> > > 銀行系カードローンの限度額は年収が関係無いってホント?

銀行系カードローンの限度額は年収が関係無いってホント?

銀行系カードローンの場合、限度額には年収が関わらないってホントですか?私の年収は200万いくかいかないかのアルバイトなので、生活がギリギリというのもありますが、何より融資を受けようにも年収のせいで借りにくい&借りられてもちょっとしか借りられないだろうから心細いという問題があります。たくさん借りれなくて困るというのは無駄使いしたいというわけでは無くて、たくさん借りられないと金利が高くなってしまって今の私では返済が難しい…という問題があるからなのです。

だからどこで借りようかと悩んでいたら、銀行系カードローンなら年収で限度額が決まらずにたくさん借りられると聞きました。それは本当でしょうか?年収が関係無い融資が銀行から受けられるのか、その仕組みとか教えて下さい。

制限は無いですが年収によって金額は増減します

年収が関わらない融資というのは、制限を抜きにすればまずあり得ないと言っても良いだろう。単純に考えて、年収が100万と仮定したら、制限が無いからと200万とか300万貸す銀行が存在するだろうか?答えはもちろんNOで、そうした年収以上の融資をするなら大抵は担保がある車や住宅のローンくらいだろう。カードローンは無担保なので、貸し倒れのリスクが高いからね。
(⇒カードローンの借り入れ限度額には年収も関係してる?

銀行カードローンの場合限度額が年収に関わらないというのは、おそらく総量規制の対象外という事だろう。総量規制というのは消費者金融や信販会社からの融資に関わるもので、年収の三分の一までしか融資をしてはいけないという決まり事だ。だから、年収が少ない人の場合は当然消費者金融から借りられる金額もそれに併せて縮小してしまうから、使いにくいと思われるのだろう。

しかしその制限が無い銀行というのは、理屈で言えばいくらでも借りられるという事にはなる。しかしそれに関しては審査があるし、その審査では最初に書いたように年収も返済能力を測る基準として厳重にチェックされている事となる。そうなると、年収が少ない人は銀行か消費者金融かに関わらず、借りられる額が縮小していく事にはなるだろうね。

ただ、銀行の方は少ししか借りられない場合でも利息は消費者金融よりは低いし、何より小さめの融資ならアルバイトの人でも審査に通りやすいからね。だから少額融資だとしても銀行を頼る事で負担はいくらか軽減できるというのを忘れずに居て欲しいね。ちょっとの数値の差でも返済総額には十分影響しているのだから。

銀行系カードローンの融資限度額は年収により決まる

銀行系カードローンの融資限度額は、年収により決まります。これは利用開始時の審査により、年収を確認させることにより、そして融資開始時に融資限度額を報告されることになるのです。そのためあまりにも高い金額を要求することはできず、収入に見合った金額までを借りられるようになるのです。

銀行系カードローンは総量規制により、年収の三分の一を超える金額を融資することはできません。そのため、どれだけ多くの金額を借入たいと思っている場合でも、三分の一を超える金額を借りることはできないので注意をする必要があるのです。

しかし、この総量規制については例外があります。それは借り換えなどにより複数の企業から借りているカードローンを銀行系カードローンに一本化することにより、三分の一を超える場合においてです。カードローンの借り換えを行う場合には、たくさんの企業から借りている場合には、それぞれの企業では収入の三分の一を超えることはありませんが、合計すると三分の一を超えてしまう場合があります。このような場合には、通常であるのならば、総量規制により借り換えることはできなくなってしまうのです。

しかし銀行系カードローンにより、利用者に一方的に有利になる条件であるのならば、三分の一を超えた金額である場合でも、借り換えを行うことができるのです。それはカードローンをまとめることで、金利が安くなる場合です。このような場合であるのならば、一本化することで、ばらばらだった返済期日を一つにまとめ、さらに一つのカードローンの合計金額が高くなることにより、金利を安くさせることができるために、利用者に一方的に有利な条件にすることができるのです。

このように利用者がとても有利になるために、銀行系のカードローンに借り換える場合には、年収の三分の一を超える額であっても、借り換えを行うことができるのです。これは低金利である銀行系カードローンならではなのです。

【参考ページはこちら】
借り換えに使える銀行系カードローンの特徴は?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ