理由としては、過去に返済の遅延や滞納を繰り返したことがあるのか、自己破産や任意整理等の債務整理をしたことがあるのかどうか、といった事実を調べることは借手の信用度を計る上で欠かせない点となるからなのです。

また、現在の借入状況も調べます。複数社からの借入があるのか?現在の借金はどれくらいなのか?といった点をきちんと知ることも審査の可否に大きくかかわってくるからです。そして、銀行系カードローンでは、そのような借入情報について個人信用情報機関に与信をかけて情報を入手することで知るのです。

現在、個人信用情報機関は4つほどあるみたいで、各銀行系カードローンはその4つのどれかの個人信用情報機関に与信をかけて借手の借入情報を入手して審査するのです。また、最近では、これら個人信用情報機関の間で、互いに持っている情報を共有することがあるようなのです。

そのことから過去の借入履歴や現在の借入状況等は、銀行系カードローンの審査担当者にはすべて筒抜けになってしまうと考えてもよいのです。ゆえに、過去の借入・返済について、また現在の借入状況に関して嘘をついたり、嘘の申告をしても必ず銀行系カードローンの審査担当者にはバレてしまうと言ってよいのです。

そして、そのような嘘がバレてしまうと審査に落とされますよ。他方で、過去の借入・返済履歴や現在の借入状況になにも後ろめたさが無ければ、銀行系カードローンの審査担当者に自分の借入情報を知られてもなにも臆する事も心配する必要もありません。むしろ、そのような借入情報はあなたの信用度の高さの証となるので、「どんどん調べてください!」ぐらいの気概で審査に望んで下さいね!

銀行系カードローン借入情報の比較について

銀行系カードローン借入情報としては三菱東京UFJ銀行のバンクイックが人気になっています。人気の理由としては銀行系カードローンの中でも金利が安い事です。金利も幅があって、貸し付けの金額によって金利が変わる事が多いです。貸し付け限度額近くまでいかないと中々最低金利で借りる事は少ないです。

生活などで使う程度の金額であれば最大の金利に注目してあげる方が良いです。三菱東京UFJ銀行のバンクイックは4.6パーセント~14.6パーセントと最大の金利も安くなってますし、最高借り入れ額が500万円までと幅があるのでちょっとした大きな買い物でも可能になってきますし、計画的に利用する事が出来ると生活に余裕を持つ事ができます。
(⇒三菱東京UFJ銀行カードローンは審査ゆるい?

またホームページからも申し込みが可能になっていて、即日可能になっている点も人気の理由になっています。また返済に関してもいくつか返済方法を選ぶ事が出来て、提携ATMや自動引き落とし、自動支払いなども選べる点も嬉しいサービスになっています。

また人気が高い銀行系のカードローンではオリックス銀行もあります。こちらはパートやアルバイトの人にも人気になっているカードローンになっていて銀行口座が不要なので、面倒な手続きが要らない点や300万円なら所得証明が不要な点も人気の理由になっています。また金利も3.0パーセント~17.8パーセントと低水準になっていて金利が安い点も好評です。

また借りやすいという事も大切な基準になってきますが、返済しやすいという事も大切な基準になってきます。月7000円からのリボルビング方式を取っているので生活を圧迫する事がなく返済していく事が可能です。コンビニATMとも提携しているので、返済しやすさは全国どこでもコンビニがある地域であれば同じになってきます。またモビットも人気になっていて、返済シュミレーションが分かりやすく使いやすいので返済計画が立てやすい点も好評です。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ