> > > 銀行系カードローンの利用方法は消費者金融と違うの?

銀行系カードローンの利用方法は消費者金融と違うの?

消費者金融のカードローンを一回だけ使った事があります。最初に作った時には金利が高いという事を知らず、お金を借りてから気付いてしまう次第でした。なので、一回だけ使って解約して、今から銀行系のカードローンを作ろうと思っています。

それで聞いておきたいのですが、銀行系カードローンの利用方法というのは、消費者金融と違ったりしますか?カードローンという規格なら劇的な差は無いと思っていますが、やっぱり銀行と消費者金融ではルールが違う以上、相当違ったりする部分があるのでしょうか?消費者金融と同じなら使う時にも悩む事は無いのですが…。

当たり前ですが、私としては同じの方が好都合です。違う場合は仕方ありませんが、それなら違いについて教えてもらえると助かります。

お金を引いたりするならほぼ同じ操作感ですね

銀行と消費者金融、って分かれているくらいですから、違わないっていうのもおかしな話だよね?ただ、今回キミが聞いているのが単なる特徴なのか、それともお金を借りる時の操作の話なのかで答えは変わってくるかな。多分操作についての違いが一番気になっていそうな質問の仕方だから、それを想定して答えていくよ。

ATMにまつわる操作についてだけど、これに関してはカードローンである以上は同じだろうね。例えば一部の金融業者の専用ATMでできる特別なサービスなら多少複雑になったりするかもしれないけど、コンビニATMみたいに同じ規格の筐体にて利用出来るのなら、特に問題は無いだろう。基本は画面の案内に従うだけだから、消費者金融も銀行も関係無いだろう。表示画面が違ったりしても、結果は一緒だろうしね。

しかし操作以外の話となると、結構違っている部分が多いね。例えば金利なら銀行の方が安いし、無人店舗の多さは消費者金融が勝っている。そうした特徴的な違いを活かした使い道の違いという意味ではもちろん異なっているから、あくまでも同じというのは操作面の話だ。元々ATMなんてどこも違いはあまり無いだろうから、当然の答えかもしれないけどね。

ATM以外から利用する場合…特にネットなどからの操作だと出来る事の違いもあるから、操作面でも結構な違いを感じるかもしれない。ATMからの利用では大差無いけど、他は多少なりとも違いがあるというのは覚えておこう。それ以外でカードローンの違いと言えば条件くらいしか無いから、今回は金利の安いという理由だけで銀行を選んでもそこまで戸惑う事は無いだろう。

【参考ページはこちら】
銀行系カードローンにはどんな魅力があるの?

銀行系カードローン利用方法を知っておこう

銀行には様々な便利なサービスが提供されていますが、特にカードローンは利便性の高い融資方法として人気です。そして、銀行系カードローンの利用を検討されている方はその利用方法を知っておきましょう。まず、銀行系でも、銀行系の消費者金融である場合と、銀行が提供しているサービスかはよく区別しておきましょう。利用の方法や申し込み方法については、同じように行うことができますが、銀行の場合は総量規制対象外であること、銀行系の消費者金融の場合は総量規制の対象となっていますので、よく理解しておきましょう。

銀行系カードローン利用方法は申し込み方法としては、銀行も銀行系消費者金融もどちらも同じように行われており、まず申し込みに担保や必要ありません。本人を確認する書類が必要ですので、運転免許証や健康保険証やパスポートなど身分を証明できる書類は用意しておきましょう。年齢は満20歳以上の方が対象ですが、上限は業者により違いがありますので、よく確認しておきましょう。

申し込みは来店で窓口で行うこともできますし、そのほかにも自動契約機での利用や来店なしで手続きしたい場合はインターネット、電話、郵送などで手続きが行えます。申し込み用紙への記入や、申し込みフォームへ入力したら、その後はその書類を提出することとなり、審査が開始されます。

仮審査の結果は30分程度で知ることができ、来店なしの場合はメールや電話で教えてもらうことができます。その後本審査が行われ来店の場合はその場で融資を受けることができますし、自動契約機の場合はカードを入手することができます。さらに電話やインターネットで申し込んだ場合も指定の口座に振り込んでもらうことができますので、その日からも利用が可能となります。カードが発行されると提携の銀行やコンビニATMからも利用でき、限度額の範囲内で何度も借り入れが行えます。返済方法についても来店以外にも自動引き落とし、ATMからの返済、ネット決済など様々な方法が用意されています。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ