> > > 銀行系のカードローンには他より年齢制限に規制がありますか

銀行系のカードローンには他より年齢制限に規制がありますか

銀行系のカードローンは他のカードローンよりも年齢制限などの規制がありますか。

銀行系カードローンが特に年齢制限に厳しい訳ではありません

銀行系のカードローンが特別に年齢制限に厳しいと言う事はありませんよ。ほとんどの銀行系カードローンや消費者金融の年齢勢銀は20才~69才までと言う所が多いようです。銀行のカードローンや銀行傘下のカードローンは20才~65才までとしている所が多いので、銀行系カードローンの方が幅は広いのかもわかりませんね。年齢制限はいずれも60才を超えても申込み可能にはなっていますが、実際に審査に通りやすい年齢と言うとやはり30代から40代の働き盛りとなるようです。
(⇒カードローン利用者の年齢と収入の関係とは

現代では60才と言えばまだまだ現役でバリバリ働いている人が多いのですが、どうしても定年前の年齢と言うイメージがあります。安定な収入を今後何年も続けて得る事が出来るのかと言う不安も確かにあります。そういうリスクを抱えたくないのはどのカードローン会社も同じです。そうなるとやはり年齢制限はあくまでも制限であって、制限以内でもなかなか審査に通りにくいと言う年齢があるのも事実です。

例えば年金受給者でも申込み出来るという銀行カードローンが何社かあります。そのカードローンは年金受給の年齢でも申込み可能と言う事なので、制限ぎりぎりの年齢であっても審査に通る可能性が大きくなります。年齢的に不安があるのならそういうカードローンに申込むようにされると良いでしょう。もちろん制限ぎりぎりの年齢でも勤務先や勤続年数、役職などで充分な信用を得られる場合は審査を恐れずに申し込んでみて下さい。

【参考ページはこちら】
カードローンを利用しやすい職業って決まってる?

銀行系カードローン年齢制限の上限と下限について

銀行系カードローン年齢制限の下限については、どこの銀行であっても20歳以上となっています。世の中には成人を迎える前にすでに社会へ出て立派に働いている人も多いですが、そのような人であっても銀行系カードローンを利用することはできません。これは消費者金融のキャッシングにも当てはまることですが、親の同意のない金銭の賃借契約に関しては一方的に親が無効にできることになっているため、原則として未成年者のカードローンの申し込みについては受け付けていないのが現状です、ただし、未成年者でも申し込めるローンとして学生ローンがありますが、このローンを利用する場合には親の同意を得ておく必要があります。

また、銀行系カードローンの年齢制限には上限もあり、その年齢については各銀行ごとに多少の幅がありますが、一般的には69歳以下を年齢制限の上限としている銀行が大半を占めています。(こちらもご参考にどうぞ→年齢に関係なく利用できるカードローン会社はある?

高齢者の場合、すでに仕事を引退している人がほとんどであるため、カードローンの返済は貯蓄を切り崩すか、支給される年金を充てることになります。カードローンでのお金の借入に際して求められるのは確実に返済ができる能力となりますが、そのために必要なのが安定した収入です。

現役として仕事をしているのであれば安定した収入があるという条件をクリアすることができますが、仕事を引退している人の場合、その条件をクリアすることができません。そのような人に融資をした場合、貸したお金が戻ってこない恐れがあります。そのため、安定した収入のない高齢者の場合、カードローンの審査に通過することが非常に困難となってしまうのです。

ただし、銀行によっては支給される年金を安定した収入と判断してくれるところもあります。その場合でも前述したように69歳以下という年齢制限をこえた高齢者が審査に通過することはほとんどありません。高齢者の場合、返済途中で病気などをしたり、死亡してしまうことで返済が完了しないリスクが高いからです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ