> > > 借り換えに使える銀行系カードローンの特徴は何?

借り換えに使える銀行系カードローンの特徴は何?

借り換えに使える銀行系カードローンを探しています。今使っているカードローンが限度額20万の金利18%で、限度額は同じくらいでもそれより低金利になる事を切望しています。

金利に関しては、銀行系は大抵が高くても15%程度の金利のおかげで難なく借り換えに必要な条件はクリアできると思います。ただ、銀行によっては借り換え専用と銘打っている融資方法があったりしますので、銀行カードローンでありながら借り換えにも使えるという一枚が欲しいです。借り換え専用とかだとカードローンですらない事も多いので、カードローンの使い勝手を備えた融資で借り換えたいのです。

借り換えに使える銀行カードローンというのは、どんな特徴がありますか?カードを作ったけど借り換えには使えなかったなんて後から発覚すれば、笑い話にもなりません。どうか借り換えにも使えるカードローンについて教えて下さい。

大抵は制限されていませんが一応用途の確認をしましょう

銀行カードローンで通常のカードとなると、大抵事業以外の用途であれば自由となっています。自由という事はなんでも使っても良いという事ですので、そこには『今借りている残高分を借りて完済する』というのも大抵は含まれています。つまりは、借り換えに使ってはいけないとはなっていないのです。

銀行系カードローンを作ってみると分かりますが、借り換えに使ってはいけないと注釈されてでもいない限りはどんなものでも使えると思って良いでしょう。借り換え専用の融資もあってカードローンも用意しているという場合、おそらく借り換え専用ローンの方が金利などがお得に設定されているだけであって、そうした条件の違いを気にしないならカードローンを使っても問題無いでしょう。基本的に借り換え専用があるならそちらを使う方が、私達にとっては大抵メリットも多いですが。

一つ注意したい事と言えば、稀に銀行のカードローンでも借り換えには使ってはいけない…みたいに用途が指定されている場合です。こうなると当然ながら借り換え目的で作って融資を受けるというのはルール的にNGとなっており、いくら使う度に用途を報告するわけでは無いにしても、バレてしまえば利用停止もあり得ますし、金融事故として登録されると厄介です。(こちらもご参考に→ブラックでもOKなカードローン会社ってある?)融資を使う以上はルールを遵守する方が良いですね。

借り換えではまず専用の融資を使い、それが完済できてから銀行カードローンに申し込むというのも手です。この場合は完済実績も身についてより良い条件のカードも作りやすいのでオススメです。

【参考ページはこちら】
銀行系カードローンって他に審査機関があるの?

銀行系カードローンで人気の借り換えについて

銀行系カードローンで人気の借り換えについては、大口で金利が安い傾向にあるのでおまとめローンが人気になっています。銀行系カードローンは審査に少し時間がかかったり、書類が必要になったりする点はありますが、比較的金利が安い傾向にあります。また初めてカードローンを利用する際に少し不安がある人などは親会社が銀行になっていると安心感があります。
(⇒自分に合ったカードローン会社ってどうやって探せば良い?

また最近では銀行系カードローンでも金額などによっては審査などが早くしてくれる会社があったり、一定額までであれば収入証明が不要の会社などもあって人気になっています。(こちらもご参考に→カードローンを利用する前に審査基準をチェック!)また口座開設が不要であったり、インターネットから審査や申し込みをする事が可能になっていて、実際に来店する事無く借りる事が出来る会社もあります。カードローンでお金を借りているということを知人に知られたくないという人は少なくありません。来店不要でインターネットやスマートフォンなどから借り入れする事が可能で、また返済する事が出来る点はとても大きなメリットになっています。

また最近では提携のコンビニATMも増えてきている所が多いので、24時間365日手数料が無料で返済する事が出来るサービスも人気になっています。コンビニであれば返済していることも分かりにくいですし、買い物のついでに返済する事が出来る点も人気になっています。また女性向けのレディースローンも専用のコールセンターなどで女性が対応してくれるなど、初めての人でも安心して相談して借りる事が出来るようなサービスを行なっている会社もあります。

また家族などに知られたナイトいう人も少なくないので、通常WEB明細などにして返済が問題なければ郵送物が送られてくる事は少ないですし、銀行系カードローンであれば家族の人にわかりにくい様に銀行の名前で送るなどわかりにくい工夫をしてくれていますが、全く郵送物を送らないとしている会社もあるので、気になる人には安心感が高く人気です。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ