> > > 銀行系カードローンで尚且つ在籍確認なしの所を教えて下さい

銀行系カードローンで尚且つ在籍確認なしの所を教えて下さい

銀行系カードローンで尚且つ、在籍確認無しの所を教えてくれませんか?要求が多くてすみません。

まず銀行系を希望する事から分かるように、低金利のカードローンが欲しいのです。そもそも金利も気にならないような生活水準ならカードローンなんか使わないと思いますし、これは誰でも同じかもしれません。あと、消費者金融よりかはまだ銀行の方が何だか安心できるイメージがある…というものです。

それで在籍や本人確認の電話についてですが、実はルームシェアで暮らしていますので、同居人などに連絡がいったりしないようにしたいからなのです。同居人は悪い人ではありませんが、まあこんな事を知られて弱みとか握られたりするのも嫌なので…気にしすぎかもしれませんが、以上の事についてどうか教えて下さい。

窓口申し込みなら確認無しのところが多いですね

ルームシェアって事は親族では無く他人という事で、融資を使うという事を知られてもそこまで身内に伝わったりとかしないから心配無さそうですが…まあ逆に考えれば、他人だからこそ嫌という気持ちは分からないわけでも無いですね。尚且つ銀行のみが良いというのなら、ある程度数も限られてくるでしょうね。

消費者金融だった場合、実は銀行よりも在籍確認無しに出来るところが多かったりします。それだけ銀行が審査に関しては慎重かつ厳しいという感じでして、今回お教えする方法というのも、当てはまらないところがあります。それを踏まえて、申込み前はしっかりと相談をしてみて下さい。

銀行でも窓口からきちんと申し込めるところの場合、電話確認を無しにしてもらえるように相談しやすいと言われています。窓口申し込みでも身分証明などは必要になりますし、何より窓口に直接来ているという事もあって、その場で本人確認が出来ているようなものですしね。後は職場への電話ですが、こちらは不都合が無いなら受けるべきですが、こちらも社員証などしっかりと仕事について証明できるものがあれば、何とかなる事があります。事前準備を怠っていないと楽になるのは確かでしょうね。

とにかく窓口での申し込みというのが重要な感じですが、あくまでも『こうすれば電話を無くせる銀行がある』というくらいに思って下さい。電話での確認はそれだけ金融機関にとっては重要な方法でもありますので、無くせない場合は融資である事がバレないかどうかを事前に相談してみて下さいね。

【参考ページはこちら】
在籍確認がない審査のゆるい銀行カードローンはある?

借り入れ審査で勤務先への在籍確認なしの銀行系カードローンも存在する

日常生活では思いがけない出費に見舞われることがしょっちゅうあります。そのたびになんとか自分の貯金を切り崩したり、親や友人に泣きついたりしながらなんとか用立てしていると、だんだんと無理がたたってしんどくなってきてしまうもの。その点、銀行系の金融会社が提供するカードローンをうまく活用すると、この状態からうまく立ち直ることができるはずです。

このカードローンとはネットや電話や無人契約機などを使って手軽に申し込んで、それから金融会社による審査を受けた後、この融資が適用されるという結論に達すると、申請者に一枚の個人カードが付与されます。これは全国にある提携ATMで使用することで、その現金出し入れ口から簡単に融資金を受け取ることができるというものです。つまり、このカードさえ持っておけば、以降はお金に困ればすぐにATMを訪れることでスピーディーに借り入れができるようになるのです。

ただし、カードローンには審査の過程で幾つかの乗り越えなければならない壁もあります。(こちらもご参考にどうぞ→カードローンの審査基準ってどうなってるの?)たとえば審査の最終段階にて行われる在籍確認はその最たるものと言えるでしょう。申請時に記入した勤務先に本当に所属しているのかどうか、その真偽を確かめるためのこの確認作業に関しては、申請者の中にも抵抗感を示す人が少なくありません。というのも、金融会社の審査担当者が直接勤務先に電話して申請者の在籍の有無を確認するからです。もしかすると電話に出た同僚に借金のことがバレるかもしれないと不安に思うのは当然のこと。金融会社側としてはこの時の電話では会社名を名乗ることも、ましてやカードローン名を口にすることも決してありませんが、それでも嫌な人にとっては相変わらず嫌なようです。

そんな人のために、銀行系カードローンの中には在籍確認なしを売りにしたものも存在します。ただし、その代わりとして会社に所属しているということを文書にて証明する書類を何種類か提示しなければならなかったりと、他の手続きが必要になってしまう可能性もあります。なにはともあれ、在籍確認なしを望む場合にはまずはどこの会社がそれを叶えてくれるのかネット上の情報や口コミをチェックした上で、まずは電話相談などで尋ねてみることが望ましいでしょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ